ドーナツ マシン
a0088116_5232278.jpg

リーガンが「自分の誕生日プレゼントに」と買ってきた物。
それは、ミニドーナツ マシーン。

材料を入れると、勝手にドーナツを作ってくれるスグレモノなんだとか。


確か似たような機械を、この夏ファーマーズマーケットで見たぞ。
小さいドーナツがどんどん出来て、それを袋に入れて売っていた。
ドーナツが自動で出来ていく行程を見るのが面白かったし、揚げたて熱々がとても美味しかった。





だけどこれって、普通の家庭にいる物!?


そんな私の疑問はともかく、真剣に説明書を読んで材料を揃えるリーガン。
ちなみに小麦粉、砂糖、ベーキングソーダー、バターミルクなどが必要だそうだ。

a0088116_5305643.jpg


父と息子でクッキングタイム!
材料を量って混ぜて、機械に投入。



すると機械が、生地を絞ってドーナツの形をちゃんと作る。

a0088116_5341775.jpg


機械の中の油の上を、ドーナツがベルトコンベヤーに乗ってゆっくり移動。

a0088116_5395770.jpg


そして、受け皿にぽいっと落とされる。

a0088116_5411739.jpg


美味しいドーナツの出来上がり!

a0088116_5415911.jpg


見ていると楽しい。
でも難点が一つ。

それは、時間がかかり過ぎる事。



この小さな1つのドーナツが出来るまで、1分以上要する。
ドーナツがゆーっくりと油の中を動くのを、みんなでじーーっと見詰めて待つ。

そして、ぽとっと落ちると、誰がそれを食べるかの競争。
食べてなくなるのは、一瞬。



我慢比べ?
じれったいって。





ま、みんな楽しそうだから、いいけどね。
パーティーとかには、使えるかな?
一日中、電源を付けとかなければダメかな。



ちなみにその日の外は、超低温。
木がこんなに凍っている日だった。

a0088116_5552947.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2008-11-11 05:55 | 日常のヒトコマ


<< 暗闇の中に リーガンの誕生日 >>