<   2015年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
アラスカツアーその4 氷河トレッキング
a0088116_20231535.jpg


次はマタヌスカ氷河のトレッキング。



いつかこれをやってみたいと思いつつ、なかなか行く機会がなかったが、弟がやりたいというので3人分予約していた。
Mica Guides

弟は行かれなくなったので、キャリーさん(義妹 仮名)とムサシと3人で参加。




朝9時にアンカレッジを出発し、マタヌスカまで車を走らせる。
そこまでの道のりは崖みたいな山道が続いた。


景色は最高に綺麗だったが、本当に険しい道。
この道を自転車で行ったハルくん、ホントすごいわ。その体力に、改めて感心する。





2時間半の道のり。
早めに行ったので、マタヌスカ氷河の見えるレストラン ロング ライフル ロッジでランチを取った。
雰囲気あって、なかなか良い。





そして、すぐ近くのMicaに行き車を停めてると、1人の女性が話しかけてきた。

この人が今日のガイド、セージ。
ラッキーな事に、今日のツアーは3人だけ。好きなように案内すると言われる。




まずは事務所で書類を書き、隣のキャビンでトレッキングに必要な道具を揃える。
a0088116_20231633.jpg


ここで自分のサイズのアイゼンとヘルメットを貸してもらった。




アイゼンをバックパックに入れ、バンに乗ってマタヌスカ氷河の入り口まで連れていってもらう。






ガタガタ道を越えて駐車場に到着すると、青く輝く氷河がそこに。


美し過ぎて眩しい!
気分が高まる〜!!
a0088116_20231692.jpg


先ずはトレッキングシューズのまま、セージを先頭に一列に歩く。

a0088116_20231776.jpg


泥の上を歩いているように見えるが、もう氷河は始まっている。

泥は、シルトと呼ばれる粒子の細かい物。



あちこちにクレバスがあって危ないので、セージの歩いた所と同じ場所を踏めと指示が出る。
a0088116_20231862.jpg



シルトの中にある氷。

「ブラックアイス」
とセージが言った。



黒く見える氷だが、セージがこれをピッケルで割ると、キラキラ透明の氷が出てきた。





途中でアイゼンを取り出し、装着。
アイゼン付けると滑らず歩きやすい!
a0088116_03412881.jpg

嬉しくてどんどん進んでいくと、
ごーーーー。
という低い音が聞こえた。




氷河の動く音。
聞こえてくるのは、下の方から。
そして水があったクレバスから、泡が出てきた。


この音が聞こえるのは1週間に1、2回。しかもこんな気泡が出てくる事はなかなか見れないと言われ、喜ぶ。ラッキー。

でも、下から割れてくるんじゃないかと、ちょっと怖かった。





氷河のエネルギーを感じる音
と、セージが嬉しそうに言う。

この人、本当に氷河が好きみたい。
a0088116_20231850.jpg


セージアッシャー。

名前もかっこいいこの人は、夏はここでガイドの仕事、9月から2月までは南極大陸で働いているというパワー溢れる女性だった。




南極は、アラスカが暖かく感じる程寒いらしい。まぁ、そりゃあそうだろう。

そしてTVもなくインターネットも超遅い、外の情報から軽く閉ざされたその基地には、1000人以上が働いてるという。




南極での生活なんて今まで考えた事もなかったから、全ての話にただただびっくり。


休みの時は、ヨーロッパじゅうを自転車で旅をしているという。

20代に見えるが、話しに出てきたそれまでの経歴とかを考えると、多分30代後半ぐらいだろう。



この人に結婚はとか子供はなどという質問は、愚問なんだろうな。



話していると、いいエネルギーをいっぱいもらえる。
またかっこいい大人に出会ってしまった!今年の夏は、すごくついてる。

a0088116_20231994.jpg


氷河の硬さの違いを感じるため、ピッケルで叩いてみる。

a0088116_20232008.jpg


氷河を食う女


ではなく、氷河から溶け出してる水を飲んでみてと言われ、飲んでるところ。
もちろんフィルターなし。
でもお腹は大丈夫。

a0088116_20232060.jpg


ちょっと坂になってる所は、セージがピッケルで掘って階段を作ってくれる。

a0088116_20232152.jpg


結構上まで登るみたい。


「毎日来てるけど、氷河は毎日姿を変える。」
とセージは言っていた。



あれは何?

と指差す方を見れば、山の上に氷河のアーチがあった。
a0088116_20471436.jpg

こんなの昨日まではなかったと、驚くセージ。


すごいな。
自然があんな形を作るなんて。



「最高!私はここに住める。ここに家建てて住みたい。」
とセージが言うから、


「私だって、ここに住める。毎日氷河見て暮らしたい。」
と勢いで言ってしまったけど、ごめんなさい。嘘です。こんな氷の上には住めません。
a0088116_20481024.jpg
氷河のハイキング、すごく幸せを感じた。
最高。

今までに行ったツアーの中で、一番好きかも。
やっぱ体験型が一番楽しい!


ガイドを入れなくてもマタヌスカ氷河は歩けるが、ガイドに説明してもらい安全な道を選んでもらった方が、ずっと楽しめると思う。

Mica Guides超お勧めです。


アラスカツアーはまだまだ続く。

[PR]
by shs_merumo | 2015-08-23 20:13 | アラスカぷち旅行情報
アラスカツアーその3 氷河クルーズ
a0088116_10262705.jpg


観光2日目は氷河クルーズ。
予約したのは、26グレイシャークルーズ。鉄道の旅もセットで予約出来る。




いつもなら勧めるだけ、連れていくだけの観光ツアー。
今回は幸か不幸か、弟のお陰で私も全て体験する事に。




まずは、紺と黄色のデザインがかっこいいアラスカ鉄道に乗ってウィティアまでの道のり。
アラスカ在住9年にして、これに乗るのは初めて。やった!



朝アンカレッジの駅で予約していた名前の変更をすると、ラッキーな事に席は2階の一番前だった。

a0088116_10262834.jpg




a0088116_10262892.jpg



窓から見える景色に改めて感動。
そして外にいる人がみんなこちらに手を振り、写真を撮っている。





そうだよな〜。
私もアラスカ鉄道が通ると、嬉しくて手を振ってるもんな。
中からはこう見えるのか。
a0088116_10262833.jpg



2階の席は、思ったよりも揺れた。
次に乗る船よりも断然揺れてるので、車酔いしやすい人は、ガムか飴の用意を。




それでも、2階の方が眺めがすごくいい!
潮がひいてるターナゲンアームも、山に見える氷河も緑の中のムースも、全て絵葉書のような風景だった。







狭いトンネルを抜けると、そこはウィティア。

ウィティアの町は幻想的。
山の間にある港町だからか、大抵の日は霧が出てぼーっとしている。
そこがいい。



ビニールカバーで出来た駅を出て矢印の方に進むと、直ぐにボートに乗れるようになっていた。


a0088116_10262951.jpg


あっという間に船は出航。
船が出るとすぐ、ランチが配られた。フィッシュフライを美味しく食べてると、走っていた船が急に止まった。
船長からのアナウンス。



「ラッキーです。前方にクジラが見えます。11時の方向にハンバック(ザトウクジラ)の尾が見えます。」







ランチを食べていた人達が一斉に立ち上がり、カメラを向ける。

遠く前方の水面にクジラの尾びれみたいな物が一瞬見え、海の中に沈んでいった。





「この船は、次にクジラが顔を出すまで、ここに停滞します。」
との放送。



次にクジラが上がってくるのに、20分かかる事もあるという。
そして、あの大きな身体でどれだけどこに動いてるか分からないので、探す場所も広範囲。

みんなカメラを構えて、色んな方向を見渡している。





これは油断出来ない!
おちおちランチも食べてられない。
なかなかの緊張感。

キャリーさん(義妹 仮名)も双眼鏡を構えて真剣。




そんな時間が15分くらい続いた。

その間、船長からのアナウンスが
「5時の方向を見て下さい。」
「2時の方を注意して。」
等と続々入り、その度にみんな船の中をカメラ持ってあっち行ったりこっち行ったり。



…みんな惑わされてる。
クジラの出現に、みんな翻弄されてる。(私も含む)






「ああ!遠くの3時の方向に尾びれが見えます!」
船長の声に、ザワつく船内。



クジラは遠くの方に上がった。

かなり移動していた。
遠過ぎた。
あんな所に!



ずっと待っていたのに見逃してしまった。

残念!
船内に残念な人、多数。





「もっとクジラの動向を観察したいけど、この船は遠くの氷河まで行かないといけないので先を急ぎます。」
船長からの放送が入り、船は動き出す。
a0088116_10262989.jpg


残念ながらクジラは見逃したけど、ラッコはたくさんいた。

海の中に寝っ転がって、クルクル回ってる。
貝をお腹の上で叩いていて、かなり可愛い。
キャリーさんも喜んでいる。

アザラシも多数、氷の上にドテッと転がっていた。






氷河に接近してきたので、甲板に出てみた。
いいお天気で気持ちいい!
a0088116_10344785.jpg




でも船の前の方に移動すると、すごい風に驚く。
寒い。


船が止まっている時は暖かいが、動いてる時は風がバンバン顔に当たり、寒い。

それでもいい場所で氷河の写真を撮りたいと、キャリーさんは頑張ってその場に耐えていた。



氷河に到着。
すごい迫力!
a0088116_10262936.jpg



a0088116_10263075.jpg



a0088116_10344714.jpg






すごーーい綺麗!
キャリーさん、写真写真!




氷河をバックに写真を撮るが、どうもキャリーさんの表情が暗い。


どうした、キャリー?
何か、やつれてる??





キャリーさんは疲れていた。
船の前に陣取り、全身で強風を受け、疲れ過ぎていた。





氷河は綺麗だけど、いい表情の写真が撮れない。







これは危険。
船の甲板で強風を浴びると危険。
思った以上に、やつれます。





5時間の航海の後、船はウィティアの町に戻った。
a0088116_11491591.jpg



町で一軒のアイスクリーム屋さんで、美味しいハックルベリーアイスクリームを食べた。
そこで働いてる可愛いお兄ちゃんが日本語で話しかけてきた。アラスカ大学で日本語を習ってるそう。
ウィティアには、夏の間だけ住んでバイトしてるらしい。

またアラスカ鉄道に乗ってアンカレッジまで。




アンカレッジのグレイシャー ブリューハウスで夕食。
a0088116_10344858.jpg


カラマリとツナとピザを注文。
安定の美味しさ。

自家製クリームソーダも飲んでみた。日本にある緑色のクリームソーダではなく、見た目ビール。
でも甘い。




夕食終わってさて帰ろうかとしていた時、レストランが突然真っ暗に。
盛り上がる店内。

何だ何だ?
サプライズか?誰かの誕生日か?




真っ暗な店内。
危ないので電気がつくまで待っていようと思ったけど、一向に明るくならない。

停電でした。
こんな事初めて。
クレジットカードの支払い終わってて良かった。



暗い中そろそろと外に出てみると、外も薄暗い。
夜11時。レストランに入った時はまだ明るかったのに、日も暮れてしまった。
白夜も終わり、アラスカの夏も終わりに近いのか。


まだまだアラスカツアーは続きます。
[PR]
by shs_merumo | 2015-08-22 10:08 | アラスカぷち旅行情報
アラスカツアーその2 タルキートナ②
a0088116_07484073.jpg


タルキートナ①からの続き




その後は植村直己の展示を見に、タルキートナ歴史博物館に行ったりしてたら、あっという間にフライトの時間。

a0088116_08033518.jpg

a0088116_08041943.jpg

ここで私はお見送り。
キャリーさん(義妹 仮名)は、マッキンリー方向へ空のお散歩へ。




フライトシーイング中の写真は、キャリーさん撮影。

a0088116_07484008.jpg



a0088116_07484180.jpg



a0088116_07484157.jpg



a0088116_07484181.jpg

パイロットの話では、曇っていたので残念ながらマッキンリーは見られなかったらしい。



氷河に降り立つコースで、キャリーさんが心配していた飛行機の揺れは、素晴らしい景色に興奮して気にならなかったそう。

あっという間に冬景色。
とにかくすごかったそうです。


Talkeetna Air Taxi




夕食は、Twister Creek Restaurant


a0088116_07484299.jpg



偶然入ったレストランだったけど、ここ当たりだった。
何頼んでも美味しい!

アーティチョークのフリッターと、トナカイのミートローフ、ハリバットを注文。大満足。


アラスカツアー、まだまだ続きます。



[PR]
by shs_merumo | 2015-08-18 07:41 | アラスカぷち旅行情報
アラスカツアーその1 タルキートナ①
a0088116_07332230.jpg

今年の夏、鈴鹿に住む私の弟夫婦が初めてアラスカを訪れる予定だった。


共働きの2人は、お金がかかっても短期間でベストなアラスカを見たいというリクエスト。練りに練って私の考える最高なアラスカ旅行計画を作った。





ところがなんと!
出発3日前に弟が諸事情で、急に旅行に行けなくなってしまったのだ。1年も前から計画してたのに、残念過ぎる。


弟は、
自分は行けないけど、奥さんだけでも素晴らしいアラスカを体験させて欲しい
と言った。

この2人は晩婚で、2年前に結婚したばかり。




分かりました。その弟の深い愛、姉が引き継ぎます。
キャリーさん(義妹 仮名)、かかってきなさい!


a0088116_07332219.jpg


金曜の夜にキャリーさん無事到着。
翌日からアラスカツアー開始❗️

タルキートナに向かって、朝9時にアンカレッジを出発した。




まずはここ。
ワシラ地区。湖の前に住んでいる友人チョコレー子さんち。

アラスカ観光の為に読んでくれてる人には何の参考にもならないので悪いが、この素晴らしい景色は外せない。






ここに来ると、かっこいい船頭さんがカヌーに乗せてくれる。



長靴姿がかっこいいチョコレー子さん。強い女!痺れます。
a0088116_07332231.jpg



おおおおおー!
なんだ、この湖の透明感は。
浮いてるようだ!!

a0088116_07332327.jpg


深い緑の中にある湖。
緑の中の水の風景が、やっぱベストだな。



横を向けばムース発見!しかも近い距離。
キャリーさんにとっては、初ムース。


a0088116_07332363.jpg


チョコレー子さんの旦那さんが植えたリリーも綺麗に咲いていた。
わざわざネットで注文し、湖の中に植えた植物。1年前にちょうど植える所も見てたので感動。



この家にはプルメリアの花も咲いていた。

プルメリアって、ハワイの花じゃないのか?
おそらく、アラスカではここだけ。私も本物は初めて見た。

旦那さんが植物博士なので(趣味だけど)、たくさんの植物が育っている。


a0088116_07332328.jpg


カヌーの後は、ラズベリー摘み。取り放題。
素晴らしい環境。



美味しい手作りのデザートで、お茶も頂いた。
チョコレー子さん、いつもありがとう。







そこからまた車に乗って1時間半。
タルキートナに到着!



マッキンリーへの遊覧飛行の予約を入れてたので、先ずは飛行機ツアー会社へ。
ここで1人キャンセルが出来たので、5時のフライトはキャリーさん1人で乗ってもらいます。


それまでの3時間、タルキートナの街をぶらぶらお散歩。

a0088116_07332472.jpg


ロードハウスでランチを食べた後、タルキートナ レンジャー ステーションへ。




マッキンリーに登る人は、みんなまずここに来て、登録しなければいけない。

最近イモトがマッキンリーに登ったはずなのでパークレンジャーに聞いてみると、
「誰だか分からないけど、日本のTVクルーが来てたな。」
と言っていた。



ここでマッキンリーに登るDVDも見せてくれる。(全て無料)


a0088116_07332496.jpg


パークレンジャーも超親切で、日本の有名な登山家と撮った写真だと、携帯を見せてくれたりした。


タルキートナで時間ある人には、お勧めな場所。





その後は、最近知り合いになった家族のキャンプ場へ。

a0088116_07332403.jpg


メキシカンムースのジェニファーちゃん。


この前タルキートナに遊びに行った時この子がキャンプ場や川に案内してくれた。




タルキートナとは川の合流点という意味で、このキャンプ場から歩いてすぐ、3つの川が合流した所が見れる。
晴れた日は、そこからマッキンリーも顔を出す。



すごくいい家族だったので、フェアバンクス自転車旅に行ったハルくんに紹介した。
そしたらハルくんもすごく気に入って、ここのキャンプ場に2泊したそう。

ハルくんの話でまた、その家族と盛り上がった。




キャビンも完成していました。
部屋の名前はクワイエット。もう一つはピース。
Peace & Quietか。


確か一泊$130ぐらいだったと思うけど、興味ある人は連絡してみて下さい。

Mexican Moose
13378 W.Main St. Talkeetna
(704)378-1237

キャンプ場の方は、$10ぐらいだったような…。


写真がこれ以上載せれないので、タルキートナ②へ続きます。


[PR]
by shs_merumo | 2015-08-18 07:20 | アラスカぷち旅行情報
アラスカの夏の風景
a0088116_01162425.jpg

今週もアンカレッジはいいお天気。
記録的な暑さ。と言っても26℃ぐらいだが。
アラスカの家にはクーラーがないので暑い!






サイクリングコースは山の中へ。
走っても走っても山が続く。
a0088116_01162579.jpg


途中で休憩。
ブルーベリータイム。





そろそろこの季節。
本気で摘みに行く日も近い。
a0088116_01162551.jpg



うちに帰ると、ムースの親子が待っていた。





家のすぐ側でお食事中。
のどかな光景。可愛い〜。
a0088116_01162613.jpg



a0088116_01162621.jpg



春に植えた花が満開。
花壇が賑やかになって嬉しい!




畑の野菜もぼちぼち収穫。
a0088116_01162736.jpg



夜11時の夕焼け。
この空の色。





今日も1日、アラスカは平和だった。

a0088116_01162723.jpg


[PR]
by shs_merumo | 2015-08-06 01:01 | 日常のヒトコマ
キングサーモンフィッシング 2日目
a0088116_10242914.jpg

翌朝は6時出発だった。

広いキーナイリバーに朝焼けの淡い色。
胸にぐっとくる眺め。




8年前にチャーリーリバーに川下りに行った時、私は川が好きなんだと思った。その川の中でも一番好きなのが、この氷河色のキーナイリバー。

見てるだけで幸せな気分になる川だったけど、ここで鮭釣りをしたらもっと幸せという事を今年知ってしまった。

a0088116_1024332.jpg

そんな事を思っていたら、最初のポイントでいきなりYさんの次男くんにヒット!


キターーーーーー!







急いでリールを巻き、全員の竿を上げネットを立てて見守る。



激しい戦いだった。
鮭はあっち行ったりこっちに行ったり。
それに合わせて、次男くんは船の中を動き回る。
Yさんは舵を取り、鮭が船の下に入り込まないように操縦。


釣り歴10年11歳の次男くんは一人でキングも上げられるので、アンカレッジ組3人は邪魔にならないように船の中を移動して見守るだけ。
a0088116_10243987.jpg

スキルはあるが体重がない次男くん。
重いキングを上げるのに苦戦中!



やったー、釣れた!
長い戦いの末、キングは網の中へ。

デカい!!
大きくて赤いキングだった。


Yさんの目録によると、45パウンドから50パウンドぐらい。(20.4kg〜22.7kg)





うわー。すごかった。
このファイト見られてよかった!

a0088116_10244246.jpg

キングをキープ出来るのは、1人1日1匹。そして年間2匹だけ。



毎日ここで釣りをしているYさんと次男くんは、釣ってもほとんどリリースする。
リリースする魚を水から上げてはいけないので、網の中で釣り針を外し、リリース。

とっていいのは写真だけ。




それでも毎日、早朝から釣りをする。
大切なのは物ではなくて、この時間と経験。
…深いな。

a0088116_10251613.jpg

そうしてるうちに、今度はムサシの親友コーナーの竿にヒット。






おおおお!
テンション上がる!!




必死なコーナーに、Yさんのアドバイス。
「OK!リラックス!」


無理無理!それはちょっと難しい!リラックスなんか出来ない!!
私の手にも汗。






コーナー、リールを巻きながら竿を上げたり下げたり。
Yさんと次男くんが付きっ切りでサポート。鮭を追いかけみんな必死。




すごい。
興奮する。
これだからみんな釣りをするのか。



長いファイトの後、とうとうキングが釣れた!
a0088116_10244790.jpg

すごい!大きいキング!!
a0088116_10245080.jpg

みんな大興奮。
こんな大きな魚がこの川に。



うわー。
今日は朝から忙しい。
釣れそう!期待大!!

a0088116_10245262.jpg

一度竿を上げ、今度は違うポイントへ。
Yさんが魚探を見ながら、魚がいそうな場所を探す。





そして今度はムサシに当たりが。
a0088116_10245539.jpg

全員が急いでリールを巻く。



ムサシの竿に手応えがなくなり、一瞬ばれた?と思ったが、更に巻くと強いひき。


フィッシュオン!
魚はデカいぞ。





Yさんが優しくムサシを励まして、教えてくれる。
竿を上げてはリールを巻き、それを繰り返す。
次男くんが魚の位置を確認して、次の動作を指示してくれる。
なんて素晴らしい親子サポート!これなら釣れるはず。




鮭は数回水上をジャンプし、みんなの興奮を煽る。

そして長い格闘の末、とうとう釣れたーーー!
a0088116_10245797.jpg

でかっ!!


44パウンド(約20kg)のキングサーモン!釣れました!!

a0088116_1025098.jpg


a0088116_1025261.jpg


素晴らしいチームプレイだった。
大きな獲物獲得。
みんな自然と笑顔になる。





そして残るは私1人。
3人釣れ、出す竿も減った。


私のとYさんのと次男くん(リリース)の竿。


もうどの竿に当たりが来ても、私が上げていいからと言われ、緊張が走る。





ちょ、ちょっと待って。
わわわ、どうしよう。緊張するわ。
リールインって何だっけ??

掛かった時のため、その後の動作を頭の中でイメージトレーニング。






そしてきました。
私にも当たりが。


夢中でリールを巻いた。
腕が張る。
鮭との格闘。



Yさん親子のサポートのお陰で、釣れた私の初めてのキング!
a0088116_1025569.jpg

「小さい。」

ムサシに言われたど、それは比べるからだ!
この鮭だって2.5kgのなかなかいいサイズだよ。



それにしてもこのサイズ上げるのも大変だったのに、どうやってあんな大きな鮭を上げたんだ?
a0088116_1025821.jpg


岸に戻り、Yさんが綺麗に鮭を捌いてくれて、アンカレッジまで持って帰った。
キングサーモンは脂が乗って、これ以上にない美味しさだった。






すごくすごく楽しかった。
キングが釣れて幸せ。あんなすごい経験が出来て幸せ。






だけど正直に言えば、1日目の大きなキングのひきが忘れられない。

あのサイズのキングをいつか釣りたい!




きっとこれが、釣り人が川に帰ってくる理由なんだろう。鮭が川に帰るように釣り人も帰ってくる。
来年のキングも期待してます!Yさん!!
[PR]
by shs_merumo | 2015-08-01 04:31 | アウトドアの楽しみ方