<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ブログお引越しのお知らせ
いつも「アラスカのいろいろ」を見て頂きありがとうございます。
9月15日よりこのブログを下記アドレスに引越しする事になりました。


http://alaskairoiro.blog.fc2.com


新しいアドレスの方で、引き続きよろしくお願いします。
[PR]
by shs_merumo | 2015-09-15 01:31 | お知らせ
アラスカツアー最終日 ブルーベリーとオーロラ
a0088116_04130328.jpg


8日間に渡るキャリーさんのアラスカ滞在も、とうとう最終日を迎えた。
出発は、朝の3時。


最後の日はお土産の買い物と、時間があればブルーベリーを摘みに山に登ろうと、ゆったりした予定だった。





何軒かお土産屋さんを周った後私は子供の学校の用事があったので、キャリーさんをダウンタウンに降ろした。





キャリーさんは1人で博物館に行ったらしい。

ここに来るまで新田次郎の「アラスカ物語」を読んでいたので、博物館は面白かった、とても参考になったとキャリーさんは言っていた。
ANCHORAGE MUSEUM





家に帰ってご飯を食べたりして遅くなってしまったが、最後にブルーベリーを摘みに行こう!近所の山だから。




支度は出来た?とキャリーさんに聞くと、とても軽装。

いやいや、スニーカーよりもトレッキングブーツの方がいいって。暖かい服も持って。

a0088116_04130422.jpg


夜10時ごろの山登り。

日が暮れるのが遅いから出来る、アラスカならではの夜のハイキング。
それでも最近は日が落ちるのが早くなり、夜の10時は綺麗な夕日が見えた。




うちから車で10分ぐらい、そこから歩いて10分ぐらいの道のりだが、かなりの斜面。
まっすぐ上。登るの、ちょっとキツい。




アラスカの主婦を舐めていた。トレッキングブーツ、正解。
と、キャリーさん。



そうそう。これぐらいの山なら私の主婦友達、赤ちゃんおんぶして登るよ。
a0088116_04130410.jpg



広いブルーベリーの山に着くと、誰もいなかった。
360度、山。この景色、独り占め。


でもどこかに熊やムースがいそうだから、気を付けながらブルーベリーを摘もう。


最初はブルーベリーがどこにあるかよく分からないけど、だんだん目がブルーベリーアイになってきて見えてくるからね。



その言葉どおり、最初は
「どこどこ?」
と言ってたキャリーさんも、だんだんブルーベリー摘みのコツを掴み、夢中で採っていた。



最後の方は、歩きながらでもブルーベリーが見えて、帰れなくなる。
採るのを止められない。

後ろ髪引かれながらも、暗くなったので山を後にした。





帰り道に、ムースの親子に遭遇!
アラスカ去る前に会えて良かった!!




家に帰って仮眠を取ってから、空港に向かう。
私はその前に一仕事。

来てくれた人に渡してる、写真のクラフトお土産を作らなければ。




と思ってたのに、うっかり寝てしまった。
起きたら2時!
ヤバい。





しかも外出たら、オーロラ出てる?
マジか。これは大変!

キャリーさんを起こさないと!!





キャリーさんを起こすと、喜んで外に出ていった。
キャリーさんがずっと、オーロラ見たいと言っていたが、

「それは難しい。冬に来ないと。欲張っちゃあダメ。」
と言ってたのに、本当に出ている。

3月以来だよ。私もオーロラ見るの。




それでも私はお土産を作るのに忙しいので、家の中で黙々作業を続ける。

オーロラ気になる!
でも時間ないから!!



やっと仕上がって3時に出発しようと外に出ると、オーロラはすごい事になっていた。
空いっぱいのオーロラ。
a0088116_04223721.jpg



a0088116_04130491.jpg



(その時は写真撮ってる時間がなかったので、上はその一週間後に出た時の写真)
オーロラと北斗七星。


オーロラの光が強く、山の方に住んでる家からはもちろん、車で下に降りて空港に行くまでの道すがら、ずっと緑のカーテンが輝いていた。


キャリーさん、ラッキー過ぎるわ。来れなかった弟の運も全部持っていった。

天気もずっと良かったし、氷河歩いてキーナイリバーで釣りして、最終日にムースに遭遇して、そしてこのオーロラ。



完璧だ。
完璧過ぎる。
みんな見せてしまった。




キャリーさんの旅行が成功して良かった!
私も楽しかった!!

来年も待ってるから、キャリーさん、今度は弟も一緒に連れて来て。
キャリーさんのその強運で、またアラスカ楽しみましょう!

[PR]
by shs_merumo | 2015-09-10 04:05 | アラスカぷち旅行情報
アラスカツアーその6 キーナイリバーで釣り
a0088116_08004808.jpg



翌日は急遽、キーナイリバーで釣りの予定を入れた。


このところ、私の中で釣りブーム。
折角キーナイ方向行くんだし、しかも弟来れなくて少人数だし、もしかして船に乗せてもらえるかも?
微かな期待を胸に、Yさんに連絡してみた。





最初は友達が来る予定だからと断られるものの、その友達は午後4時に飛行場に到着だから、その前なら釣りに行けるとOKが出た。




やったー!
Yさん無理言ってすみません。

キャリーさん(義妹 仮名)には悪いけど、ホーマー観光ちゃっちゃと済ませ、キーナイリバーへ向かいます。


キャリーさんにしても、ワイナリーとかはまた来年弟と来ればいいんだし、キーナイで釣りの方がなかなか出来ない素晴らしい経験(のはず)!



ホーマーからYさんちまでは車で2時間の距離。

シルバーサーモン狙うなら早朝じゃないと厳しいと言われたが、早朝は難しいので10時の到着を目標に、7時半にはホテルを出た。







車を走らせる事2時間、ソルドトナに入ったところで携帯にYさんからのメッセージ。

「道路は順調ですか?」




ききききたーーー!
ヤバいヤバいヤバい。




今まで道路工事や渋滞で、Yさんちに行く時は必ず遅れてる前科のある私。
今回は無理にお願いしてるんだから、余計に遅れられない。



「はい、順調です。もうすぐ到着します。」
と返信した。





そしてYさんちに到着し車を停めると、またメッセージが入る。

「ボートにいます。」








いきなり船!
笑ってしまった。



でも、そういうところが面白い。
時間ないんだし、無駄な事は省いて釣りに集中。


分かりました。
お家のお庭を横切って、船に直行します。



かっこいいボートの上には、3週間ぶりに会うYさんとYさんの次男くんが乗っていた。
a0088116_08004825.jpg


やった。ゴールデンコンビ!
次男くんは、釣り歴10年の11歳。


この2人の船に乗せてもらって釣りが出来るというのは、本当に贅沢。
大変な事はYさん親子が全部やってくれて、釣りの楽しいところだけやらせてくれるんだから。

釣りが好きというよりも、Yさん親子に連れて行ってもらう釣りが好きなのかも。



キャリーさんも、世界中のアングラーが集まるキーナイリバーで釣りが出来ると、ワクワクしてる様子だった。

ちなみにアングラーという言葉は、ここに来るまでの車内でキャリーさんに教えてもらったので使ってみた。





船の上で、早速ベイトの用意。
前回のバックトローリングとは違って、アンカー打って餌を使ってシルバーサーモンを狙う。


ルアーの上に餌を付ける。

a0088116_08004938.jpg



ふーん、こうやってつけるのね。
使ってる餌は、アンチョビだそう。他にも、色をつけたサーモンの卵も使っていた。

a0088116_08004904.jpg


日本のルアーとアメリカのルアーの違いを見せてくれてるところ。

アメリカのルアー綺麗と思っていたけど、日本のは格段にすごい。
まるで魚。いや、魚より綺麗!

ちゃんと鱗もついてるし。細かいところまで、アートのよう。



釣り糸を垂らしてしばらく待っていると、フィッシュオン!
a0088116_08004901.jpg



次男くんがシルバーサーモンをゲットした!



小さいシルバーくん。
網の中で恨めしそうにこちらを見ている。

a0088116_08005038.jpg


しかし次の瞬間。
シルバーくんはスルスルっと網の小さい穴を抜けて逃げていってしまった。



シルバーくん、危機一髪のところで命拾い。




ボートを動かし場所を移して、もう一度シルバー狙い。

a0088116_08005067.jpg



向こうのボートは何してるの?
釣れてるの?と双眼鏡で確認。

キャリーさんが持ってきた双眼鏡、ここで一番役に立った!



シルバー待ってる間、なんか岸の方で音がするなと思ったら、ゴロゴロと岸の石が落ちてきていた。
川の岸、侵食されていってます!
川のそばに建ってる家が危ない!!



そう言えば、マタヌスカも侵食が進んで半分落ちてた家があった。
ちょうどその付近を走っていた時、ニュースでここら辺が出てたよと言ってたら、TVカメラが来ててびっくりした。



a0088116_08005062.jpg


シルバーが来ないので、今度はドリーを狙って場所を移す。




餌もルアーもつけず、ビーズと釣り針だけで船を流してドリー狙い。

Yさんがボートを操縦し、次男くんとキャリーさんと私が並んで釣り糸を垂らす。




すぐに次男くん、ドリーをゲット!
すごい!大きい!!

a0088116_08005177.jpg


おおおー!
興奮する〜。




釣った魚は素早くリリース。

その後次男くんとキャリーさんには次々と掛かかり、どんどん釣ってはリリース。大忙し。



だけど私には、全然魚が食いつかない。





なんで?
私も釣りたーーい!
私の何が悪いの??





きっと場所。
人じゃない、場所。

この立ってる位置何cmかの違いで、魚のくる確率が変わるとYさん。


私と次男くんの釣る場所を代えてくれた。





しかし場所を代わった直後、次男くんが大きなドリーを釣った。
私は魚なし。



そこさっきまで、私がいた場所だったのに…。

やっぱり問題は、人か。
場所じゃなくて、人。



Yさんが釣りのコツを教えてくれる。
釣り用語が全く分からないから言ってる事がよく分からないが、フッキングとか合わせるとか言ってる。



フッキング。
そうか、Hook からきてる言葉か。

魚がかかってるのかかかってないのか、よく分からないから釣れない。
きた瞬間タイミングよく、ロッドを立てないと。




そして私にもついにきた!
釣れたーーー!

a0088116_08005124.jpg


早く早く、カメラカメラ!
キャリーさん写真撮って!!



と大はしゃぎ。
楽し過ぎて、静かに釣り出来ない!!



「早く水につけないと!魚が死んじゃう。」
みんなの魚をリリースしてくれていた次男くんの言葉に、ハッと我に帰る。




す、すみません…。

小学生に注意される、私45歳。
ほんっとすみません、先輩。

楽し過ぎて周りが見えてません。




その後も魚ゲット!


a0088116_08061276.jpg

見てー!
これ釣ったの私、私!!


すごく楽しかった。
楽し過ぎて、はしゃぎ過ぎた。



帰りの車の中でグッタリ。

アラスカツアー、翌日がいよいよ最終日。
今のところ、全てが順調で楽しい毎日!

[PR]
by shs_merumo | 2015-09-08 07:49 | アラスカぷち旅行情報
アラスカツアーその5 ラフティングとホーマー
a0088116_08385036.jpg


アラスカツアー5日目は、キーナイ川でのラフティングとホーマー観光。


まずはラフティングの出発地、クーパーランディングを目指してアンカレッジから2時間半車を走らせた。





最高のお天気。
眩しい青空に映える美しいアラスカの山を見ながらのドライブ。

その深い緑の中に見える湖や川の水の色が、南に進むに従ってだんだんと変わってくる。エメラルドグリーンの色が濃くなっていく。




クーパーランディングまで来ると、もうこんな色の川。
a0088116_08385133.jpg


おおおおお!

この川の色!
グレーシャーブルー。



何でこんなにも、すごい色なんだ?
人工的に作ったような綺麗な色。

これを言っちゃあ趣も何もないと分かってるけど、必ず言ってしまう、
「この川って誰かが毎日、バスクリンでも入れてるの?」






自然に出来た物とはにわか信じ難い、完璧な景色。
木の緑と空の青色と、そしてこの川のターコイズブルー。


やっぱりだ。
やっぱりキーナイリバーのこの景色が一番好きだ!





去年も乗ったけど、今年もまたここからラフトに乗ってキーナイリバーを下る。
Kenai River Scenic Float


まだ時間に余裕があるので、近所でランチを食べる事に。
ラフトのフロントのお姉ちゃんに教えてもらったDudes food trailerを探す。
a0088116_08385168.jpg


これが超分かりにくい所にあり、もう諦めて違う所に行こうとUターンするために入ったコーナーにあった。



上の写真が目印。
この左の青いトレーラー。






サンドイッチを買って食べたけど、確かに美味しかった。
トリップアドバイザーの口コミでは、この辺で1位だったのね。
a0088116_08385246.jpg


1時前にラフトに戻ると、参加者が続々集まってきた。
カナダの家族とカリフォルニアの家族。11名!全員が一つのラフトに乗るのか⁉︎



ブーツや雨具やライフジャケットをそこで着て、緊急時の救助方法について説明を受けた後、ラフトに乗り込んだ。
やはり一つのラフトだった。
a0088116_08385232.jpg


流れの早いキーナイリバーを、ガイド1人のマンパワーで漕いで進む。





日差しポカポカ。
キーナイリバーに浮かび、この景色を堪能。
超気持ちいい!




川岸にいる鳥や動物を、注意深く観察。

残念ながら熊やムースは見付けられなかったが、鳥はたくさんいた。



ボールドイーグルの巣を木の上に発見!
たくさんのボールドイーグルが飛んでいる。



「あんなにたくさんいて、縄張りとか、喧嘩にならないのかなぁ。」
とキャリーさんが呟いた。
ガイドが言うには、餌がたくさんあるので喧嘩にならないそうです。




2時間のラフトはあまりにも日差しが暖かく、ウトウトしてしまう程気持ちよくノンビリしていた。




a0088116_08385331.jpg


ラフトが終わると、速攻ホーマーに向かう。
明日は釣りの予定が入ってるから時間ない。
ホーマー周れるのは今日だけ。急げ急げ!



そこから3時間、ひたすら南に下る。


ちなみに車に長時間乗ってる間何をしてるのかというと、最初はお喋りで盛り上がり、そのうちラジオを聴く。

しかしアラスカの道は、ラジオも電話も電波が届かなくなる場所がたくさんあるので、ダウンロードしていたポットキャストを聴くようになる。
するとそこはすっかり日本の世界。
アラスカの大自然を見ながら、全然違う日本の話題に爆笑したりするわけだ。


その中でも、誰もがこれ面白いと言うのは、
「ジェーン・スー 相談は踊る」


車内でも、他人の相談についての解決策に論議が交わされ、白熱した話し合いになり、言いたい意見を言って皆すっきり。

これちょっとお勧め 笑。

a0088116_08385354.jpg


7時半ごろ、予約してたB&B Cozy Cove Inに到着。


今まで泊まったホーマーのホテルの中で、一番綺麗!

特にBear Paw Studio Apartmentはお勧め。
ただし基本2泊以上から。今回は、お願いして1泊だけさせてもらいました。

a0088116_08385441.jpg



家具も素敵!
窓から見える風景も素敵!!




ホテルでくつろぐ間も無く、レストランが閉まる前に、早くホーマースピットへ。


この前見付けた美味しいシーフードのレストランCaptain Patties Fish House
a0088116_08385460.jpg



写真は、隣の席の人にも
「何頼んだの?」
と聞かれた、美味しいアぺタイザー「appetizer platter」
これとメインの「sea sampler(グリル)」を2人でシェアすれば、もうお腹いっぱい。

やっぱり素材が新鮮だと、焼いただけで美味しい!



「もうデザートは無理。」
とキャリーさんは言ってたけど、ウェイトレスがケーキをたくさんお皿に並べて持ってきたので、その中の気になるケーキを私がチョイス。

a0088116_08385584.jpg


マンゴーとココナッツと何とかのケーキ。
甘さ控え目で美味しい!


もうお腹いっぱいのはずのキャリーさんも、「何これ?何これ?」とたくさん食べている。

デザートは別腹ね。




レストランを出て、ちょっとそこら辺をブラブラすると、海に日が沈んだ。
a0088116_08420303.jpg

その日はちょうど、ペルセウス座流星群だった。
泊まったB&Bは、周りに遮るものが何もない山の上にあったので、満天の星空。
外に出れば、流れ星が次から次へ。きらりと落ちていった。

ホーマーの夜は、美しく輝き落ちる流星の夜だった。

[PR]
by shs_merumo | 2015-09-05 08:16 | アラスカぷち旅行情報