エッグハント
a0088116_144516.jpg

先週末はイースターだった。


毎年この日は、家族でエッグハントをする。
玉子を隠すのは、リーガン。

エッグハントを何故か誰よりも真剣に取り組む父に育てられたリーガンは、この行事は欠かせないのだ。




その、アイダホ州に住むリーガンの父ディー(65歳)。もちろん今年も真剣なエッグハントをしたらしい。

朝5時から玉子の色付けをし、2時間も運転して行った山の中に、玉子を隠した。
玉子を探すのは、義母のスースーだけなのに...。


a0088116_1445970.jpg


「みどりの玉子があるから、色付けは省略。」

と、うちのエッグハントは今年は簡単に。
鶏が産んだ玉子10個、それプラス8個のプラスチック玉子をリーガンが隠す。




近所の友達コーディーも参加し、玉子探し開始!

クラブハウス周辺を探していると、ナニしてんだと鶏がやって来た。
a0088116_1454680.jpg


一生懸命探している物が、まさか自分の産んだ玉子だとは彼女達は知らない。
鶏に見付かる前に、タマゴを見付けろ!



クラブハウスの中とか、階段の横とか、次々とタマゴを発見し、歓声をあげる子供達。


あのマシーンにも、玉子発見!
a0088116_14485632.jpg



↑このマシーン、いったい何か気になる人。全体の姿はこちら。











a0088116_14422780.jpg

いったい何だコレ?
こんなの家にある人なんて、いないよね...。




玉子が隠されているのは、こんな所や

a0088116_14595084.jpg


こんな所。

a0088116_1504379.jpg

家の周りとクラブハウス周辺のみ。


本当は、もっと広範囲に玉子を隠したかったのに、まだこれだけ雪がある。
雪の中にハマりながら、半袖で頑張るアラシ。

a0088116_14411085.jpg

この雪が全部融けて、下の川まで行ける日はいつ?
だけど雪が融けたら、色んな動物の骨を発見しそうで怖い。



玉子は18個、全部見付かった。
終わってから、実はムサシの持っていた玉子ケースに隠し場所が書いてあったのを知る。
a0088116_15151776.jpg

リーガンが間違えて、渡してしまっていたのだ。
そんな事は全く気付かず、夢中で玉子を探していたムサシ。



玉子は、リーガンの落書きメッセージ付きだった。
楽しいエッグハント、今年も無事終了。
a0088116_1521795.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2010-04-06 15:21 | 日常のヒトコマ


<< 今年も路上ライブ ホーマーへプチ旅行 その2 >>