<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
リーガンの未来カー
最近リーガンが、イーベイで車を買った。

今までリーガンは、とってもボロな車に乗っていた。
どれだけボロかと言うと、この前帰国した友達が、



「こんな車、日本では見られないから写真を撮ってもいい?」

と言う程、ぼろぼろだ。



この車は8年前に、学生だったリーガンが安価で買った中古。
この車で、テキサスからモンタナやフロリダなど長距離を走り回った。その走行距離は8年間で12万キロ。



窓が上がらなくなろうとも、バンパーが壊れてしまおうとも、
「これで軽くなって、燃費がもっとよくなった。」
と笑って乗っていたリーガン。





私には、新車の日本車を買ってくれたのに。
リーガンが稼いでいるのだから、自分にももっといい車を買って欲しいと、常日頃思っていた。



そんなリーガンが、ついに車を買う気になったのだ。
もちろん、大賛成!


今の車の2倍以上も払って、リーガンが選んだ車はこちら。


a0088116_1733441.jpg

2人乗り電気自動車



a0088116_17164399.jpg

こんなに小さいよ。
ゴルフカートみたいだよ!









...なんで?

なんで、これ?




どうも、この電気オンリーで走るとか、音が静かで排気ガスなしとかのエコな部分に惹かれたらしい。

「これは将来の車だ。地球にいい事をしているんだ。」
目をキラキラさせて訴える、リーガン。
リーガンが嬉しいなら、それでいいよ。




通勤だけに使う車だから、時速70キロまでしか出せなくても2人しか乗れなくても、全然OKなんだろう。


だけど、もう1つ。電気自動車の短所って、


寒いと動かない。

なんだってね。









それ、ダメじゃん。


アラスカだよ。
ずっと寒いよ。
1年のうち半年は冬だよ。


a0088116_17554326.jpg


カリフォルニアから届いたこの車を、今日リーガンが友人と取りに行った。
きっと牽引が必要と思っていたのに、ちゃんと動いたらしい。

動いた事に、驚いた。


マイナス4℃じゃ、まだいけるのね。



この車をリーガンが、アラスカでちゃんと乗りこなす事が出来るのか、これからドキドキ。
[PR]
by shs_merumo | 2008-11-26 17:54 | アラスカでびっくり
暗闇の中に
今朝8時。
うちに泊まっている友人ウェイドが、車のエンジンをかけに外に出て行った後、慌てて戻ってきた。

「びっくりした!!ムースがいる!車のすぐ側。」






ムースぐらい、近所でよく見かける。
私達はもう慣れてるけど、やっぱりジョージア州から来たウェイドはびっくりするよね。



そう思いながら、一緒に外に出てみると...。

a0088116_14451939.jpg


うわっ。びっくりした!



暗闇の中に、8つの光る目!!



4頭もムースが座ってるよ。
これは、私でもビビるわ。


30分後に子供達を学校に連れて行く時も、まだムースはそこにいた。

a0088116_1435699.jpg


a0088116_14273217.jpg


ちなみに右の白い車のすぐ前、つまりムースのすぐ側にリーガンは車を停めていた。
そんなに近くにある車を動かしても、ムースは逃げなかったんだ!
リーガンとウェイドが、恐る恐る車をスタートさせたのが目に浮かぶよ。



子供をおくって帰ってくると、座っているムースは2頭になっていた。

他の2頭は朝食タイム。凍っている木を齧っていた。

a0088116_14303698.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2008-11-19 14:47 | アラスカでびっくり
ドーナツ マシン
a0088116_5232278.jpg

リーガンが「自分の誕生日プレゼントに」と買ってきた物。
それは、ミニドーナツ マシーン。

材料を入れると、勝手にドーナツを作ってくれるスグレモノなんだとか。


確か似たような機械を、この夏ファーマーズマーケットで見たぞ。
小さいドーナツがどんどん出来て、それを袋に入れて売っていた。
ドーナツが自動で出来ていく行程を見るのが面白かったし、揚げたて熱々がとても美味しかった。





だけどこれって、普通の家庭にいる物!?


そんな私の疑問はともかく、真剣に説明書を読んで材料を揃えるリーガン。
ちなみに小麦粉、砂糖、ベーキングソーダー、バターミルクなどが必要だそうだ。

a0088116_5305643.jpg


父と息子でクッキングタイム!
材料を量って混ぜて、機械に投入。



すると機械が、生地を絞ってドーナツの形をちゃんと作る。

a0088116_5341775.jpg


機械の中の油の上を、ドーナツがベルトコンベヤーに乗ってゆっくり移動。

a0088116_5395770.jpg


そして、受け皿にぽいっと落とされる。

a0088116_5411739.jpg


美味しいドーナツの出来上がり!

a0088116_5415911.jpg


見ていると楽しい。
でも難点が一つ。

それは、時間がかかり過ぎる事。



この小さな1つのドーナツが出来るまで、1分以上要する。
ドーナツがゆーっくりと油の中を動くのを、みんなでじーーっと見詰めて待つ。

そして、ぽとっと落ちると、誰がそれを食べるかの競争。
食べてなくなるのは、一瞬。



我慢比べ?
じれったいって。





ま、みんな楽しそうだから、いいけどね。
パーティーとかには、使えるかな?
一日中、電源を付けとかなければダメかな。



ちなみにその日の外は、超低温。
木がこんなに凍っている日だった。

a0088116_5552947.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2008-11-11 05:55 | 日常のヒトコマ
リーガンの誕生日
a0088116_3444427.jpg

11月3日は、リーガンの誕生日だった。

私の誕生日の時は、いつもサプライズを用意してくれるリーガン。
何か考えなくては...。



とりあえず子供達と相談し、クラフトショップに行った。心のこもった手作りの物をプレゼントしたい。
ムサシとアラシが材料を選び、リーガンが家にいない時間にコツコツと工作に励む。


そして出来た、誕生日セット。
ジャーン!
a0088116_4294750.jpg

家族写真が入ったボックス、アラシが塗った44と木のケーキ。
そして、ムサシが作った紙模型。

チョコレートケーキと、AC/DCセット、そして日本の両親から届いたプレゼントもテーブルにセッティング。


これが、ムサシからのプレゼント。
a0088116_434190.jpg
「オーロラをバックに走るリーガンの車」



最近リーガンが、車を買った。(この話もまた別に書かなければ。ちなみに、普通の車ではない。)

それをコピー用紙を使い、切って貼って模型を作った。車の中を開けると、ハンドルやシートもちゃんとついている。

車が向かっている先は、ホテルらしい。もちろん、部屋の中も作ってある。

後ろの赤や青の帯が、オーロラだ。
ムサシの目には、オーロラもこんな風に見えるのね。



このテーブルの上を見た瞬間、リーガンは飛び跳ねて喜んでくれた。
やった!


私が初めて作ったチョコレートケーキ。
リーガンがローソクを消そうと息を吹きかけたら、こんな事に...。

a0088116_4513847.jpg

ココアの砂嵐!?

それとも

飴食い競争?




そこら中、ココアの粉だらけ。
あーあ。
このケーキにローソクを立てたのが間違いだった。

a0088116_448744.jpg

その日、リーガンの中学時代の親友がアトランタからやって来て、一緒にお祝い。
2人が知り合った、パナマでの思い出話に花が咲く。
昔の友達に会えた事も、リーガンには嬉しいプレゼントだった。


1日遅れて届いたもう1つのプレゼントは、リーガンが最も欲しかった物。
a0088116_4534849.jpg


それは、航空写真家のJeanさんに撮影して頂いたタイガーモス写真。

専門の会社に頼んで、印刷してもらった。
ずっと欲しかった物が、やっと注文出来た。

そしてなんと、Jeanさんが一枚プレゼントしてくれたのだ。
Jeanさん&Kanokoさん、ホントにありがとうございます!


リーガンが喜んでくれて、家族みんなが嬉しかった。
誕生日作戦、成功!
[PR]
by shs_merumo | 2008-11-08 05:27 | 日常のヒトコマ
ハロウィン2008
a0088116_15492226.jpg

今年のハロウィンは金曜日。
その日は子供達の学校がたまたま休みになり、リーガンの仕事も偶然にお休みだった。





これは夜だけではなく、昼間も何かしろって事か。


という事で、3時頃から動き出したメルモファミリー。
今日を楽しみにしていたムサシは、すぐにAC/DCのアンガス・ヤングの衣装を身に着け、ギターの用意をした。アラシは夜まで衣装は着たくないらしい。
一行はまず、リーガンのオフィスへと向かった。



オフィスの前に到着。
中に入るには、フロントで受付のお姉さんに鍵を開けてもらわないといけない。


リーガンはお姉さんに、
「ヤング・アンガス・ヤング!」
とだけ告る。
そして、頭を振りながらギターを弾くムサシが登場!


お姉さんは、笑いながら鍵を開けてくれた。




オフィスに入り、一心不乱にギターを弾くヤング アンガス・ヤング。そしてミニアンプを持ち、見守る父。

a0088116_155447100.jpg


同僚の人達が、ムサシの周りに集まってくる。
『サンダーストラック』の前奏が始まると、
「Oye!Oye!」
とかけ声を入れてくれた。


AC/DCと書いてあるニット帽を被っている私は「グルーピー?」と聞かれる。
そして演奏が終わると、逃げるようにオフィスを去る家族。






な、なんなんだ。


ゲリラライブか?







突然現れて、あっという間に去る。それがミソ。
...これ、楽しいかも。


エレベーターで一階まで降りると、入り口でドアを開けてくれたジェントルマンがいた。それは、ケーブマン!

a0088116_15581013.jpg


CMで有名になった、このキャラクター。アメリカに住んでいれば、誰でも知っているはず。
手の甲の毛まであるぞ。
何とも素敵。




その後もゲリラライブ作戦を続行する家族。
ギターショップに行き、いきなり演奏。

a0088116_15594631.jpg


そして、みんながびっくりして見ている間に、さっと退去。



後ろから、


...だれ?
今の、なに?



という声が、聞こえてきそう。



そんな事はおかまいなく、バーでもアイリッシュパブでも、突然入って演奏して消える。

あっと言う間の出来事。
「ドラ」の姿をしたお姉さんが、びっくりして見詰めていた。


a0088116_161186.jpg


ダウンタウンを回った後は車に乗り、次はどこに行こうかと話し合っていた。
車の中では、FMのラジオがかかっていた。
いつも聞いてる『クラシック ロック』のラジオ局。このDJのクラッシュが、いい声をしてるのだ。
特徴的な渋い声。そして選曲もいい。


「そうだ、クラッシュに会いに行こう!」
誰かが言い、ラジオ局へと行く事に。
ラジオ局の場所は定かではなかったが、
「窓から、ウォールマートの駐車場が見える」
と放送で言っていた。そこから推理をした場所が、ビンゴ!
小さい町は、分かりやすい!




ラジオ局の受付の女性の前で、ムサシがギターを弾いた。
するとなんと、その女性がクラッシュを連れてきてくれた。

a0088116_1644139.jpg


うわっ、この人がクラッシュ!?


いつもラジオを聞いてるので、感動。
もっとごっつい人かと思っていた。









って言うか、こんなに簡単に会えていいの?


しかもオンエアー中だと言うのに。




さっきまで私達、車の中でコノ人のラジオを聞いてたよ。




クラッシュの前で物怖じもせず、AC/DCの曲を弾くムサシ。
クラッシュは喜んでくれたようで、次に会う約束もした。


a0088116_1684678.jpg


その後は、モールを練り歩きながらギターを弾くムサシ。
アラシも死神衣装に着替え、後に続く。


みんなびっくり振り返り、かなりの注目を浴びていた。

店の人が呼びにくるので、店の中でもギターを弾く。
店主が喜んで、キャンディーをたくさんくれた。

a0088116_16251380.jpg


歩いていたドラキュラ伯爵も立ち止まり、ムサシにリクエスト。
立ち止まって、たくさん弾いた。



充分演奏して満足してから、一旦家に帰り、トリック オア トリートに行く準備をした。




日が落ちて、外はかなりの寒さだ。
ハンパでない、この寒さ。



なんと、マイナス10℃!



寒すぎて、雪も降らないぞ。





この寒さの中で半ズボン、生足ではどうかと思うので、スノーモービル用の下着を着させた。
冷たくても手袋はせず、ギターを弾きたいと言う。
いつでも車の中で温まれるよう、私は車で後ろからついていく事にした。




ポケットにミニアンプを持ったリーガンと、ムサシとアラシが家をノックして歩く。
死神を引き連れたアンガスが、玄関先で弾く曲は 『Hells Bells』





不吉すぎて、すみません。






それでもほとんどの人が、
「Thank you for music!」
と喜んでくれて、キャンディーもたくさんくれた。
夜は2時間も、頑張った。


収穫したキャンディーは、こんなに。

a0088116_16423419.jpg


2人とも大満足のハロウィンだった。
[PR]
by shs_merumo | 2008-11-02 16:33 | 日常のヒトコマ