<   2013年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
キッチンキャビネットのペンキ塗り
a0088116_144223.jpg

キッチンキャビネットにステインを塗った。


自宅の全部屋を自分でペンキ塗りしたチョコレー子さんちのキッチンが素敵だったので、色を教えてもらった。
MINWAXのエスプレッソ(今ホームページを見たらこの色がなかったので、廃番になったのかも。)。



このビフォーがこれ。
a0088116_1441924.jpg

うちは築30年の古い家で、キッチンキャビネットも安物がついていた。
元がボロなので失敗してもOKとリーガンに言われてたので、安心して作業にかかる。

ちなみに上の写真、床にターゲットの袋が転がって見えるのは無視の方向で。




先ず、キャビネットにサンドペーパーをかける。
私はここで手を抜いて失敗したが、サンドは丁寧にしっかりかける事。そして同じ方向にかける事。(縦なら縦だけに。)
仕上がりに違いが出てくる。






正しいステインの塗り方は、アラスカのカリスマブロガーAna Whiteさんのこの記事を参考に。

a0088116_144863.jpg

ステインが塗り終わったら、しっかり乾かしてからハンドルをつける。


このドリルを初使用。
楽しい!!

しかし初めて使う時は混乱し、ドリル部分を触って怪我した。これを使う人は、くれぐれも動いている金属部分を触らぬように。




穴を開ける時に、こんなテンプレートを使ってマークしとけば簡単。
a0088116_1441188.jpg


2つ穴を開けて付けるハンドルは、ちょっとでも穴の場所が違うと合わない。


引き出しの大きさに合わせたテンプレートを自作し、それを使って印を付ける。
a0088116_1441362.jpg


全部塗り終え、ハンドルを付けると完成!

おおー。何か前の安っぽさは消えたかも?
自己満足。
a0088116_1442212.jpg


嬉しくてチョコレー子さんにチャットする。
「キッチンが終わったら、次はバスルームのペンキ塗り。最終目標はゲストルームに、みどりくんが作ったびっくりプラネタリウム!

と言うと、返ってきたチョコレー子さんの目標にびっくり。




チョコレー子さんの最終目標。

「サンルームと玄関を建て増して、バスルームに浴槽入れて、富士山の絵を描く事。」







すごいっ!
それってもはや、大工さんの仕事だよ。
なんと志の高い事か。

…しかし、お風呂か。
いいな、それ。


よし、それに私ものった!





最終目標変更!
富士山の絵のある日本のお風呂!



いつの事になるのやら。
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-28 05:01 | DIY
最近のクラフト
a0088116_4331518.jpg



新しくなったクラフト机で、最近はこんなカードを作っている。

増えたコピックで色塗り。楽しい!
スタンプはtaylored expressionsの物。



a0088116_3354221.jpg


こんなタグも簡単に作れて便利。
友達の家に遊びに行く時の、簡単な手土産に。
a0088116_3354533.jpg


中身はこんなの。
a0088116_3354845.jpg


「キャラメルバナナピカンケーキ」

「簡単混ぜるだけ♪キャラメルバナナケーキ編」を作る。20分程焼き、最後10分は上にトッピングを乗せてから焼く。

トッピングの材料
グラニュー糖30g、バター30g、蜂蜜大さじ2、生クリーム大さじ4、ピカン(ピーカン)ナッツ 適当量 なければ胡桃やアーモンドなどのナッツ

ナッツ以外の材料を鍋に入れ中火にかける。全体が混ざりバターがとけたところでナッツ投入。
これをケーキの上にかける。

美味しそうな色に焼けたら出来上がり。
バナナを消費するために作ったが、美味しく出来て評判も良かった!
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-28 03:02 | ハンドメイド
早朝のオーロラ
a0088116_644223.jpg

今朝オーロラが出ていた。
その時間、朝4時50分。外の気温マイナス2℃。





アイダホ州から来ていた義両親を空港におくるため、夫は起きていた。
私はそのままウトウトしてたが、外に出たリーガンが
「ノーザンライツ!」
と叫ぶので、飛び起きてパジャマのまま外に出た。

a0088116_644493.jpg

両親が行くのに起きず、オーロラが出てるから飛び起きる嫁っていったい…。





スースー&ディーが、オーロラ見られて良かった。


ちょうど外に出た時が、オーロラのピーク。真上で爆発してすごかった。
あんなに強くて激しく動くオーロラは、久しぶりに見た。

a0088116_644736.jpg

オーロラの爆発は、ほんの数分だった。
誰かがカメラカメラと騒ぐので、家にカメラを取りに行ってる間に、オーロラは薄くなっていた。


そしてみんなも、車でいなくなっていた。





ま、2人は5日後にまた来るので、また会えるからいいか。







上のオーロラ写真は、薄くなった時に慌てて撮った物。


a0088116_6441022.jpg

ちなみに昨日の山の様子はこんな雪。
窓からiPadで撮った写真。


今日は晴れて、雪もとけている。
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-25 06:21 | アラスカでびっくり
クラフト収納机
a0088116_13315293.jpg

DIYシリーズ。
クラフト道具を収納する机を作った。


作ったと言っても棚を2つ買ってきて、間にペンキを塗った板を置いただけ。
棚と中の引き出しは、ターゲットにて購入。上の棚はLowe'sから。




a0088116_13315533.jpg

引き出しの中身はこんな感じ。
どこに何があるのかよく分かり、カードの制作時間も大幅に短縮!
嬉しい。





まぁ、前にクラフトをいれてたのがこれですから。
a0088116_13315714.jpg

このビフォーと比べると、何でも良くなる事でしょう。

この箱に入れてる時は、自分が何を持ってるかも把握出来ず、物を探す時間が長かった。


今は分かり易くてとてもいい!



a0088116_13315984.jpg

こんなに揃ったコピック!
(私にとっては)高いコピック。去年から、ちょこちょこと揃えている。


こちらでも売ってるが、日本で買う方が断然格安。
こんなに揃ったのは、母おしんと運び屋Kさんのお陰。どうもありがとう。



a0088116_1332278.jpg

マーサのパンチを収納。
場所を取るので、今もどうやって収納しようか研究中。


スタンプとインクは、後ろのタッパーのタワーみたいなのに、分類して入れる。


a0088116_1332544.jpg

春美さんから貰った切り絵も、jamiさんからプレゼントのオーロラの絵も、飾って毎日眺めている。


クラフトルームを作って1人黙々と作業をするよりも、家族がいる部屋でカードを作りたい。
それでリビングルームにクラフト机を作った。

子供達も同じ感覚で、学校から帰ったらこの机で宿題をする。



便利な机が出来て満足。
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-23 13:03 | DIY
初雪!
a0088116_147025.jpg

朝起きたら雪が降っていた。
初雪だ。
今年は早いな。
今日、何日?9月22日か。



去年よりは、インパクトが少ない。
去年は9月30日に、突然の大雪だった。(詳細はこちら)
これにはたまげた。




今週山の上に雪が積もって、来週頭には雪だぞと言われてたので、そんなに驚かない。アラスカに7年も住んでると、ちょっとは慣れてくる。

にしても、早いな。年々早くなってるな。




a0088116_147445.jpg

ベランダにも、薄っすら積もっている。




a0088116_147638.jpg

雪の中の隠岐の浮き。




うちの男達は、キャンプ中。またボーイスカウトのキャンプに行っている。

まぁ、これぐらいの雪じゃ、どうって事ないか。
マイナス20℃でも、テントで寝る集団なのだから。
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-23 01:33 | 日常のヒトコマ
フローズングラウンド試写会
a0088116_14471883.jpg

先日アンカレッジで、ニコラス・ケイジ主演の映画「フローズン・グラウンド」の特別試写会が行われた。
アンカレッジが舞台のこの映画。
撮影は、ダウンタウンの道や建物の中で2年前に行われた。


試写会に招待されたのは、撮影に参加した地元の関係者とエキストラだった。

リーガンも、いちエキストラとして参加したので(その時のオーディションの様子はこちら。)招待され、一緒に行ってきた。





ちなみにこの映画、既にアメリカでは公開済みなのに、何故かロケ地のアンカレッジの映画館ではやっていない。アンカレッジから1時間ほど離れた町の映画館で上映されてるみたいなので、早く見に行こうと言ってた先にこの試写会。
良かった。
日本では、10月5日公開。



映画の内容は、1983年に実際に起きた「アンカレッジ女性連続殺人事件」を元にしたサスペンス。



怖い内容にもかからわず、私達と同様集まったエキストラの皆さんは大はしゃぎ。
シリアスな場面でも、笑ったりコソコソ話。

「あ、あの後ろにいる。」
「あー、カットされたか。」

などなど。見てるのは後ろに薄く映る自分の姿。




まぁ私達も同じような見方をしていたが。
ああ、だから古い車を持ってる人がエキストラに採用されたのかとか、あのローラースケート場が使われたのか…など。

ちなみにリーガンは、後ろ姿が映ったのみ。後は全てのシーンがカットされていた。

トレーラーにリーガンの後頭部が出てたのは奇跡に近いな。(詳細はこちら


これでも一日仕事で日給まで出たのだから、映画にかかる時間とお金は計り知れない。

a0088116_14472127.jpg

試写会に、ニコラス・ケイジは来なかったが、脚本兼監督のスコット・ウォーカーとプロデューサーの女性が来て、説明してくれた。

写真の真ん中が、ニュージーランド出身の監督。向かって右の男性は、アラスカ在住の俳優で、セリフ付きの警官の役で出ていた。



質問タイムでは、ほのぼの。初めて映画のエキストラに出て感激!ありがとう、という感想多し。


a0088116_14472398.jpg


リーガンが所属している撮影グループのブログから写真を借用。
左の前の方に、リーガンと私の姿が。
ほんの一瞬しか映ってないエキストラなのに、一番前に座る私達。
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-17 13:01 | 日常のヒトコマ
DIY ベンチチェスト
a0088116_247294.jpg

里帰り中に実家の網戸直したり、浴室のタイル貼りをしてからというもの、DIYに興味を持っている。

やってみれば、結構簡単に自分で直せるし、変化が楽しい!



その一つ、玩具入れをベンチチェストに変身させてみた。




上の写真のビフォアがこれ。

a0088116_2471326.jpg

これは酷い!



何年か前に買って、子供の玩具入れとして使っていた。
子供がシールをべたべた貼り、酷い姿に。


しかもこれ、最近は私のクラフト入れに使っていた。上に布を被せていたとは言え、人様にお見せ出来る家具ではないな。





これを改造する。
先ずは、べたべた貼ってあるシールを剥がす。
ドライヤーを上から数秒あてると、シールを剥がしやすくなった。
黙々と作業。





シールが剥がれたら、布とかで拭いて綺麗にする。
それから次は、ペイント。
先ずは、全体にサンドをかける。
それから下地を塗る。

a0088116_2472890.jpg


下地はKilzの original primer。


その上に好きなペンキを塗る。
仕上げは、Minwax のpolycrylic protective finishをスプレー。




(バックに、弟達からもらったブルーレイデッキが写ってる。
ちなみにこれで、母が録画してくれた「ザ!世界仰天ニュース 」を見ながら作業。)




その上に乗せるクッションを作る。
クラフトショップで布とフォームを買って、ホームセンターで板を購入。
ステープラーガンで、簡単に引っ付ける。

詳しい作り方は、こちらのブログを参考に。「Beneath My Heart」


a0088116_2472138.jpg


端の塗り方が甘いが、それも手作り感アップという事で。
ガラクタが変身して、満足。
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-13 02:08 | DIY
山の豪邸
a0088116_405315.jpg


ブルーベリーを詰みに行ったのは、誰もいない熊の糞が落ちてるような山の中。
とは言っても私も山の中に住んでいるので、ここから車で5分、そこから歩いて10分で行ける所。

a0088116_405655.jpg

この場所に行って毎回不思議に思う、向かいの山の豪邸。


あんな所に人が住んでる!しかも大きな家。
あそこまで、どうやって行くの?道があるの?
凍った冬は、どうするの?



やっぱりお金持ちだから、小型飛行機とかで買い出しに行くんじゃないの?


そんな冗談言ってたら、本当にヘリコプターが来て豪邸の横に着陸した。

a0088116_405920.jpg

しばらくして飛び立つヘリコプター。
お金持ちさん、コスコに買い出しにでも行ったのかな?



そんな事をしゃべりながら、ブルーベリーを摘む私達。
楽しい。止められない。

a0088116_4114.jpg


ここで摘んだブルーベリーを使ってブルーベリーヨーグルトケーキを焼いた。
バターも油も入ってなくて、ヘルシーで美味しい!
レシピはこちら。ノンオイル♡ブルーベリーヨーグルトケーキ
上にチーズをのせず、砂糖は100gで。
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-12 03:42 | アウトドアの楽しみ方
アラスカ式お昼寝
a0088116_1331978.jpg



ちょっと前に、友達とブルーベリー摘みに行った時の写真。

アラスカに住む母は強い。
赤ちゃんおんぶでブルーベリーを探す。

a0088116_13235526.jpg


全然グズらず、ママの背中でリラックス。
可愛いーー!


a0088116_13235281.jpg


大自然の中で気持ち良くなったのか、そのうちスヤスヤ寝ちゃった。
アラスカの母も子供も逞しい。
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-10 12:57 | アラスカでびっくり
サプライズな夜
a0088116_17242296.jpg

カヌーの探検から帰った後、チョコレー子さんが夕食を作ってくれた。
今日のメニューはたこ焼き。関西人は、夕食にタコ焼きが常識とか。



たこ焼き。
あの景色を見た後に、こてこてのタコ焼き。
…ちょっと違う気がするが。





しかし、アラスカでタコ焼きが食べられるとはなんとも贅沢。どこにも売ってないよ。

この夏に、チョコレー子さんのご家族が持ってきてくれたという自慢のテフロンたこ焼き機。
そして、チョコレー子さんのスペシャルなタコ焼きレシピで、超美味しいタコ焼きナイト。



コテコテのたこ焼きかと思っていたら、今まで私が食べた事のないようなタコ焼きが出てきてびっくり。
a0088116_17242471.jpg


タコ焼きは、3回出てきた。しかも毎回具が違う。



タコ焼きの具?
タコ以外に具があるの?
そもそもたこ焼きと言いながら、タコは入っていなかったタコ焼きナイト。




先ず第一弾。
エビ。天かす入り。


チョコレー子さんが器用にまん丸に作ったタコ焼きは、外側かりかり、中とろーり。


う、美味い!
美味しい!何かが違う。
何でこんなに美味しいんだ?


熱くてハフハフしながら完食。




そして第二弾。
具はなんと、スジ煮込み。



牛スジ入りのタコ焼き!?
そんなタコ焼きがあるの?
大阪では当たり前って。


日本から持ってきてもらったという、「たこ焼き用 スジ煮込み一口サイズ」
こんなの見た事ない。売ってるのは関西だけでしょ。
まぁびっくり。でも美味しい。



そして第三弾。
牛スジプラスお餅入り。


美味しい。
美味し過ぎる。お腹いっぱいだけど、また食べる。



驚きのタコ焼きナイト。
a0088116_17242773.jpg


ちなみにお酒は、生ミントとライムをたくさん絞ったモヒート。美味。


a0088116_17242993.jpg

↑眉毛が凛々しい、チョコレー子さんちの長男ヨーストくん。
でっかい赤ちゃん。男前。





そしてその夜、もう一つのサプライズがあった。


さてもう寝ようかと言うと、チョコレー子さんとみどり君(チョコレー子さんの旦那さん)が、何やらコソコソと内緒話しをし出した。
そしてゲストルームに入ろうとすると、チョコレー子さんがやって来た。

「メルモさん、見せたい物があるんです。」




チョコレー子さんがおもむろに取り出した物は、ブラックライト。
それを、その部屋のオレンジ色の壁に当てていく。







なになになに?
と、じっと見た。
オレンジの壁には、ブラックライトに当てられた所だけ星が浮かび上がっていた。



そうか。この壁には星が隠されてるのか。プラネタリウムだな。
この時点で、分かってしまった。分かっていても、驚いた。









チョコレー子さんが部屋の電気を消した瞬間、部屋に満天の星空が現れた。



それが、すごい迫力のある星だった。
子供騙しのではなくて、本格的なプラネタリウム。
何千もの星が、キラキラと凄い勢いで迫ってくる。


天の川もあるし流れ星もあるし、北斗七星やオリオン座の星座もちゃんとある。
星が不思議と動いて見える。
ユラユラ揺れて、迫ってくる。

一見何もない普通の部屋。
それが電気を消した後に大変身だから、そのギャップに驚く。






「うわー。これはすごいわ!!」
声をあげて驚いた。
私の驚きの声に、隣のリビングにいるみどり君大喜び。








このプラネタリウムの部屋は、みどり君が作ったらしい。
それもネットで調べに調べて、練りに練って作られたこの部屋。



暗闇で一番輝くインクは何か?
壁に貼る星座のテンプレート。
どうやって塗れば、本物の星に見えるか?
ネットで調べ、蛍光ペンキを売ってる人にメールで相談し、時間をかけて研究を重ねて作った星の部屋らしい。





この星を作ってから、初めて泊まったのが私だった。
これを見た私のリアクションの大きさに、みどり君は大満足したらしい。




びっくりするよ、ここまで凝る大人に!





何もない部屋から現れる星のギャップ。
美しい見るだけの湖が、冒険の道に変わったギャップ。
バリバリのキャリアウーマンで、お洒落な都会の女性と思っていたチョコレー子さんが、実はアウトドア能力が高くてついて行きたい逞しい背中だった事のギャップ。
タコ焼きは同じレシピと思ってたのに、知らない味があった事のギャップ。
実はスキンケアに詳しく、論理的にスキンケアを説明してくれたみどり君。友達の旦那さんから化粧品の事を教えてもらった事のギャップ。



色んなギャップに驚かされた、チョコレー子さん宅訪問だった。
[PR]
by shs_merumo | 2013-09-06 13:08 | 日常のヒトコマ