手作りハロウィン衣装
a0088116_5464442.jpg


今年のハロウィンでアラシがなりたいのは、「古代ギリシャの重装歩兵」らしい。





重装歩兵っていったい何よ?








Greek hopliteと何度言われても分からん。
そんな私にアラシとリーガンが見せてきた画像はこれ。








a0088116_5465818.jpg

(http://www.howarddavidjohnson.com/300.より引用)





これ?
怖くないですか。


って言うか、こんなのどうやって作るんだよ!










「材料費もかかるし、似たような衣装を買っちゃえば?」
と友達に言われたけど、リーガンに言わせれば安っぽいものはダメならしい。

お金はかかっても、重厚感ある衣装がいるんだとか。






普段は安い服ばかり着ているくせに、こういう時だけはお金をかけたがる。コスプレ家族か。(まぁ、そうだけど。)






今年の私には、衣装作りのものすごい味方がいる。

ブンたさんとshinoさん。
器用で何でも上手に作れる人達。週に1度クラフトの会があり、ビーズやカードやフェルト小物などを教えてもらっている。


彼女達に相談して、衣装作りを手伝ってもらえる事になった。ラッキー。






先ずは材料を揃える。
また安っぽいとか言われたくないので、リーガンに手芸店で使う布を買ってきてもらった。

私は似たような衣装の型紙を探してきた。


a0088116_5553517.jpg




この型紙の下の、向かって右から2番目の衣装がそれっぽい。

これなら一式の型紙がついている!




下に着る赤いチュニックを作ってみる。
型紙に合わせて赤い布をちょきちょき切り、ダーっとミシンで縫う。


a0088116_5553791.jpg


まぁ、これで良し。





そしてヘルメットは、リーガンがネットでオーダー。
インドから送られてきたそれは、70ドルしたらしい。


a0088116_5471191.jpg


デカイし重いんですけど。


大人用だし。




でもアラシはすっごく喜んで、中にシーツとか入れて被っている。






問題は鎧だ。
shinoさんのアドバイスにより、最初は鎧の下の、ヒラヒラ部分から取り掛かる。
赤と白の皮風の布を短冊型に切り、強力ノリで貼り付けていく。




a0088116_5553881.jpg



それを長く切った布に縫い付けていき(縫った人はブンたさん)、ヒラヒラ製作終了。




鎧の型紙に合わせて、白い布を切る。


クラフトショップで買った黄色のフォームをカマボコ型に切り、金色のスプレーでペイント。
それを切った布に縫い付けていく。(縫った人、shinoさん)



a0088116_547146.jpg




ヒラヒラと布を縫い合わせ、肩の部分も取り付ける。
後ろにマジックテープをつけて、飾りの紐を穴を開けて付ける。



a0088116_5554068.jpg






以前に作ったマントにもマジックテープを付けて、出来上がり。




じゃーん!!

超大作。


a0088116_7342172.jpg


週末に友達の家であったハロウィンパーティーに、自慢気に着ていった。
手作りで、こんなにすごい衣装を着てきた子は1人だと驚かれた。

ブンたさんshinoさんありがとう。



ハロウィン本番も、もちろんこれ着て出掛けます。
[PR]
by shs_merumo | 2011-10-29 18:16 | イベント行事


<< トリック オア トリート ハロウィンの準備 >>