<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
サプライズ!その1
今年もまた、29歳の誕生日を迎えてしまった。



あれはもう、10年も前の話。
その当時日本に住んでいた私達の所へ、リーガンの叔母3人組がアメリカから遊びに来た。
私の実家の方に夕食にご招待。楽しい時間を過ごしていたそんな時、うちの父が1人の叔母に問いかけた。
「あんた、何歳かね?」
女性にとっては、とても失礼な質問だ。




しかし推定50歳の叔母は怯む事もなく、すました顔でこう答えたのだ。
29歳。アメリカでは29歳以上の女性は、みんな29歳でいいの。」








そうなんだ!
アメリカって、なんて便利。



一つのカルチャーショックを覚えた言葉だった。

その時はまだ29歳ではなかった私も、それからアメリカで何回の29歳バースディを迎えた事か。
数えるのも、恐ろしい。





そして今年の私の誕生日。
ちょうどその日に、リーガンはアラスカの田舎ベッソルへ出張に行く事になってしまった。




年に1度の誕生日。その日は特別な人と過ごしたいのに。
なぜ妻の誕生日に出張を入れるのだ、リーガンの上司よ?


リーガンの提案により、2日前の日曜日にバースディを祝う事になった。








年齢のみならず、今年は日にちまでも偽証ですか?


複雑の思いで日曜日を迎えたのだった。



日曜日の朝、アラシが私の寝ているベッドに来た。
「マミー、内緒だけどサプライズがあるよ。」
アラシは昨夜から、「内緒だけどサプライズ」と繰り返し言っている。



それって、サプライズにはならないのでは?


リビングの方では、朝早くから何やら騒がしい。
もうそろそろいい頃かと、8時半頃に起き上がって行ってみた。


リビングは、紙テープと風船で飾り付けられていた。
まずはロックボーイズによる、ギター演奏から始まった。
a0088116_10125757.jpg

ひととおり弾き終わると、リーガンのお手製ケーキと買ってきたティラミスにローソクが立てられる。ちなみにお手製ケーキは大失敗だそうで、写真撮影は禁止された。

ケーキを食べてから、3人からのプレゼント。
新聞紙にラッピングされた、これは何だ!

a0088116_10464931.jpg


ムサシお手製のカードと折り紙付き。

a0088116_1049217.jpg


中身は、私がリクエストしたギターヒーロー!
これ、楽しいんだって。
a0088116_105027.jpg

みんなで盛り上がってやってみたけど、やはりムサシが一番上手かった。
私の方が、ノリノリなのに。
一番好きな曲は、KISSの 「Rock & Roll All Night」
a0088116_10584836.jpg


こんな感じでほのぼのと日曜日は終わり、私の今年の誕生日ももう終わったと思っていた。



ところが。
まだまだ続くのだ、サプライズが。


**サプライズ その2につづく**

[PR]
by shs_merumo | 2008-04-24 11:07 | 日常のヒトコマ
サプライズ! その2
誕生日、当日の朝。
「Happy Birthday!」
と言ったリーガンは、朝5時に起きてベッソルへ行ってしまった。
私はいつものようにネットで飛行機が出たのを確認し、ちょっと寂しい気持ちを味わっていた。


義理ママスースーからは、すでにお祝いメールが届いていた。
いつも優しいスースー、 
Thank you SueSue and Dee!



子供を送り出し、今日は掃除して大福でも作るかと思ったその時、友人のぎんだらぎんさんから電話がかかってきた。
ぎんさんは誕生日に、寿司レストランでのランチに誘ってくれた。

嬉しい!ぎんさんありがとう。


急いで用意していると、また電話がかかってきた。
今度はお友達のつーママさんからだった。

「ちょっと怖いけど、外の車の上にお誕生日のプレゼントを置いてるから。」




な、なにーー?
家まで来たの?何故あがらずに、そのまま帰る!?



つーママさんは、
「外に長時間放置しておくと、マズい物。」

という謎のメッセージを残して、電話を切ってしまった。



外に放置しておくとマズい物....。
分かった!
スモークサーモンだ!!




この前つーママさんの家でごちそうしてもらったキングのスモークサーモン。とっても美味しかったんだよね〜♪


そう思いながら外に出て車を見ると、そこには...

a0088116_11201714.jpg

素敵なお花。


お花には、
「祝★永遠の29歳。」
と書いてあるカードが添えられていた。
ふっ。29歳説、浸透してるよ。


つーママさん!素敵すぎる、惚れるよ。
本当にありがとう!!!



そしてランチに行くとぎんだらぎんさんだけではなく、つゆみさんも来てくれていた。

自称セレブのつゆみさん。ありがとう!!
貴女のお陰で、面白可笑しいランチになりそうだよ。


ぎんさんは、
「面白いプレゼントがあるよ。」
と紙袋を渡してくれた。
その中に入っていたチョコレート。
a0088116_11275087.jpg


全然面白くないじゃん。
素敵なプレゼントじゃん。




それでももっとよく見てと言うぎんさんに、じっとチョコレートを見詰めてみると....。


このチョコ、海苔付いてるよ。

a0088116_11344661.jpg

海苔付きチョコは、トーキョータンゴという名前だった。中に生姜とワサビが入っているらしい。小魚の乗ってるのはブルーベリー入り。
他の2つは、カレー入りチョコとスモークサーモンのトッピング。


不思議なチョコレート、ぎんさんの手作りかとも思われたが、ちゃんと売ってる物らしい。それもアラスカで。



ぎんさん、こんな変な面白いチョコよく見付けたね!





寿司ランチはとても美味しかった。
甘エビのお寿司を注文すると、揚がった頭が付いてくる。
これがとっても美味しいの!
a0088116_12165515.jpg

こんなにたくさん。ニャンタローさんサービスありがとう!

エビの頭を齧っている私とつゆみさんのツーショットは、何度見ても怖くて笑えるけど、つゆみさんに怒られそうなので、ここにアップするのは止めときます。


おいしいランチも終わり、家に帰ると日本から荷物が届いていた。
母おしんからだ!
毎月届く、このおふくろ便。美味しいお米もお菓子もビデオもDVDも、いっぱい詰まっている。今回は、とっても暖かい言葉の誕生日カードと共に。
おしんさん、いつもありがとう!


まだまだサプライズが。
子供達のギター教室から帰ると、義妹のレイニーからお花が届いていた。
これには感激〜。
a0088116_1227101.jpg

Thank you Rani and family!

友人anさんも、手作りビスコッティを持ってきてくれた。すごく美味しい!
anさんありがとー!
掲示板に書き込みしてくれた隠岐のドロンジョ様じゃなくて、かなPさん、嬉しいです。どうもありがとう。
心のこもったメッセージをくれた楽人さんと愛妻さん、ホントにホントにありがとう!!



こんな歳になっても(29歳だけど)、みんなにお祝いしてもらえる、私はなんて幸せ者なんだ。
本当にいい誕生日だったよ。



私は大満足をし、もう一日が終わったもんとすっかりくつろぎ、パジャマまで着ていたその時だった。
ドアのチャイムが鳴った。


**サプライズ その3につづく**

[PR]
by shs_merumo | 2008-04-24 10:07 | 日常のヒトコマ
サプライズ! その3
子供のギター&ドラム教室から帰ってきてメールを見ると、ベッソルに出張に行っているリーガンから届いていた。
「Happy Birthday! 今日はいい日だった?子供のレッスンで忙しかったよね?
家に帰ったら、すぐメールして。電話したいから。今日はいつものホテルじゃない所に泊まっているよ。」

リーガンに返事を出し、私はそのままネットで遊んでいた。


7時頃にチャイムが鳴ったので、アラシが出た。いつものように、近所の子供が外で遊ぼうと呼びにきたのかと思ったのだ。






しかし、そこにいたのは友人ジェイソン。アラシに、
「ママを呼んできて。」
と言っている。


ちょ、ちょっと待って。私パジャマ着てるし。
でもジェイソンだから、まぁいいか。




そのまま行くとジェイソンは私に、「スペシャル デリバリー」と書かれた封筒を差し出した。






...は?



わけも分からず封筒を開けてみると、そこには可愛いお花のカードが。



Life gives beautiful gift.....

...it gave me you.
Happy Birthday


そんなメッセージが書かれたカード。



中にはリーガンの字で書かれた言葉が。


サプライズ!!
ベッソルは待ってくれた。一緒にお祝いがしたい!

さぁディナーに行く時間だよー
イキマショーカ!
Happy Birthday 2008
愛する夫より





ええええーーー???






その時、陰に隠れていたリーガンが現れた。





リーガンっ!!
なんでここにいるの!?


a0088116_1538255.jpg


えーとえーとえーと。
今朝5時に空港へ行ったよね?
昨夜はパッキングもしてたよね??
今、ベッソルにいるはずよね?




どーして???



あまりにも驚いて、座りこんでしまった私。


「どうしたの?もう飲んでるの?」


いやいやいや。
お酒はまだ飲んでないけど、ちょっと、ちょっと。
マジびっくりして腰抜けそうなんですけど。


そんな私に、
「早く用意して。デートに行くから。」
と言うリーガン。

まだ状況をよく把握してないまま、とりあえず着替える私。ジェイソンがベビーシッターしてくれるそうで、そのまま2人で出かけた。




車の中でよく話を聞いてみると、リーガンは出張を翌日に延期してもらったそうだ。そして朝に空港に行くフリをして、今日はずっとアンカレッジのオフィスにいたんだって。





...やられたよ。
いったいいつから計画していたのだ?
毎日私は、誕生日に一緒に過ごせないと文句を言っていたのに。


ディナーは、
「Simon and Seafort's」
で美味しい料理とモヒートを頂いた。
a0088116_16222741.jpg

そう言えばリーガンに、アンカレッジでどこのレストランに一番行きたいか、前に聞かれてここを言った覚えがあるよ。



リーガンと出会ってから11年。サプライズはかなりしてもらったけど、今回も相当驚かされた。
参りました。
リーガンのアイデアは尽きないね。



楽しいデートから帰ってくると、ジェイソンは子供達と真剣にギターヒーローをしていた。
a0088116_1624227.jpg

ちょっと笑えた。


 
**おしまい**
 
[PR]
by shs_merumo | 2008-04-24 09:26 | 日常のヒトコマ
猟奇的な彼女
a0088116_2152055.jpg

日本のみなさん、昨日の夜9時は、TBSドラマ「猟奇的な彼女」見ましたか?
実はあのドラマの中で、私の写真が使われているかもしれないんです。



TBSの方からメールをもらったのが、去年の12月の事。
「海洋生物学の講師役の草なぎくんの部屋に飾る、動物の写真を送って欲しい。」
という事でした。




私が撮った写真が、草なぎくんのお部屋に??



こ、これは面白い!
嬉しいじゃないの。
分かった、草なぎくん。待っててねー☆




私は、自分と弟がアラスカで撮った写真を、ADのIさんにメールで送ったのでした。





するとIさんからは、
「すごくいい!どんどん送って!!」
という反応が。
喜ばれると、嬉しいじゃない。それならせっせと送りますよ。



調子に乗り、持ってる写真をIさんにどんどん送りました。
印刷して使うという事だったので、写真のサイズは小さくしないで、なるべく大きな重たい写真。


3000KBもある写真が添付されているメールを、Iさんに何通も送り続ける私。お返事がくる前に、次から次へと。
そしてはっと気が付きました。





 
...これってウィルスメールを送りつける、迷惑野郎状態なのでは!?






自分を落ち着かせ、
「ウィルス送る迷惑なヤツの気分になってきたので、これで終わります。」
とIさんにメールしました。



するとIさんからのお返事が。





「迷惑なやつ」なんてとんでもない。
私にとっては、「サンタクロース」みたいです☆★




ちょうどその時、クリスマス2日前。
Iさん、面白い!





という、こんなエピソードがあったわけなんですが、それっきりTBSの方からはウンともスンとも言ってこない。
まぁ、過去からの経験上、TVってそういうもんだと分かってるけど、私の写真は使われたの?ねー、どうなの?






ねぇ草なぎくん、教えてよ。



このドラマを昨夜ちらっと見た弟からは、
「氷の上に乗るアザラシの写真が見えたような...。」
と曖昧なメールがきました。アラスカにいる私には、自分ですぐ確かめる術もない。

日本にいる優しいみなさん、日曜9時に「猟奇的な彼女」を見たら、どうか目をじっくり凝らし、アラスカで撮られたっぽい写真を探してみて下さいne。
[PR]
by shs_merumo | 2008-04-21 03:25
ムサシのアンカレッジデビュー!
a0088116_1523051.jpg

今日は、ムサシがアンカレッジのレストランで観客を前に初めてギターを演奏した『デビューの日』だった。



すごいでしょ?


いや本当はすごくない。
オープンマイクと言って自分のギターさえ持ってくれば、誰でもみんなの前で演奏出来るのだ。
人前でギターを弾く楽しみを知ってしまったムサシは、今日をとても楽しみに毎日練習していた。



場所は、アンカレッジのダウンタウンにある美味しいグリル&バー「Humpy's」。個性的な鮭のイラストが目印。





7時過ぎに行ってみると、友人のぎんだらぎんさん家族がすでにいた。4歳の息子ちゃん(バンドメンバー候補)も一緒。
わざわざみんなで、ムサシを見に来てくれたのだ。
ぎんだらぎんさん、どうもありがとー!




Humpy'sに着いてから、何だかすごく緊張してきた。

こんな所で、こんだけの人の前で、ムサシが弾くのか。



おお〜。震えてくるって...。

横を見れば、リーガンも私と同じ様子だった。笑顔も消え、やたら真剣にムサシに話しかけている。

ムサシだけが、普通だった。






父ちゃん母ちゃん、ちょっとは落ち着けって。


a0088116_1612522.jpg


7時半ぐらいに、レストランのハウスバンドが演奏を始める。
とても軽快な音楽。
若いバンドだけど、エレアコを弾いていた人だけ年上のおじさんだった。
おじさん、ギターめちゃ巧い!


そのバンドの演奏が終わると、ギター兄ちゃんの司会でオープンマイクが始まった。
a0088116_16361547.jpg

最初の女の子は、自分で作った曲を3曲披露していた。
とっても上手だ。



そしていよいよムサシの名前が呼ばれる。

「今夜だけの特別ライブ!ムサシ8歳!!」
司会の兄ちゃんに盛り上げられ、ムサシがステージに立つ。
見ている観客も、多いに盛り上げてくれる。




音を出してみてから、最初にムサシは司会の兄ちゃんにインタビューされていた。


日本から来たとか今はアラスカに住んでいるだとか、そんな話をしている間も、私はノロノロとまだ演奏のための機械の準備。
すると兄ちゃん、急に私に話をふる。



「君のママの名前はなんだ?」
「ナミ。」
「え、マミー!?マミー イエーイ!






なんだ?イエーイ!

突然注目を浴びるワタクシ。
嫌いではないんだけどね。


そして、いよいよ演奏開始。
a0088116_16392721.jpg

まずはこの前のタレントショーでも弾いた、ベンチャーズのダイヤモンドヘッドを弾いた。
これは私は緊張で、見てたけれども何も覚えていない。
でもまぁ、弾けたんじゃない?



そして2曲目は、かっこいいフレーズだけを弾く、クラシックロックメドレー。
こちらの方が、盛り上がりは良かった。


弾いたメドレーの曲
You Shook Me All Night Long (AC/DC)
Smoke On The Water (Deep Purple)
Sunshine of Your Love (Cream)
Back In Black (AC/DC)
Iron Man (Black Sabbath)
Black Night (Deep Purple)
(I Can't Get No)Satisfaction (Rolling Stones)



大人の演奏は、上手でもみんな聞いてくれないのに、ムサシの時はみんなが温かい目で優しく注目してくれる。
そして、大げさに褒めてくれる。






子供って、とっても得だ!




とても残念なお知らせ。
今回は動画を貼る予定だったのに、リーガンが撮影を大失敗。
全く動画がないです。
次回にこうご期待!




ムサシの演奏が終わった後、ハウスバンドのあのギターの巧いおじさんが、私達の席までやって来た。

その人の名はダンと言った。
ダンはクールに話し始めた。



俺も、親父がギターを教えてくれて、子供の頃から弾いているんだ。
その親父も、俺が9歳の時に死んでしまった。
俺は代わりに親父のバンドに入り、ギターを弾き出したのさ。
あれからもう、随分長い時間が経ってしまった。

ムサシは上手に弾けていた。これからが楽しみだ。
ギターで分からない事があったら、何でも俺に聞いてくれ。


そう言うとダンは、ムサシにビジネスカードをくれたのだった。








か、かっこよすぎる!

映画なら、その後主人公はダンにギターを習い始め、挫折をしながらもロックスターになるはずだ。そうに違いない。




そんなチャンスもある、サンデーナイト。
アンカレッジの人、日曜の夜7時から9時はぜひHumpy'sでチャレンジして欲しい。
きっとあなたも明日のスターだ!
[PR]
by shs_merumo | 2008-04-07 18:12 | ロックスターへの道