<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
クリスマス
a0088116_10382013.jpg


1年で1番楽しみにしている日、クリスマス。
今年も子供達が、1週間前からサンタさん宛のカードを書いた。


ムサシが書いた「Merry Christmas Santa. I hope you come」と書かれたカードには、中にこんな事が書いてあった。


サンタさん、僕は今年いい子にしてました。
チキンに餌をあげたり、積極的な行動をしたり、ギターを毎日練習したりしました。
少々は間違いをおこしたけれど、そこから学びました。

今年のクリスマスに僕が欲しい物は、こちらです。

1、XBOX 360 と ヘイロー3のゲーム

2、ナーフガン

3、レゴ ランボルギーニ



クリスマスイブにはサンタとトナカイのために、クッキーとニンジンとミルクを用意した子供達。
さて、無事にサンタはやって来るのだろうか。



子供達が寝た後、私もベッドルームにすぐ追いやられた。
私も驚かせたいらしいリーガンは、毎年1人で全部準備するのだ。
みんなが寝ている間、リーガンサンタは夜中の3時までバタバタと頑張ったらしい。






朝6時半。
「信じれない。まだ子供達は起きないのか?」
と言う声で目が覚める。
寝てないはずのリーガンが、1番早起き。




1番ワクワクしてるのはリーガンじゃないか!?



「ちょっと私が先に、ツリーの所に見に行っていい?」
と聞いてみても、
「いや、子供達を待て。」
と言うリーガン。



ドンドンドンドッシーン





壁を叩いたり、物を落として大きな音を出すリーガン。
何とか子供の目を覚まそうとしてるようだ。




リーガンよ、落ちつけ。



そのうちようやく子供達が起きてきて、リビングのツリーを見て歓声を上げる。

a0088116_1164292.jpg

ツリーの下に、プレゼントいっぱい。
サンタ、来てたよ!


真っ先にXBOXを見付けたムサシは、大はしゃぎ。

次々とプレゼントを開けだした。
a0088116_1172176.jpg

アラシにも、たくさんプレゼント。
これは日本のばあばから。ユニクロの服が入っていた。

a0088116_1175097.jpg


私からリーガンへのプレゼントの一つに、コーヒーメーカーを用意していた。
毎朝コーヒーを煎れるのはリーガンの係。もうそろそろ新しいマシーンが必要かな。


開けてみたら、リーガンが私に用意してくれたプレゼントもコーヒーメーカー。
ツリーの下に似たようなサイズの箱があったから気になっていたけど、やっぱりそうか。


思いっきりカブった2つのコーヒーメーカー。
a0088116_1182469.jpg


やっぱり長らく夫婦をやってると、考えも似てくるのか?



たくさんのプレゼントにみんな満足してたその時、リーガンが叫んだ。


「このサンタのメッセージには、まだ何か秘密が隠されている。」

a0088116_1191292.jpg


秘密?
な、なんだ秘密って?




「見ろ、このP.S.のところ。切れてるけど、この先にもメッセージがあったはずだ。」



???





そしてリーガンは、玄関のドアを開けて外を見た。
続いて、外を覗き込むムサシ&アラシ。



「あ、あんな所にサンタの帽子が落ちてる。行ってみよう。」





a0088116_11571244.jpg

リーガンの後に続いて子供達と私も外へ。

朝7時半でも、アラスカの朝は真っ暗。
ドライブウェイには、トナカイが食べ散らかしたらしいニンジンの欠片が散らばっていた。

そして雪の中には足跡が。
足跡を辿って行くと、子供達のクラブハウスに辿り着いた。
a0088116_11103775.jpg

「クラブハウスの中を調べてみる。」

ムサシが登って入ってみると、クラブハウスの中に箱が置いてあった。
その中には、プレゼントが入っていた。

a0088116_1111762.jpg

開けてみると、欲しかったゲームが!

今年も大喜びのクリスマスだった。
リーガンサンタ、今年もご苦労様。

[PR]
by shs_merumo | 2009-12-27 12:13 | 日常のヒトコマ
焚き火パーティー
a0088116_3103431.jpg


先週の日曜日、近所の友達コーディーとムサシが、手作りの招待状を持ってきた。
ムサシは朝から、コーディーの家で遊んでいたのだ。


そこには、みんなで焚き火を囲む絵と共に、こんな言葉が書いてあった。


焚き火パーティー
夜7時〜9時まで
マシュマロ焼いたり、楽しい事盛りだくさん!


ムサシはまた、コーディーの家に行ってしまったので、夜になってから家族みんなでコーディーの家に行ってみた。


スノーモービルに乗った2人がお出迎え。

a0088116_317381.jpg

最近はいつもコーディーとスノーモービルで遊んでいる子供達。

コーディーの家の敷地は、なんと20エーカー(24480壷)もある。
もちろん毎日の生活で全部は使ってないけど、家の周りだけでもスノーモービルで走る距離は充分。


2人が昼間にスノーモービルに乗って集めた木の枝を使って、焚き火を開始。


a0088116_328467.jpg


そのうちに、コーディーのママも外に出て来た。
焚き火パーティーは、子供達のアイデアだったらしい。
2人は昼間中、走り回って木を集めていたそうだ。



コーディーママは、ここで生まれ育った。彼女の両親も、同じ敷地に住んでいる。
子供の時は、鶏はもちろん、牛もヤギもウサギもここで飼って生活していたらしい。


「この寒いアラスカが嫌で、学校を卒業したらすぐカリフォルニアに移り住んだけど、あっちで考える事はアラスカの事ばかり。またここに帰ってきちゃったわよ。」


笑いながら話す、コーディーママ。

a0088116_338324.jpg

コーディー運転のスノーモービルの後ろに乗せてもらった。
後ろに付けたソリにみんなも乗る。



雪の中をびゅんびゅんと走るスノーモービル。
なるほど、これは楽しい!
コーディーは8歳だけど、運転はすごく上手かった。さすが毎日乗ってるだけはある。

寒くても外遊びをしてキラキラ輝いている子供達。
その笑顔を見ると、少々不便でもここに引越してよかったと思った。




[PR]
by shs_merumo | 2009-12-14 03:46 | 日常のヒトコマ
凍った世界
a0088116_155292.jpg


最近のアンカレッジは一段と冷え込み、何処もかしこも真っ白。
木も凍っちゃって、こんなすんごい状態になってます。
この日の気温は、マイナス8℃。

a0088116_1558052.jpg

外にある物は何もかも凍っている。
そして毎日、前がよく見えない程の深い霧。



a0088116_1651712.jpg

凍った木にライトを付けると、光が映えてとても綺麗。
これこそ本物のクリスマスツリー。


a0088116_1614720.jpg


家に帰ると、山の上は晴れていた。
白銀の世界に輝く夕日が美しかった。



[PR]
by shs_merumo | 2009-12-13 16:15 | アラスカでびっくり
びっくり玉子
a0088116_16241121.jpg


最近、毎日3〜4個ずつ玉子を産むウチの鶏。
たまに、びっくりするような玉子を産んでくれる。


a0088116_16274372.jpg

ドデカ玉子。
普通の玉子の2、3倍くらいある玉子。
「ダックの玉子か!?」
と見間違えるくらいデカい。驚いた。
市販の玉子ケースには入らない大きさ。ジャンボサイズより大きいって事だ。



一回り大きな玉子には黄身が2つ入っているが、これには何個の黄身が入っているのだ?
まだもったいなくて、割ってない。



そして、みなさんは見た事があるだろうか?
緑色の玉子を。
a0088116_16282495.jpg

絵の具で塗ったような色の玉子。


青とか緑の玉子を産む種類と聞いてはいたが、本当にこんな色の玉子を産むなんて。


これを産んだのは、ラッキーちゃん。
コヨーテに食べられかけ、瀕死の状態からこんな玉子を産むまでになった。




玉子を並べると、何とカラフル!
a0088116_16285215.jpg

鶏の種類に寄って、色が違う。
こんなに違う色の玉子があるとは。
まだまだ色々びっくりの、鶏と暮らす生活。

[PR]
by shs_merumo | 2009-12-04 17:14 | チキン物語
♪ピーナッツファーム ライブ♪
a0088116_1548390.jpg

先週の土曜日は、ピーナッツファームでのライブ!


ギターの先生スリムとドラムの先生ベニーと一緒に、子供達がバンド演奏した。
スリムのバンドは以前からこのスポーツバーでライブをしていたらしいが、今回は教え子を入れてのライブ。名付けて「スクール オブ ロック」。
6月にやった前回に引き続き、第2弾。



ムサシは2曲演奏する事になっていた。


そんなムサシを見に来てくれたのは、この方。
a0088116_15514386.jpg

従兄弟のレボルー。リーガンの弟ドーソンちの長男。



今はコディアックというアラスカの島に住んでいるドーソン一家だが、この日はたまたまアンカレッジにいた。


義妹のジェネビーも次男のストークリーも応援に駆けつける。
a0088116_15521378.jpg

ぎんだらぎんさんもファミリーで駆けつけてくれた。遅い夜にどうもありがとう。


まずは先生達のバンドが演奏。
その間、ゲームコーナで遊ぶ子供達。
夜遅いのに、その場には子供達がたくさんいた。



そして9時半頃、ようやく子供を入れての演奏。
a0088116_15535724.jpg

今回は17歳の女の子も入ると言っていたので、リハーサルの時からこのギターの子が女の子だと思っていた。



でも、12歳の男の子と判明!

人の事言えないけど、髪が長いから女の子と勘違いしてた。
この子は、「American Woman」を弾いていた。


そしてジャーン。
ムサシ、登場!
a0088116_1554517.jpg

家にあった物で、自分でコーディネートしたムサシ。
黒いレザーベストは、リーガンがはるか昔に着ていたもの。とても気に入っていた。


ムサシは、「Hey Joe」と「Cross Road」を弾いた。
結構盛り上がった。
a0088116_15571669.jpg

これがアラシのドラムの先生ベニー。

面白い人。
写真を撮ったら、
「パパラッチ。」
と言われた。


ベニーとよく子育ての話をしていたんだけど、そのベニーの息子を紹介された。
なんと、2mもある大きなワイルドな男だった!
そして息子は、私の2歳下だったと判明。

a0088116_15581056.jpg


これが高校生の女の子。
「Hit me with your best shot」と「 Barracuda」を歌った。難しい曲を、上手に歌っていた。


終わったのが11時半。
楽しい夜だった。

[PR]
by shs_merumo | 2009-12-02 16:38 | ロックスターへの道