ステイトフェア その3
a0088116_59520.jpg


ステイトフェアの子供の楽しみ、カーニバル。


確か私だって子供の頃は、遊園地の速い乗り物に乗るのが好きだった。それなのにいつの頃からか、もうお金をもらっても乗りたくなくなってしまっている。



特にアメリカの乗り物は全然ダメだ。
速すぎるて、吐きそう。
なんでみんな、お金払ってまで気持ち悪くなりたがるのか?



つまんない大人になってしまったのか。
子供はニコニコして並び、キャーキャーと喜んでいるのに。





一つだけ乗ってもいいと言われ、ムサシが選んだのはこんな乗り物。

a0088116_595964.jpg


人とぶつかって、クラッシュするのが楽しいんだとか。


アラシはもっと激しい、くるくる回る乗り物を選んでいた。
足下ふらふらしながらも、笑顔で降りてきたアラシ。
すごく楽しかったんだと。





乗り物の他にもゲームがたくさん。
水に浮いて回っているひよこを何羽かすくえば、ぬいぐるみがもらえる。

a0088116_5142714.jpg



なんか日本でも、似たような光景を見た。
あれは夏祭りの屋台だった。
どこでも、同じような事やってんだな。




かわいくミニゴルフで遊ぶ私達の横では、こんな過激なマシンが。

a0088116_5102791.jpg


クレーンで吊られたその先の丸い物に乗る人たち。
ぎゅーっと引っぱって、





ぱっと離すと空の上。


a0088116_5113249.jpg

このスリルがいいのか?
1人$30もするのに、長蛇の列。





会場の中では、コンサートも催されていた。
私達は2日目の、コレクティブ・ソウルを見に行った。


1番好きな曲シャイン→



金曜日の7時開演で、1時間半前に並ぶ。
ずっと好きだったバンドなので、わくわく。しかも家族みんなで見られて嬉しい。


指定席はもう売り切れだったので、立ち見席を買っていた。
6時頃に門が開き、入場。





会場は、こじんまりとしていた。大阪のサマーソニックと比べたら、めっちゃ小さい。でも山は見えるし、景色のものすごくいいアラスカの野外ステージ。
真ん中の1番前に陣取った。
立ち見だけど、ステージは近い近い。


隣に1人で来ていた、長髪でタトゥー入りのパンクなおっちゃんと仲良しに。
始まるまでずっと話しまくる。特にムサシとおっちゃんの気が合うらしい。
話題は主に、ギターとゲーム。





7時半にメンバー登場。
超ーーかっこいい!!!大興奮。
ヴォーカルのエドって、ホントに47歳か?
若いしかっこ良すぎるし、あの声には痺れる。



ギターの音はもちろん最高だけど、サポートメンバーのドラムが激しい演奏でめちゃくちゃよかった。
大興奮のうちの家族。
踊りまくりの騒ぎまくり。




会場内はアラスカらしく、和気あいあいとしていた。
普通コンサートはカメラはダメなのに、みんな大胆にカメラ出してて、メンバーも客席に行って一緒に記念撮影。
客層はバラバラ。若い人もおじいちゃんもおばあちゃんも子供もみんな 和やかにしている。



そんな光景にエド曰く、

「なんだこれは。親戚で集まる裏庭パーティーに出ている気分だな。」




確かに。


ビッグスターが来るような会場ではない。
だけどそのお陰でアーティストとの距離がすごく近く、演奏は迫力あっての最高の夜だった。
[PR]
by shs_merumo | 2010-09-12 07:16 | アラスカでびっくり


<< 空飛ぶパラグライダー ステイトフェア その2 >>