アラスカクレープの作り方
a0088116_15424768.jpg

先週末のムサシの宿題は「物を作って、それを文章にする事」だった。
作る物は、ピーナツバター&ジェリーサンドイッチよりも難しい物なら何でもいいらしい。




ムサシが作りたい物は、ダディのスペシャルクレープなんだとか。


この夏に日本で食べてからというもの、リーガンはクレープ作りに凝っていたのだ。
なんとクレープ専用のフライパンなんかも買っちゃって、甘〜いクレープをよく作ってくれる。
それを一緒に作ってレシピを書き、学校に提出したいそうだ。


ムサシはリーガンと相談して、アラスカブルーベリークレープを作る事にした。






リーガンがムサシに言う。
「よしムサシ、まずは山に登ってブルーベリーを摘んでこなくちゃな。」





そっからですか?


これは時間がかかりそうだ。
日曜日に2人は、
「山と店に行ってくる。」
と出かけていった。
a0088116_15435249.jpg




帰ってきたムサシはリーガンの指導のもと、クレープを作りレシピを書いていく。






まずは、材料から。

山で採ったアラスカブルーベリー  2カップ

・全粒小麦粉   1/2カップ

庭で放し飼いされている鶏の卵   5つ

・キャノーラオイル  1テーブルスプーン
・生クリーム   1オンス
・オーガニックの砂糖  2テーブルスプーン
・牛乳 2/3カップ 

クレープ専用フライパン

※トッピング※
ブルーベリーパイフィリング 1缶
アーモンド
Nutella ヘーゼルナッツスプレッド
クリーム









つっこみどころ、満載だ。


庭で放し飼いされている鶏の卵って!

そんなの用意出来る人、いったいどれだけいるの?



本当は牛乳の代わりに、

庭で飼ってる山羊の乳

も加えたかったらしい。
ヤギ飼う事も考えてるリーガン...。

いったいここで、どんだけ動物飼うつもりなんだ。




ムサシが提出したレシピは、このとおり。






アラスカクレープの作り方


a0088116_15442930.jpg



   まずは山に行き、ブルーベリーを摘む。そして、それを洗う。

   次に液体の材料ーー牛乳、キャノーラ油、生クリーム、卵をボールに入れ、混ぜる。

   そしてその中に、砂糖と小麦粉を入れ混ぜる。(固まりのないように。)

   ガスに火を点け、フライパンを温め始める。温まったら、バターを少し入れて溶かす。

   クレープのたねをゆっくりとフライパンの中に入れ、薄くのばす。

   90秒間、または薄茶色になるまで焼く。

   そろーりとひっくり返し、反対面も焼く。

   クレープが焼けたら、網の上に60秒間置く。

   それをお皿に移し、中にブルーベリーフィリングを入れクリームをのせ、ブリトーみたいに巻く

   そして上にヘーゼルナッツスプレッドを薄く塗り、またクリームをのせ、細かく砕いたアーモンドをかけてブルーベリーをのせる。

   出来上がり。


   最初の1番上手に出来たクレープをママにサーブしよう。






最後の文章も、リーガンのアイデアだろう。
確かに一番目に、美味しいクレープを食べさせてもらった。
[PR]
by shs_merumo | 2010-09-17 15:31 | 日常のヒトコマ


<< ブルーベリーパラダイス 空飛ぶパラグライダー >>