<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ターキーボーリング
a0088116_792298.jpg


今回スワードのジャンプオフフェスティバルに一緒に行ったのは、chanatsuさんぐっさん夫妻と、日本から来たそのお友達ボンちゃん。

chanatsuさん達とは、最近知り合った。
まだアラスカに来て4ヶ月程らしい。
ボンちゃんは、1日前に日本から遊びにきたばかり。
初めてのアラスカ、初めてのアメリカ。見る物すべてに感動していた。






ぐっさんとボンちゃん、とても若い。
なんと25歳!!

こんなに若い日本人の男、久々に見た。
(上の写真は、若い男達と私)




って言うか最近は、年齢問わず日本人男性と会う機会がめっきり少なくなってきてるし。(←周りの友達はみな国際結婚。)






25歳って。
よく考えてみたら私との年齢差より、ムサシ(12歳)との年齢に近いじゃん…。

恐ろしい事だ。
友達の旦那さんなのに…。




そのぐっさんとボンちゃんが、ジャンプの後にターキーボーリングをしたいと言った。

ターキーボーリング。
そう言えば、ブログに書いた事あったな。(2008年のターキーボーリング





一言、言わせて欲しい。
私のブログをアラスカ生活の参考にしてくれるのはとても嬉しいけど、アラスカのメインのお祭りは、ファーランディとかアイディタロッドとかの犬ぞりだからね。

ターキーボーリングとか、トイレ競争とかルネッサンスフェアとかじゃないから。ちょっとクダラナイ系が好きで、個人的に推してるだけだから。



a0088116_793896.jpg


ところでターキーボーリング。
ジャンプが終わった後で行ってみると、まだ始まったばかりだった。






冷凍ターキーを使って、凍った地面でボーリング。
投げられるターキーには悪いけど、そのくだらなさがまた私の好み。




今年は、ターキーがダックテープでぐるぐる巻きにされていた。

毎年みんなに投げられて転がされて、ビニールも破れ、ターキーはとても無惨な姿になってしまうからね。
しかしこの銀色テープに巻かれた姿じゃあ、ターキーだかなんだか分からない。




a0088116_792597.jpg


とにかく20ドル払ってターキーを投げる、若い2人。
1回5ドルなので、2ゲームづつ。






ターキーは割と重くて、投げにくかったらしい。

上手い感じで投げても、当たって3、4ピン。



これは、ピンの並べ方に問題あり。
どうやってもストライクは出そうにない。
ストライクが出たら、レストランでのディナー券がもらえるらしいが。



頑張れぐっさん。頑張れボンちゃん。






a0088116_79291.jpg


ボンちゃんが投げている時に、私が横で写真を撮っていた。

するとオレンジの帽子を被ったおじさんが、ボンちゃんに叫んだ。




"Win for mom!"







ははは、ボンちゃん。
ママのために頑張れって言ってるよ。


と笑って、しばらくしてハッと気づいてしまった私。







ママって...。

いったい誰の事言ってんの!?








↓このオレンジ帽のおじさんに親子と間違われたΣ(゚д゚lll)

a0088116_793316.jpg




私が老けていたからではない。
ボンちゃんがきっと、中学生くらいに見えたんだ。
ボンちゃん、悪いけどそういう事にしといて。










帰り道、横転していた車を目撃!


a0088116_793641.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2012-01-29 07:20 | イベント行事
海に飛び込むお祭り2012 ジャンプ編
a0088116_6582320.jpg


コスプレ軍団は港に到着。
これから、この凍った冬のアラスカの海に飛び込んでいくのだ。
飛びこむ勇者の数、今年も100人以上!

岸で見守る消防団も、海の中で助けるダイバーも、向かいの岸から盛り上がる観客達もアナウンサーも準備OK。







参加者が、続々と海に飛び込んでいった。

その日があまりにも寒かったからか、例年に比べてアナウンサーの説明も短かい。とにかく次々に海にバシャーン!


薄着で海の側で待ってるだけで寒いもんね。


a0088116_6573182.jpg



a0088116_6575450.jpg




いかにも寒そうな2人。
大丈夫なの??
a0088116_6573875.jpg



ゲイちっく衣装の海上保安署の人達。
うおーー!とか、うーーーー!とか、とにかく雄叫びがすごい。


叫んでないと、寒さでやられるからか?

a0088116_6582798.jpg





宙返りで飛び込む人。

a0088116_657423.jpg






この姿勢からの
a0088116_6574542.jpg




このまま飛び込み。
何の仮装だったかは、不明。

a0088116_6575174.jpg





このお祭りは、ただの変わり者が海に飛びこむだけではない。アラスカ癌センターに寄付を集めた人だけが、飛びこむ権利を貰えるのだ。
今年の寄付の総額は、$172,000だった。素晴らしい!





「この女性は、毎年最高額を寄付してくれる女性です。」


のアナウンスに現れたのは、松葉杖をついた女性。




「今年は、岸に一番近い所へ飛び込む予定です。そして飛び込んだらすぐに、みんなで救助しなければいけません。ダイバー準備OK?飛んだらすぐ確保!今年は足を怪我しているからね。」



a0088116_6581161.jpg



そ、そこまでして飛びたいんかい?



誰か代わりはおらんかったんか。





オズの魔法使い。
ドロシーとかかしさん。
a0088116_6575714.jpg



そーれっ。
a0088116_657595.jpg





出ました、フェアバンクスの名物おじさん。


「この男は、フェアバンクスから毎年一人でやって来ます。今年も$5000集めてやって来ました。不思議な男です。」




観客から大きな歓声。
超人気者。
a0088116_658269.jpg



こっちの観客にも
「がーお!」

a0088116_658442.jpg



そして首を押さえて飛び込むおじさん。


海の上にポッカリ浮かぶ首。
ネッシーだったんか?
a0088116_658788.jpg





そして、今年一番盛り上げてくれた人。
「アラスカガールズ」


アラスカで釣りをする時やカニ工場の人達が着るウェイダーを着る女性。

a0088116_6581450.jpg



ウェイダーを脱ぐと…。
アラスカガールらしからぬ、いい体!




「うぉーーーーーー!」

観客の興奮度マックス!!!

a0088116_6581750.jpg


お姉ちゃん、大サービスでアラスカの冬の海へジャンプ!



a0088116_6581953.jpg


見てる方も寒かったけど、今年も楽しかった。
[PR]
by shs_merumo | 2012-01-26 07:17 | イベント行事
海に飛び込むお祭り2012 パレード編
a0088116_9125665.jpg


今年もやってきました。この超寒い冬のアラスカの海に飛びこむ勇者達のお祭り「ポーラーベア ジャンプオフフェスティバル」


ちなみに、去年のジャンプオフフェスティバルは、ここから。2008年2007年も。





毎年このおバカなお祭りを見に行って写真を撮り、ブログにアップするのが私の楽しみだった。
しかし今年は諸事情で、家族で行けないと決まっていた。


それが祭りの2日前、友達のchanatsuさんぐっさん夫婦が連れて行ってくれる事になったのだ。





やったー!
これでブログにも書けるよ!!(誰にも頼まれてないけど。)
超嬉しい。
chanatsuさんぐっさん、それと日本から来たボンちゃん、どうもありがとう。






祭りの前日に、車でスワードの街に入る。
泊まったホテルは、海のすぐ前。

このブログを見てくれているぐっさんは、朝同じホテルであのフェアバンクスの名物おじさんを見たと喜んでいた。今年は何になるのだ、あのオジサン。



祭り当日の気温は、なんとマイナス10℃!
今までで一番の寒さだ。
こんな寒さで氷の海に飛び込んじゃってホント大丈夫?


どうか死人が出ませんように。
笑える記事をブログに載せられますように…。



a0088116_9131127.jpg


完全防備して、先ずはパレードを見に行く。
今年もおかしな格好をした人達がたくさん。人魚達も歩いていた。



a0088116_9141368.jpg


チーム・スムージーのバナナとブドウとイチゴさん。



a0088116_9142095.jpg

でました、フェアバンクスの名物おじさん。

今年は何?
恐竜??
女装じゃないの???





あのおじさんにしては地味じゃないか。きっとドレスを着てくると思っていたのに。



a0088116_9142456.jpg


ビー(ミツバチ)がテーマのおばさん。
ハチ除けの帽子を被ってる。



a0088116_9142891.jpg


ぎゃー。これ何?
怖いんですけど。



a0088116_9143412.jpg


オズの魔法使い、ブリキの木こりさんでした。
キャラクター勢揃い。
あーびっくりした。



a0088116_9145332.jpg


パレードでは、見てる人にキャンディーやビーズのネックレスを投げてくれる。
これが見物人が少ないので取り放題。
必死で拾う、chanatsuさん。


別にキャンディーが欲しいわけではなく、拾うのが楽しいだけ。
沢山のキャンディーを拾ったchanatsuさんは、それを全部うちの子供にくれた。

a0088116_9151184.jpg



この団体が、向かった先は港。
ここから仮装のままで、海に飛びこむのだ。




a0088116_915065.jpg



半裸の男の前には凍る海。
見てるだけで寒いって!



a0088116_915672.jpg

次回、ジャンプ編につづく。
[PR]
by shs_merumo | 2012-01-23 09:13 | イベント行事
新しいギターの先生
a0088116_791029.jpg


今年に入って、ムサシのギターの先生が代わった。
新しい先生は、エアフォースバンド「Top Cover」のギタリスト、デニーさん。



デニーとは、友達のパーティーで知り合った。
奥さんのジェニファーと、5歳と0歳の可愛い子供さんと一緒に来ていたデニー。4年間日本に住んでいた事があると言うので、最初は日本の話や子供の話をしていた。
穏やかで面白くて、子供思いのいいパパという印象だった。



そのうちに仕事の話になり、なんと職業・ギタリストだと知った。人柄も素晴らしいし、これはムサシに良い影響を与えてくれる人だと直感!速攻でギターの先生をお願いした。

ムサシはちょうど入ってたギター教室を辞める事が決まっていて、タイミング的にもよかった。


a0088116_792852.jpg


最初のレッスンにデニーの家に行ってびっくり。
地下室には、見た事もない程のギター用品の宝の山。



デニーは、
「先ずは、使っているギターを見せてくれ。弾く前に楽器を見る事は大切。」
と言い、ムサシのYAMAHA RGXA2 をまじまじと見つめた。
そして歪んでる部分を指摘。断りを入れ、ネジを回してボディからギターのネックをはずして見せてくれた。




すごーい。このギター3年使ってるけど、こんなところは見た事がない!温度によって、歪む事も知らなかった。



彼はどうやら自分でギターを作る人らしく、見た事がないようなギター修理器具がいっぱいあった。
RGXA2はそのままデニー宅に入院する事になった。





そうそう、部屋にエフェクターを見付けたので質問。
2年前に松江のひぐっつぁんから貰ったのがうちにもあるけど、使い方が分からないので宝の持ち腐れ。どうやって、使ったらいいの?




すると、色んな所からエフェクターが出てくる出てくる。
ギター弾きならびっくりのこの量!

a0088116_79306.jpg


「日本のギターショップは面白かった。オチャノミズやイケブクロのギターショップに通ったよ。」


ちなみに写真中央の墨絵風アンプも自作とか。


a0088116_791521.jpg


それからムサシはデニーのストラトキャスターを借りて、レッスン開始。



デニーのレッスン、すごい!面白い!!
私はギターは弾けないけど、ギターの先生はたくさん見てきた。ムサシが3歳の時以来、おそらく15人以上。
アンカレッジだけでも、5人の先生のレッスンを見た。



デニーの教え方は、どの先生とも違う。
すごく楽しいし、引き込まれる。
全身を使って、音を表現するレッスン。
それは、「スクール オブ ロック」のジャック・ブラックを彷彿とさせるようなレッスン。


それからデニーは、ムサシの話もよく聞いてくれて、決して否定しない。
奥さんのジェニファーが、
「上手いギタリストはたくさんいるけど、デニーはエラそうではないし、誰もバカにしないし、いい人ギタリスト。」
と言った言葉に納得。





レッスンでは、曲を楽譜どおり弾けるようにしてもらうのではない。
曲を弾けるのは当たり前。
それは家でYouTubeででも習えばいい。
デニーのレッスンでは、表現力とかリズムとか、その曲をどうやって弾けばかっこよく聞こえるか、聞いてる人も楽しくなれるかを教えてくれる。


確かにデニーのギターの音を聞くと、身体の中から何かぐわーっと来る。とても痺れる。
この感じは、大阪で竜之介くんのギターを聞いた時や、サマソニで聞いたスラッシュの音と同じ感覚だ。




デニーは顔も使って弾くので、見てると面白くて笑ってしまう。
a0088116_792627.jpg



レッスンは結局2時間続いた。
今まで通ったレッスンは、30分が普通。


最初の話では、デニーのレッスンは1時間だけど、いつも夢中になって2時間経っている。
その2時間も、飽きる事なくあっという間に終わる。



レッスンが終わった後、いつもデニーは長いメールを送ってくれる。
今日やったレッスンの内容と、次のレッスンまでにしておく宿題のメール。

ホント、すごいギターの先生に出会ってしまった!
これからムサシがどんな影響受けるか、とても楽しみ。
[PR]
by shs_merumo | 2012-01-16 07:17 | ロックスターへの道
にっくき敵リンクス
a0088116_1101275.jpg


今年に入ってすぐ、鶏のロックスター(写真、向かって左の雄。またの名をBig Chief)がリンクスにやられた。
ロックスターは鶏軍団を仕切っていたリーダーだったのに。あいつがいたから、鶏の社会の平和が守られてきたというのに。


冬は外に雪があるのを嫌って、鶏は小屋の中だけで暮らしている。
雪の上にリンクスの足跡を何度も見付け警戒してたが、リンクスは隙間から鶏小屋に侵入して、ロックスターをかっさらっていった。
リーガンに言わせると、女どもを守るためにロックスターは敵に立ち向かっていったに違いない、とか。




このリンクス、(日本名カナダオオヤマネコ)数が少ないうえに夜行性で、その姿を見る事は滅多にない。
ホント、アラスカにいても動物園でしか見た事がない人の方が多いのに、うちの裏庭には頻繁に出る。
実は昨年の夏から、うちの鶏は40羽近く、このリンクスにやられているのだ。
リーガンにとっては、まさに憎き敵。



ある朝ベッドルームから外を眺めていたリーガンは、リンクスが鶏小屋の屋根の上にいるのを発見した。
その映像がこちら。




す、すごー。
猫ではない、熊でもない。
顎の毛と、立ってる耳が特徴。


ビデオを撮った後、リーガンが下に降りて行ってみると、リンクスはすぐに逃げて戻ってこなかったらしい。







さて、どうしようか。
やられてるばかりではダメなので、リンクスを退治して鶏を守らなければ。




罠のシーズンにライセンスを取って、罠にかければいいのか。
毛皮屋で、リンクスは$300で売れるらしい。

それとも、罠師に頼んで獲ってもらえばいいのか?







しかし、調べているうちに問題が。リーガンの親友がそれを聞いて、電話してきたのだ。
玉子をたくさん買ってくれてる、しかも頼んでないのにどんどんと玉子の客を紹介してくれるボランティア営業の彼。奥さんは、環境問題の弁護士であった。


リンクスを獲ると聞いて、その奥さんがご立腹なそうだ。
「もしリンクスを殺したら私達は玉子を買わないし、私の友達もみんな、玉子購買をボイコットする。」
らしい...。






これは、困った。
親友を失いたくないし、客も失いたくない。

これは野生の動物に敬意を払いつつ、なんとか鶏の保護をするしかないな。
リーガンは罠を諦め、フェンスの強化に考えの方向を変えた。




はー。またお金のかかる事。
玉子経営に儲かる道はない。売れば売る程、赤字ばかり。
リーガンの趣味だから、まぁいいんだけど。



リンクスとの戦いはまだまだ続く。
[PR]
by shs_merumo | 2012-01-12 11:43 | チキン物語
お正月パーティー
a0088116_1915737.jpg


明けましておめでとうございます。
今年もマイペースで更新していきますので、よろしくお願いします。




元日は、「御節とお雑煮を振る舞う日本式のお正月パーティー」を開いた。

パーティー当日まで順調に準備していたのだが、当日に大ハプニングが。




当日の朝、リーガンは家の前を雪かきしていた。総勢30人ほどのゲストを呼んでいるので、みんなの車が駐車出来るように寒い中を必死になっていたリーガン。

なんとか終わり、家に入って温かいシャワーを浴びようとしたところ、なんと水が出なかった。





原因は、雪かきしてる間にガレージのドアを開けっぱなしにしていた事。
外の冷たい空気が入って、ガレージにある水道のパイプを凍らせてしまったのだ。
その日はビックリするほど寒い日で、気温はなんとマイナス20℃!そりゃあパイプも凍るって!!




これは大変。
シャワーはともかく、たくさん人を呼んでいるのに水が出ない。手が洗えない。トイレも流せない。

て言うか、今からご飯を炊いてコロッケも揚げなきゃいけないのに、いったいどうしたらいいの?




とにかく焦って、家にある電気ストーブや毛布をありったけ持ってきて、リーガンと2人でガレージのパイプを温め続けた。


それでやっと、最初のゲストがドアを開ける10分前に、水が出るようになったのだ。
よかったよ。これで心置きなくトイレにも案内出来る!



a0088116_19141918.jpg


御節は役割分担。
私の担当は、黒豆と海老と錦玉子と蒲鉾だった。
海老なんてどうやって作ればいいの?と最初悩んだが、作ってみれば割と簡単。そしてちゃんと、日本の味。嬉しい。



ゆきてぃさん、Shinoさん、ブンたさん、そして私の、共同作品のお節。
美しく盛り付けるのはShinoさん。
さすがShinoさん。すごーく綺麗に詰めてくれた。素晴らしい!




他のみんなも、続々と美味しそうな料理を持って来てくれた。

来てすぐキッチンに立って、よく働くジャパニーズワイフ達。素晴らしいわ。本当にありがとう。






キターーーーっ。
ニャンタローさん作、ドラゴン寿司。
a0088116_19142349.jpg


す、すご過ぎます、これは。
さすが職人!



他にも4皿ものご馳走を持参。

海老のお寿司に鯖のお寿司。そしてレモンの上に乗っているのは、帆立とタルタルソースを合わせた物だとか、なんとか。


この帆立、びっくりするほど美味しい。
食べた瞬間、
「何これー?」
と、目をパチクリびっくり。
美味し過ぎて、びっくり。

いったいこれって何?この食感、この味。こんな美味しい物は食べた事がない。
本当に驚いた。
驚き過ぎて確認のため、もう一個食べた。




「もったいないから寿司は子供達には食べさせるな。子供が来る前に食べてしまえ。」
考えてみると、とんでもない親達の言葉。

a0088116_19142628.jpg

テーブルの上にはこんなにもご馳走が並んだ。


まだまだここにも。
写真に載ってない料理もたくさん。

a0088116_19143882.jpg



lesleemamaさんの巻き寿司も、chanatsuさんの肉巻きも、ゆきてぃさんの煮物も、Shinoさんのお雑煮も、ブンたさんの焼き豚も、他にももっとたくさんの料理もみんなで作った御節も、本当に美味しかったー。
お腹がはちきれんばかりに、たくさん食べた。満足、満足。



アメリカ人チームも、みんな喜んで食べていた。そしてよく働く日本人妻達に驚いていた。

私も驚いた。
みんな、後片付けもすべてしてくれて、お皿も全部洗ってくれた。
大感謝。


a0088116_19143059.jpg

モデルは、可愛いAちゃん。着物で華を添える。




a0088116_19143357.jpg


エアフォースバンドTop Coverのギタリスト、デニーとセッションするムサシ。
デニーさんは日本に4年住んだ事のある、日本贔屓のアメリカ人。
久しぶりに日本のお正月料理を食べられたと、とても喜んでくれた。

痺れるギターを聞かせてくれるのだが、とても丁寧で腰が低い。
「オソレイリマス。」
を連発して笑わせてくれる。
今年から、ムサシはデニーにギターを教えてもらう事になった。楽しみ。



お正月パーティー、今年も大成功!
どうもありがとう。
[PR]
by shs_merumo | 2012-01-07 11:23 | イベント行事