<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
クロウ・クリーク キャンプ
a0088116_3524143.jpg

去年はあんなにキャンプばかりしていたのに、今年の夏は忙しかったり天候が悪かったりして、まだ一回しかキャンプに行けてない私達。


キャンプが足りない!かなり欲求不満だ!!



それはリーガンも同じだったらしく、
「週末は絶対キャンプに行く!雨が降っても槍が降っても、どうしてもキャンプに行きたい!!」
と高々に宣言。

そして金曜日に仕事が終わるとすぐ買い物に行き、トレイルミールを作りバックバックに荷物を詰めた。
土曜日の朝に出発。
やった、家族でキャンプだ!



場所はクロウ・クリーク。
アンカレッジから南に走り、ガードウッドの先にある山。
運良く天気も悪くはない。多少、小雨が降っていたが、レインコートを着て出発。


大きな荷物を背負って緑の中に入ると、本当に気持ちがいい。
あ〜、ここに来たかったんだよな、と実感。
すれ違う人達もみんな笑顔で、挨拶や冗談を言い合い、とても清々しい気分になる。



道にはサーモンベリーがたくさん成っていた。ムサシもアラシも競い合ってサーモンベリーを採り、私に食べてと持ってくる。

a0088116_402569.jpg

そんなにいっぱいは欲しくないのに、
「ママのために採ったんだよ。」
と笑顔で言われると、嬉しい顔で食べなければと使命感に燃える。

「美味しいよ!」
とたくさん食べた。酸っぱいのも一生懸命食べた。
子供達はそれで満足。

a0088116_4132417.jpg

いっぱい歩いた後に、ランチ休憩。
お店で買ってきたサンドイッチを食べる。

外で食べると、何でも美味しい!
ただの水だって、美味しい。

a0088116_414672.jpg

そしてまた、歩き出す。
ゴールはまだまだ。ガンバレ。


この、自然の作った色に感動する。
どうしてこんな美しい緑なのかな。所々に混ざった茶色や赤も、またいい具合。
眩しい緑って、こんな色かも。

a0088116_415127.jpg

どんどん登って行くと、途中で赤茶色の大きな物体を発見!

あれは何だ?

a0088116_6152511.jpg

大砲か?
と子供達は言っていたけど、これは昔あった金鉱の跡。
ここで人は、金を探していた。
あちこちに、当時の道具が落ちている。


こんな重そうな物、いったいどうやってここまで運んだのだろう?
そして寒いアラスカの山の中で、どうやって生活してたんだろうか。
謎は深まる。



...が、今ではアラシの恰好の遊び場と化す。
a0088116_6155760.jpg


a0088116_775672.jpg


子供達が、この場をとても気に入ってずっと遊んでいた。想像力を掻き立てる何かがこの場にあるようだ。


そこで、ここにテントを張る事に決めた。
テントを張り、落ちてる枝を集めてキャンプファイヤーの準備。
そしてまた、上を目指す。
今度は荷物がないので、歩くのは随分楽だった。


ずっと登って行くと、滝の所に白い動物を発見!
あれは何だ?
こちらをじっと見ている。

a0088116_6172162.jpg

これは山に住んでいる、マウンテンゴート。

もっと上の方でも発見。
私達が近づいて行っても、全く動ぜず、ゆったりと佇んでいる。

山では、人間達がお客さん。
動物達の住処なんだから、人間の方が遠慮しなければ。

a0088116_63443.jpg

その側で、マーモットも発見!

ごそごそと動く後ろ姿が可愛かった。
a0088116_6325247.jpg

山の頂上は、こんな景色が広がっていた。

実際見ると、おお〜と驚くような景色。色も深いな。
エメラルドグリーンの湖が、また綺麗。

a0088116_6353232.jpg

氷河も発見。
次々と、驚きがある。

キャンプの面白い所は、いったい次に何が現れるかか分からない所だと思う。
色んな驚きがあって、自然は本当に面白い!
a0088116_6361925.jpg

キャンプ地に戻り、キャンプファイヤーを作った。
マグネシウム ファイヤースターターで火を点ける。
親子で共同作業。

夕食を食べて、マシュマロを焼く。
マシュマロを焼くだけで、どうしてこんなに美味しいの?
油断をすると、すぐ火が点いて黒く焦げるので、誰が一番こんがりと美味しそうに焼けるか競争。
一番は、もちろん私!
a0088116_6364451.jpg


翌朝。
テントから出て一番に見た景色も、素晴らしく美しかった。

ああ。これで満足、満足。
a0088116_6371159.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2008-08-27 07:24 | アウトドアの楽しみ方
訪問客
a0088116_1483129.jpg

ダッチハーバーに住む義弟ドーソンが、家族と友人と共にやって来た。
彼らは、コルドバという所で1週間のキャンプをした帰り。


コルドバには道がないので、飛行機かフェリーで行かなければいけない場所。
すぐ近くの氷河を見たり、サーモンベリーを摘んだりブラックベアを見たり。ブッシュブレーンに乗って無人島に行き、サーモン釣りやサーフィンをして過ごす毎日。

今年の夏はキャンプが全然足りてない私には、聞けば聞く程羨ましい話。
次回は一緒に付いて行きたい!

a0088116_220143.jpg


ドーソンの長年の友人のエル&ジャスティンには、1週間前に初めて会った。

サンディエゴに住んでいる彼らは、一緒にキャンプに行った他の6人より一足先にアンカレッジに到着。夜中の3時にアンカレッジに着くので、鍵を空けておいてとドーソンに言われていたのだ。
朝起きたら、リビングに爽やかな2人がいた。

ちなみにドーソンは、こうやって次々と友人をウチに送り込んでくる。ドーソンの友達って、みんなアウトドア好きで面白い人達ばかりなのだが、彼らはその中でもトビキリいい人達だった。

a0088116_2312713.jpg

この2人は去年、仕事を休んで半年間色んな国にバックパッカーとして回った。
訪ねたのは、アフリカやアジアの国々約60カ国。
その様子はこちらのブログで。『International Bowling Stars』

旅の豊富な経験が、その大らかな優しい人格を作っているのか、とっても魅力的なカップルだった。


a0088116_2502880.jpg

甥のレボルーは更に更に可愛くなっていた。
たくさん言葉が話せるようになっていて、驚く。私の名前を呼んで抱きつくので、愛おしさが更に倍。


このレボルー、ファーストネームはパキソンという。
でもみんな、彼の事を好きなニックネームでまちまちに呼ぶ。

特に両親であるドーソンとジェネビーなんか酷い。「ミスター」とか「ブッダ(仏陀)」とか、なぜかそんな風に呼ぶ。



食事中に私の使う箸が珍しいらしく、レボルーは私にこう訴えた。

「ブッダズ チョップスティックス!(仏陀の箸!)

そして、箸が欲しいような仕草を示す。





ブッダ?
も、もしかして、自分の名前はブッダだと思っている?


ドーソンよ、それでいいんかい?



そのブッダ君、12月にはお兄ちゃんになる予定。出産は、アンカレッジでするそうだ。
昨日は検診に一緒に行き、3Dの超音波写真で赤ちゃんの顔を見た。性別も男の子と判明!
そうか、もうすぐ小ドーソン2号に会えるのか。今からとっても楽しみ♪
[PR]
by shs_merumo | 2008-08-20 03:45 | 日常のヒトコマ
エクルートナ湖探検
a0088116_1455470.jpg

先週末、いいお天気だったのでエクルートナ湖にハイキングに出かけた。
この前ここにアンディと来てとても綺麗な所だったので、リーガンを連れてきたかったのだ。


エクルートナ湖は、アンカレッジから北へ30分くらいで行ける。
湖の周りは、ピクニックをする家族連れで賑わっていた。



美しい景色を見て、ここでの〜んびりとするのも楽しい。
しかし私達はリーガンファミリー!
さぁ探検に行こう。


みんなが行かないような、険しい道の方へと歩き出した。

a0088116_1522880.jpg

途中で雨が降って林の中で雨宿りしながら、ぬかるんだ道も道のないブッシュの中も、どんどんどんどん歩いて行った。

緑の中で、木の中のアリやアラスカでは珍しい蛙などを観察。

a0088116_2243246.jpg

自然の中では、面白い物をたくさん発見出来る。
変わった形の木の枝や石など、子供達はここで宝物をたくさん見付けた。


さらに前に進んでいると、リーガン隊長が突然立ち止まる。
何かを発見したようだ。


岩の上にいたのは、こんなちっちゃな動物。
a0088116_2252120.jpg


この小動物は、岩の上をちょこちょこ走り回って私達の様子を見ていた。


か、可愛い〜!!
いったいこれは何?




ちょこちょこ動き回る、その様子がとても愛らしい。
上空に飛行機の音がすると、空をじっと見上げたりしている。




「可愛すぎる!家に連れて帰りたい。」
と言う子供達に、リーガンが笑顔で言った。

「このポップアップ君は(勝手に名前をつけてるし。)、ここでの生活がパーフェクトに幸せなんだよ。僕達の方がまたここに、会いに来ようね。」

a0088116_2422698.jpg

探検が終わって帰り道、湖の近くのアイスクリーム屋さんに寄った。

素晴らしいロケーション。
エクルートナ湖に行った人達は皆ここに寄るようで、大繁盛していた。

緑の中で食べる、アラスカベリーとデナリチョコレートのアイスクリーム。
とても美味しかった。

a0088116_2451813.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2008-08-14 02:51 | アウトドアの楽しみ方
ハンピーズ ナイト
a0088116_1671587.jpg

久しぶりに、Humpy'sにムサシがギターを弾きに行った。

夜の8時頃にギターを抱えてお店に行くと、入り口で、
「この子がギターを弾くの?」
と声をかけられる。


弾くよと言うと、
「わぉ。もう帰ろうかと思ってたけど、じゃあもう少し見ていくよ。」
と笑顔のお兄さん。


ハウスバンドがノリのいい曲を演奏しているのを聴きながら、緊張して出番を待つ。
そして、

「9歳のギター少年、ムサシ!」
と派手に紹介され、ムサシ登場。



観光客も入って、店はほぼ満席。たくさんの観客の中、ムサシは思ったよりも落ち着いてギターを弾き始めた。












お客さんは優しく、大盛り上がり。

ギターが終わってからも、たくさんの人に声をかけられ、握手を求められた。
入り口にいたお兄さんも、
「すごくよかった!」
とまた笑顔。
楽しい夜だった。


a0088116_16402080.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2008-08-11 16:49 | ロックスターへの道
アンディが来た!
a0088116_674727.jpg

シアトルに住んでいる親友のアンディが遊びに来た。

アンディはこの9月に医療ボランティアとしてインドに行く予定で、その前に私に会いに来てくれたのだ。忙しい彼女がアラスカに居られる時間は3日間。
その間に、色んな所に連れて行かなければ。


まずは観光客で賑わうダウンタウンに行き、パイレーツ風レストランでキウイレモネードとワインで乾杯。
a0088116_6114335.jpg


そしてスワード方面に行こうと車を南に走らせるが、事故か何かでハイウェイは通行止めになっていた。

アンカレッジから出ているハイウェイは2つだけ。北に行くグレンハイウェイと南のスワードハイウェイ。
南がダメなら北に行くしかない。



「ドライブ時間を短くして、早くハイキングしたい。」
とアンディが言うので、アンカレッジから30分で行けるエクルートナに行き先を急遽変更!


エクルートナの1つ手前のサンダーバード滝でハイウェイを降りた。
緑が眩しいハイキングコース。
a0088116_6201499.jpg


サンダーバード滝もとても綺麗だった。

a0088116_6214011.jpg


そこからすぐの、エクルートナ湖へ。

ここは綺麗な場所だとよく聞いてはいたけれど、初めて行ってみて、この色の美しさに感動。

a0088116_6233825.jpg


の〜んびりと、アラスカの景色の中で過ごす。

a0088116_6245980.jpg


そしてまたアンカレッジに戻り、今度はフラットトップ・マウンテンに登った。
この山の麓にはブルーベリー摘みによく来るけど、上に登ったのは実は2回目。
約4.8kmの急な登り坂。結構、大変。
a0088116_6352518.jpg


山の上は強い風が吹いていた。
面白い写真が撮れて、大笑い。
アラシー飛ばされないで〜。

a0088116_6362172.jpg


仕事の終わったリーガンがフラットトップに来て合流。今度は南の方へ向かった。
ポーテージ氷河湖を見てから、アリエスカに行く。

アリエスカはスキーリゾートで、夏はそんなに人がいないと思っていたが、観光客がいっぱい。



「ここで子供達と遊んでいるから、アンディとトラムで上に登って、バーで一杯飲んでおいで。」
というリーガンの嬉しい提案に、アンディと2人でトラムに乗る。



上には、まだ雪が!
a0088116_6423143.jpg


山の上のバーは、ほぼ満席。
お洒落ないい雰囲気のバーだった。

a0088116_6425371.jpg

ダーティマティーニとモヒートで乾杯。
前菜のホタテ貝のカシューナッツソース和えとラムのソテーがおつまみ。これがすご〜く美味しかった!
窓から眺める景色も素晴らしく、デートにはお勧めの場所。(お値段は高め)


楽しい気分で、すっかり酔っぱらった夜になった。
(ちなみに写真は、夜の10時頃の風景。明るいけど。)
[PR]
by shs_merumo | 2008-08-09 07:44 | アラスカでびっくり
9歳のストリートミュージシャン
a0088116_1425247.jpg

アンカレッジのダウンタウンの公園に、よくギターを弾きに行っているムサシ。
いつもはリーガンと2人で行くのだが、今日は私も見に行ってみた。




1人で弾いていると、おじさんがギターケースにお金を入れてくれたり

(動画です。風の音がすごいです。演奏はいっぱい間違っているけど、まぁ子供という事で、温かい目で見てやって下さい。)






立ち止まって聞いてくれる人がいたり、


道行く人はとても温かい。



ギャルが来て、ムサシの写真を撮りだした。
a0088116_14224029.jpg



思わず
「わぉ。」
と言ったリーガンにつっこむと、



「い、いや。すごいブーツはいてるなと、びっくりしただけだよ。」







見ていたのは、本当にブーツだけ?


楽しそうに踊りながら弾くムサシ。



それを見てるだけで、面白かった。





一緒に行ったイサオさんが撮ってくれた写真を追加。
これはかっこいい!


a0088116_2383553.jpg



a0088116_239463.jpg



a0088116_245179.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2008-08-03 14:32 | ロックスターへの道