<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ヒヨコちゃん誕生!
a0088116_740325.jpg

孵卵器に入れていた、うちの鶏の卵が孵った。


リーガン自作のインキュベーターは大失敗。リーガンは速攻で新しいマシーンを購入。
それは、発泡スチロールで出来たインキュベーターだった。

そこに卵を16個入れ、眺めること3週間。新しいインキュベーターは、卵も自動でひっくり返してくれる優れもの。




ヒヨコちゃん、生まれる瞬間の動画。









16個の卵の中で、生まれたヒヨコは9羽だった。

緑の卵も茶色い卵も、色んな種類の卵から孵ったのに、出てきてみればみんな黒いヒヨコちゃん。
色んな種類の雌がいるのに。



a0088116_7462886.jpg



な、なぜだ?







こ、コイツの仕業かーー!

a0088116_7492229.jpg


うちにいる雄の鶏は3羽。
黒いロックスターと白いボス(前はこの鶏がボスだった。ある日、ロックスターとの戦いに敗れ下っ端に。)と茶色のミニ。


鶏の世界は上下関係が厳しいみたい。
政権争いに勝ったのは、この黒いロックスターだった。







ボスとミニの下っ端オス達は、鶏小屋の狭い一画に肩身狭く暮らしている。
そして他の雌に近付こうものなら、ロックスターがやってきて怒り狂うのだった。








ヒヨコのお父さん、みんな同じなんだ・・・。


卵が孵って発覚した驚愕の事実。




かわいそうなボスとミニ。(下の身分の雄達)




ヒヨコが生まれて2週間以上経った今は、中途半端な可愛くない状態のヒヨコ。

a0088116_865399.jpg



そして、今週末もまた卵が孵る予定。
(今度のは、他の家からもらってきた有精卵。)
[PR]
by shs_merumo | 2011-03-31 08:07 | チキン物語
タレントショー


学校のタレントショーにて、ムサシ(6年生)アラシ(3年生)の兄弟バンドがトリを勤めさせてもらいました。



2人が演奏した曲は、エリック・ジョンソンの「Cliffs of Dover」。
この曲が好きで1年前から練習を始めたものの、あまりの難しさに当時のギターの先生&ドラムの先生から、
「無理。」
と言われ、匙を投げられてしまったこの曲。





諦められなかったムサシ&アラシは、ユーチューブを見ながら自分達で研究。
やっとここまで弾けるようになった。



このパフォーマンスを終えた後、
女の子達から、
「キュート。」
と言われ、いきなりモテだした2人は大困惑中。(慣れてない。)





そして嬉しい事に、兄弟バンドにチャリティーコンサート出演のオファーがきた。

4月2日、Tomodachi Daikoの東日本大震災チャリティーコンサートにゲストとして出演します。



日時   4月2日(土) Open 18:00 Start 18:30

会場      Dimond High School


チケット  大人$10 12歳以下$5

詳しくは、友の会ホームページまで

[PR]
by shs_merumo | 2011-03-25 16:09 | ロックスターへの道
アラスカの子供達からの協力
a0088116_1104529.jpg

震災から2週間。
世界各国から日本への支援が広がっていると思うが、アラスカの小学生達も募金活動をしている。


募金をすると、紙で作った扇子や着物に名前を書き、それを学校の壁に貼ってもらえるという仕組み。
学校でこんな活動をしていると台湾人ママから聞き、私もすぐボランティアしたいと言った。台湾人ママからは、何度もお礼を言われた。
学校のアメリカ人のスタッフや先生方も、みんなお礼を言ってくれる。




いや、本当に。お礼を言いたいのはこちらの方。
みんな日本の事を想ってくれて、本当にありがとう。



a0088116_1182426.jpg


募金の紙を並べ椅子に座っていると、たくさんの子供達が募金しに来てくれる。
日本の事を心配してくれる。



ある子は、小銭しかないから名前は書かなくていいからと、お金を寄付してくれた。
1年生の子でお金の価値がまだ分からなくて、ランチに使ったお釣り5セントを5ドルだと出してくれた子もいた。
それを見ていた校長先生が、足りないぶんはここから出してとコインをたくさん持ってきてくれた。

毎日募金しに来てくれる子もいる。
「あなたは日本人?日本の家族は大丈夫なの?」
と心配してくれる子がいる。



小学生の募金だから額はほんの少しだけど、募金活動をしている学校はアメリカ中、世界中にたくさんあって、大きな力になってるんだと思う。

お金と一緒に、アラスカの子供達の想いも日本に届きますように。
みんな、日本の復興を祈ってる。
[PR]
by shs_merumo | 2011-03-25 11:27 | 日常のヒトコマ
今出来る事を
今回の大地震で被災された方、ご家族が被災されている方、心よりお見舞いを申し上げます。
そして、犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。



海外に住んでいる多くの日本人が一緒の気持ちでしょうが、ずっとインターネットのテレビ放送に張り付き落ち込んでいます。

心配してメールを下さった方々、どうもありがとうございます。
幸い、うちの家族は無事です。
しかし、アラスカの友達が里帰りをしていて被災しています。彼女が無事にアラスカに帰ってこられるよう、ずっと祈っています。



何もする気になれずにいたのですが、下の記事のブログにコメントして頂いたYUKIさんのメッセージを読み、落ち込んでいるだけでは何にも役に立たないと気付き、やっと立ち上がる気持ちになれました。
YUKIさん、どうもありがとうございました。

勝手ではありますが、YUKIさんのコメントを転載させて頂きます。



Commented by YUKI at 2011-03-14 12:24

メルモさん、在米の皆さん、もしよかったらお願いします。
学校で、職場で、日本人のコミュニティで、
被災地への支援を呼びかけてもらえませんか。

海外からも応援が被災地の方はもとより
直接被災していない日本の皆が私達が落ち込んではいけないと
力を貰えます。

テレビからは悲しい事、恐い事、不安な事が9割です。
見ているだけでどんどん気分が落ちて行きます。
被災地外の私達がこんなことでは、いけないのですが…

記事との関係ないコメントをすみません。
掲載いただかなくても良いので、どこかで、誰かに、伝えて下さい。
アメリカから米軍の空母ロナルドレーガンが到着しました。
アメリカの皆さんに有難うと伝えて下さい。






今、私達に出来る最大の事は、募金です。
1人でも多くのみなさま、募金にご協力お願いします。

American Red Cross

日本赤十字社



これから、子供達の学校にも募金の協力のお話をしてみようと思います。
被災した友達が帰ってきたら、出来る限り心のサポートをしたいと思います。

今自分に出来る事を考えて、行動していきます。
YUKIさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by shs_merumo | 2011-03-15 07:58
窓から覗くのは...?
a0088116_5464653.jpg


先週の木曜日の早朝の事。

その日は、子供達の学校で行われるタレントショーのオーディションの日だったので、ムサシとアラシは早起きをして1階のスタジオで練習していた。
(隣家の遠い田舎に住むから出来る技)









すると...
窓に忍び寄る大きな黒い陰。


覗いてるのは、熱狂的ファンか!?





a0088116_549466.jpg





び、びっくりしたー!

覗いているのは若いムースだった。
何の音かと気になったのか?






アラシ曰く、
「わー!ママが外から見てるかと思った。」
って...。







こんなにデカくないし!
毛深くもないし!!

a0088116_5535318.jpg


ちなみに、ムースのお陰か緊張も取れ、オーディションは無事合格。
2週間後の本番に向けて、更に練習中。
[PR]
by shs_merumo | 2011-03-09 06:00 | アラスカでびっくり
トナカイと一緒競争
a0088116_7111629.jpg

私の住むアンカレッジで、2月の25日から3月6日までファーランディーというお祭りが開かれていた。


その中のイベントの一つ、「Running of the Reindeer」というイベントを見に行った。
ランニング オブ ザ レインディア
ただ、トナカイと一緒に走るという単純なイベント。




実はその前の週、「アウトハウスレース」(トイレ競争)も見に行った。
しかし残念な事に、全く楽しめなかった。

そのわけは、寒過ぎたから。



その日は強風。ダウンタウンには、台風かと思うくらいの強い風が吹き荒れていた。
温度が低いだけなら(マイナス10℃とか)まだ我慢が出来るが、すごーく寒い、すごーく強い風に吹き付けられて子供達は涙目。
去年はものすごく楽しかったのに。







そんな事があったので、今週はあまり期待もせずリーガンに誘われてしぶしぶついて行った。
幸運にもその日はとてもいいお天気。
風もなく、晴天。気温は-5℃。
ちなみにこのトナカイと走るレースを見に行ったのは、今回が初めて。



ダウンタウンに近づくにつれて車は増え、道は大渋滞。
かなりの人がこのイベントに行くみたいだ。その数は、トイレ競争の比ではない。
そうか、こんなに盛り上がるイベントだったんだ!






やっとの事車を停め、イベントが行われるストリートまで歩いていると、
「リーガン!」
と声をかけられた。

振り向くと、熊が2頭。

a0088116_5481971.jpg


全身の毛皮を被ってるよ。
爪までついてて、怖いって。


彼女達も、トナカイレースに参加するらしい、
そう言えば、道には変な恰好をしている人達がいっぱい。
トナカイと走るのに、仮装が必要か?

More (この続きはこちらをクリック)
[PR]
by shs_merumo | 2011-03-07 06:33 | イベント行事