ルネッサンスフェアでコロッケ売り 準備編
a0088116_9324155.jpg

話は前後するが、6月に行われたルネッサンスフェアの事。





2003年から、ほぼ毎年家族で行ってるルネッサンスフェア。
(2007年その1 その2 2009年 その1 その2 2012年 その1 その2 その3 2014年その1)


今年は遊びに行くだけではなく、なんと会場で食べ物を売るという裏方的な事まで体験する事になった。

a0088116_9325636.jpg

と言うのも、リーガン。

「いつかルネッサンスフェアでコロッケを売りたい。それが夢だ。」
いつもそんな事を言っていた。




なぜコロッケ?
分からないけど、コロッケ程美味しくて材料も安く、みんなが好きな食べ物はないという理由らしい。

コロッケの屋台をすれば、絶対売れる。間違いない。



自分はコロッケを作ったこともないくせにそう言うから、「そうだね。」と軽く受け流していたのだが…。






どうやらそれをボーイスカウトのミーティングでも話したらしい。

リーガンは、またいつもの大袈裟な表現で、いかに私の作るコロッケが美味しいか、絶対あれは祭りで売れると力説したそう。



ノリのいい保護者メンバー。じゃあボーイスカウトのファンドレイジングにみんなでコロッケ売ろうと、私が知らないところで話がまとまっていたのだ。

a0088116_9325399.jpg

決定してから聞いた私。
えーー?マジでやるんですか?






いや、ちょっと待って。
困る困る。

ボーイスカウトのメンバーって日本人はうちだけだから、コロッケのレシピ知ってるの、私だけだよね?

それって、私の責任重大じゃん。
どっからどうすればいいんだ?





ああ。すごいプレッシャー。
本当に出来るの?








そんな時に、強力な助っ人が現れた。
a0088116_9325932.jpg

ホームステイをしていたハルくん。
祭りで食べ物を売る事、経験済み。

「まかせて下さい。」
と、頼もしい言葉。







分かった。任せた。
本当に助かる。




取り敢えず、リーガンが2日間分の1200個のコロッケを用意しろと言うから(そんな簡単に言うな!)、ハルくんと一緒に材料の仕入れに行った。



コロッケ1200個って!
どんだけジャガイモ買えばいいんだ?難し過ぎるわ。




ハルくんのお陰もあり、何とか計算して仕入れ終了。
そして金曜日の夜にボーイスカウトのメンバーが集まり、教会でコロッケ作成。
a0088116_9324714.jpg

ハルくんはアラスカに来る資金を稼ぐ為、うどん屋さんで来る日も来る日もバイトしてたそう。

だから何をどうしたら大量の食品を作れるか、どうすれば早く調理出来るか、よく分かってる。

仕事が早い早い。いい人に来てもらったわー。


a0088116_9331497.jpg

彼をリーダーにして役割り分担を決め、みんなで協力する。


私とハルくん以外は、みんなコロッケ作るの初めて。
最初はびっくりしていたが、そのうち流れ作業でどんどんコロッケが作成されてきた。



この大量のジャガイモと格闘。
a0088116_9324945.jpg

その日は夜の6時から11時まで、みんなヘトヘトになりながら働いた。


a0088116_9331183.jpg

平行して、会場のお店作り。

ルネッサンスフェアだから、昔風のなるべく自然な物でお店を作らないといけない。



DIY得意なお父さん達がテントを立て、飾り付けをしていった。
a0088116_933253.jpg

後ろから見たらこんな感じ。

サイドは、うちの山から木を切って、紐でくくりつけた。
a0088116_933549.jpg


コディアックのキャノンボールビーチで拾ってきた丸い石を、ドラゴンの玉子と称してデコレーションする。

うちの鶏の緑の玉子も一緒に飾る。




メニューは、絵が得意なメンバーの中学生のお姉さんが描いてくれた。素敵。

a0088116_93387.jpg

そして出来たお店!
なかなかの仕上がり。




初めて出店するのに、すごく自然な出来でまるで本当に昔あったみたいな作りだと、周りからも褒められた。




みんなの着ている衣装は、洋裁の得意なお母さん作成。

得意な分野でみんなが協力。素晴らしい。
a0088116_9331743.jpg

準備完了。

中世ボーイスカウトのコロッケ店。
開店しまーす。

[PR]
by shs_merumo | 2015-07-10 08:06 | イベント行事


<< ルネッサンスフェアでコロッケ売... キーナイ川で鮭釣り >>