<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
サンタの苦労☆
a0088116_1144113.jpg

今年のクリスマス。
ムサシとアラシがサンタさんにお願いしたかった物、それは、


ニンテンドーWii




これならみんなで遊べるし、体を動かしてゲームも出来る。
私も欲しい、リーガンも欲しい。
よし決定。ウィーにしよう!




物は簡単に決まった。
しかし、だ。

そのWiiをお店で探してみると、これがどこの店にもない物だった。
1ヶ月前から探し始め、リーガンは出張中にテキサスのお店も回ったと言うのに、Wii本体が全然売ってない。

「来週は入荷してるよ。」
「明日来ればあるかも。」

どの店員も調子のよい事を言うものの、その明日が来ても来週になっても、どこにも品物は入ってこない。
ない、ない。どこにもない。






サンタさん、いったいどこにウィーがあるの?



親サンタは、ヒジョーに困っていた。
結局、本体は買えないままにゲームソフトや付属品を買っていたリーガン。
クリスマスの2日前になっても手に入らず、とうとう苦し紛れにあるお店で1月中旬にWii本体が手に入る予約カードなるものを購入したそうだ。



・・・予約カードって。

実際の品物ではなく、予約カードをツリーの下に置くつもりか!?







そんなサンタって、ありか??




そんな状況の中、クリスマスイブの日にきすかさんから電話がかかってきた。

「実はね、今日の朝8時にピアがお店に行ったら、Wiiが4台入ってきたんだって。」








ええええっーーーーーー!
こんな所にあったのか!





「それでね、最後の一つをメルモ家のために、ピアが買ったんだって。」





うわっ、マジですかーーー!?
ス・バ・ラ・シ・イぃぃぃ~~!!





天の助けとは、この事か?
きすか家にはすでにWiiがあると言うのに、ウチのためにちゃんと見付けてくれるとは。そして迷わずすぐに買っておいてくれるとは。



ピアさん最高!
きすかさんも最高!!





こうやってようやく、リーガンサンタは子供達のプレゼントを手に入れたのだった。
そしてイブの夜、ムサシとアラシはサンタさんにお手紙を書いていた。
a0088116_1491246.jpg

       
        サンタさん、みんなにプレゼントを配ってくれてありがとう。
        僕は今年、いい子にしてました。
        プレゼントの第一希望はWiiです。
        でももしWiiがなかったら、第二希望のコンピューターゲームでもいいです。






あまりのWii不足に、ムサシもサンタに気を遣っているのか?
サンタさんもきっと、Wiiが足りなくて困ってるハズだ。






期待を膨らませてベッドに入る子供達。
リーガンサンタが1人で用意すると言うので、私もそのまま就寝した。





そして朝。
クリスマスの日。



「わぁ!サンタ来てるよ!Wiiだよ!!」

ムサシの叫び声に起こされ、リビングルームに行ってみると、ちゃんとサンタが来ていた。
a0088116_1435476.jpg

外のベランダの雪の上には、トナカイの足跡が。
a0088116_14354390.jpg

そして、サンタからのお返事のお手紙の横で、ムサシが作ったトナカイさんが、ミルクを飲んでいた。
a0088116_14361464.jpg

手紙にはこう書いてあった。
   

       君達は冒険にすごくタフだったから、特別にエルフにWiiを作らせたよ。
       



...そうだったんですか、サンタさん。





そしてホットチョコレートを飲みながら、1人ずつプレゼントを開ける楽しい時間。
今年も両親や兄弟から、たくさんプレゼントが贈られてきていた。


みんな工夫を凝らし、色々と面白い物を贈ってくれた。
日本のじぃじ、ばぁばから子供達に贈られた、トランスフォーマーの玩具はすごい。
誰が考えたんだ。作ってみて感動した。

義妹のレイニーからのプレゼント。これはいったい何でしょう?
a0088116_1502370.jpg

答えは、車に積もった雪を取り除く道具。
雪国では、必要な物。
私はリーガンから香水を、ムサシ&アラシから星野道夫さんの写真集をもらった。


そしてみんなでWiiタイム!
こんなキャラクターも、自分で作れる。
a0088116_1545380.jpg

このメンバー、右前からムサシ・ジェネビー・ドーソン・アラシ。後ろ右からレボルー・リーガン・私。

この私は、自分でも似てると思うが、美化し過ぎ?
リーガンは、自分の姿に不満足だそう。
そうか?作り直しか?


このキャラクターを使ってボウリング大会。
何度見ても笑えるリーガンの姿。
a0088116_1514395.jpg

いつも笑顔のリーガンの、まじめな顔を見た事がないと言った人達、これがリーガンのシリアス顔です。

ムサシもボーリング。
a0088116_15151592.jpg

アラシもボーリング。
a0088116_151601.jpg

並べてみると、なんか笑える。
しばらくこれで、遊べそう。




サンタさん(きすか&ピアサンタさんも!)、
どうもありがとう!

[PR]
by shs_merumo | 2007-12-26 15:27 | 日常のヒトコマ
手作りプレゼント
a0088116_11236.jpg

友人のぎんだらぎんさんが、素敵なクリスマスプレゼントを作ってくれた。
チョコレートで作った、ねずみのメルモファミリー。

可愛い〜。
すっごく嬉しい!
私のために作ってくれた、その心も大切に受け取ります。


「分かった!来年がねずみ年だからだ。」
と言った私に

「ねずみ年なの?」
と、逆にびっくりしたぎんだらぎんさん。
...違ったか。
でもどうもありがとう。


もう一つ。ムサシが、
「ママにプレゼントを作る。」
と言って、紙で作ってくれた物。

これは何でしょう?
a0088116_117980.jpg


答えは、「チャーリー・ユーコン川下り」紙模型。


2つのテントの横にはキャンプファイヤー。周りに座れるように、石も置いてある。
そして青いラフトとイサオさんのカヌー。
向かいの山には、あの時見付けた洞穴が。

子供の心には、こんな風にあの体験が残っているんだと、ちょっと感動した。
[PR]
by shs_merumo | 2007-12-18 11:16 | 日常のヒトコマ
ダラスとトルコ
a0088116_10301061.jpg

久しぶりの更新。
家族は旅行に行ってました。

と言っても、私と子供達は留守番組。
リーガンはテキサス出張に便乗して、自分の愛機と元同僚に会いにダラスへ。



リーガンの愛機とは、上の黄色い飛行機の事。
タイガーモスのレプリカ。玩具のようだけど、これちゃんと飛ぶんです。
1年半ぶりに触り、綺麗に洗ってダラスの空を自由に飛ぶ。
リーガン大満足!


ちなみに、同じ飛行場の格納庫に置いてある友達の飛行機はこちら。
a0088116_1033333.jpg

豪華プライベートジェット。

格が全然違うなぁ。
でもリーガンは、この屋根のない飛行機がいいんだって。



そして、義弟のドーソン一家がまた遊びに来てくれた。
a0088116_1040459.jpg

甥のレボルーが、またまた可愛くなっている!
この前会った時は初めて歩いた日だったのに、今ではもう、走り回るレボルー。


ドーソン一家、トルコへ旅行に行った後にウチに寄ってくれたのでした。


なぜに、トルコ?
しかも、来る日までトルコに行ってた事知らなかったし。
彼らの面白トルコ旅行記は、ドーソン&ジェネビーのブログに載ってます。(英文)


時差ぼけも何のその。
従兄弟達と激しく遊ぶレボルー。
a0088116_10443567.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2007-12-18 10:51 | 日常のヒトコマ
フェアバンクス旅行2 〜心も身体もあったか編〜
a0088116_16114044.jpg

翌朝。
ムサシとアラシは起きてすぐ、パジャマのままでまたワイワイと子供達と遊んでいた。

私はリーガンと地階でのんびりしていたら、オーナーの奥さんベルマが、
「コーヒーでも一緒に飲まない?」
と誘いに来てくれた。



1階のキッチンで、コーヒーを頂きながら、ベルマとおしゃべり。
まずは、昨夜のオーロラに感動した事を告げる。

するとベルマは、
「ラッキーだったわね。最近はずっと曇ってて、昨夜久しぶりにオーロラが見られた日だったのよ。」
と言った。


おお。なんと幸運な。




それから、ベルマがとても興味深い話を次々としてくれた。
ベルマは、アラスカの西の方の島で育ったエスキモー。
エスキモーの文化や生活の話、旦那さんと知り合ってから結婚するまでの話、村を出て、文明社会で初めて車を運転した話など。



エスキモーの村の事なのに、話を聞けば聞く程、なんだかそれは日本の田舎の文化によく似ている。



これは、うちの田舎の事か?
そんな、親近感沸きまくりエピソードがたくさんあった。



エスキモーのベルマが白人の旦那さんと結婚し、周りの反応や育った文化の違いで驚く結婚生活などは、
そうそう、同じよー!
と、ベルマの手を取って分かち合いたい気分。


あなたも私も、同じ国際結婚組!?

a0088116_17175683.jpg

ベルマの話は、
「...結局、何歳になっても人は学べるという事よ。」
とか、
「違う文化を、自分で選択してバランスを取って、いい所を子供や孫に伝えていかなければいけないのよ。」
など、教訓のようないい言葉で話を締める。





なんか、おばあちゃんのいい話を聞いてる感じになってきたぞ。




途中、子供達の様子をそっと見に行ったら、年齢ごとに分かれていた。

大人はキッチンで語らい、上級生チームは1階のリビングで遊ぶ。
a0088116_16233388.jpg

そして4,5歳チームは地階でモノポリー。
a0088116_16251216.jpg

お金を払って泊まりに来たという感じではない。



親戚の家に遊びに来た私達?





「あなたの話なら一日中聞いていたいけど、そろそろ僕達行かなければ。」
リーガンがようやく腰を上げたのは、お昼前。
とても貴重な、いい時間を過ごした。

いいね、アラスカは。
こういう、人との温かい交流があるからいいね。
a0088116_14185744.jpg

シャンダラー牧場にさよならを告げ、チナ温泉に向かう私達。
アラスカには、露天の温泉があるのだ。今度はそのあったかいお湯に浸かりに行く。

そこから車で40分ほどで、チナ温泉についた。
a0088116_17483950.jpg

まずはそこにあるレストランで昼食をとってから、入浴料$10を払って中に入る。
外にある温泉の方は深いので、子供は禁止。中にあるプールなら入ってもいいという事だった。


水着に着替えて、建物の中にあるジャグジーで身体を暖める。
子供達は、プールで大はしゃぎ。久しぶりのプールだ。
潜ったり飛び込んだり、エネルギー発散をしっかりしていた。


その間リーガンと交代で、外の温泉にも入りに行く。
プールから扉を開けて外に出ると、そのまま温泉に繋がっている。

外の気温、マイナス5℃。

これを濡れた水着のままで外に出るのだから、もう寒いのなんのって!
寒い寒いと叫びながら、岩風呂まで慌てて移動。


お湯の中に入れば、そこはまさに極楽〜♪
日本の温泉そのもので、懐かしく嬉しかった。



心も身体もすっかり温まり、フェアバンクス旅行は終了した。
a0088116_17591244.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2007-12-06 18:09 | アラスカでびっくり
フェアバンクス旅行1 〜オーロラ編〜
a0088116_13534835.jpg

サンクスギビングの翌日、フェアバンクス方面に旅行に出かけた。
私と子供達はオーロラを見た事がないので、ちょっと北の方に行ってみようかという話になったのだ。
フェアバンクスはアンカレッジから車で約8時間。オーロラ観測に絶好の場所と言われている。


最初の日は市内のプリンセス・フェアバンクスホテルに、2日目には郊外にあるオーロラ観測に最適のシャンダラー牧場に予約を入れてもらった。
今回も、手配をお願いしたのは「HAIしろくまツアーズ」。やっぱり親切。アラスカの旅行の事なら、みなさんしろくまツアーズへ。




お昼の2時頃に、車に荷物を詰め込み出発。
アンカレッジは連日の暖かさで雪がすっかり融け、心配していたハイウェイも凍っていなかった。


オーロラを見に行くと言ったものの、実は私は「見れたらラッキー」ぐらいにしか期待していなかった。
と言うのもオーロラは、そんなに簡単には見られるものではなく、3日くらい滞在して待たなければいけないと聞いてたからだ。



今回はオーロラだけではなく、フェアバンクスでは面白そうな人達に会える事が決まっていた。
冒険写真家の河内牧栄さん真樹子さん家族。そして映像の勉強をされている学生のカジさん。



私がテキサスにいた頃、アラスカ移住の話が出て見付けたのが牧栄さんのブログだった。
家族で冒険しながらアラスカで生活されている様子が、美しい写真と共に掲載されていて、


すすす素晴らしい。
アラスカに行こう!

と思わせてくれるブログだった。


もう1人のカジさん。以前書かれていたブログを読み、

文章が面白い。
そして、家族愛にも友情にも熱い男!ぜひ会いたい。

と思ったのだ。


オーロラが見られなくても、この人達に会えるだけで、充分楽しめる旅になりそうだ。



しかし道の途中で寄ったヒーリーのレストランで、リーガンにある事を告げられた。
a0088116_16232374.jpg

「明日が何の日か、知ってる?」


...明日。11月24日。
何だったけ?


「僕達が10年前に、初めてデートした日だよ。」


...!
そうだった。思い出した。
確か、お好み焼き屋さんでご飯を食べて、ボーリングに行ったんだった。



リーガンは、その10年の記念日に、私にオーロラを見せたい。一緒にオーロラが見たいと思って、この旅行を計画したと言った。



ダイヤモンドは買えないけど、オーロラを見よう。

とってもいい話じゃないの。


よし。明日は絶対オーロラを見るぞ!
ここで私は、初めて真剣になったのだった。





その日は無事、夜の11時頃にフェアバンクスに到着。
翌日、タイ・ハウスというレストランで、河内さん家族とカジさんに会った。
a0088116_16413130.jpg

やはり思ってた通り素敵な人達で、初対面なのに話は盛り上がる。
冒険の話、飛行機の話、写真の話。時間はいくらあっても足りないくらい。
そして、タイ・ハウスの料理は美味い!


食事の後はパイオニア・パークに行き、子供達を遊ばせる。
ちょうどその日はフェスティバルをやっていて、パーク内一周の汽車に乗れたり、サンタがいたり、ネイティブのクラフトショップがあった。


そして何故か、外で配っていた焼き栗。
これが美味い!そしてなんだか懐かしい。

みんなでホクホクの栗を食べながら、雪で遊ぶ子供達を見守る。
a0088116_16452248.jpg

さらさらの綺麗な雪。
ムサシもアラシも、河内家のシンジくんと、いつまでも雪の中で遊んでいた。



牧栄さんご夫婦は、ネイチャーイメージという会社で、ツアーを行っている。
昨夜も牧栄さんは、オーロラツアーに出かけられたそうで、
「オーロラ、出てたよ。」
という言葉に、私は反応。

「でもずっと待って、1分くらい。」



い、1分だけ!?
そんなものか!やっぱり、簡単ではないんだ。


これはますます、真剣にならなくてはいけない。
今夜のオーロラ観測に、闘志が沸いてきた。
a0088116_16515130.jpg

再会の約束をして、ここでみなさんとお別れ。
いざ、オーロラ観測にシャンダラー牧場へ。


フェアバンクスから30km離れたこの牧場。周りに建物はなく、広々とした丘にあった。オーナーの奥さんはエスキモーらしい。面白い話が聞けそうだ。

中に入ってみると、びっくり。
子供達がたくさんいて、大騒ぎをしている。


ムサシとアラシはもちろん、リーガンもすぐその中に入り、一緒になって遊んでいた。
a0088116_17293576.jpg

この子供達は、オーナーの孫や預かっているフォスターチャイルドだそうだ。
みんな可愛いかった。


その中の1人が、
「ワタルがこうやって遊んでいた。」
「ワタルがそう言っていた。」
と、やたらワタルを連発。


誰だよ、ワタルって。


ゲストブックを見てみると、先日泊まったお客さんらしい。



誰だか知らないけど、11月3日にシャンダラー牧場に泊まったワタルさん。
あなたの事を恋しがっている子供がいます!

a0088116_1820654.jpg

夜になり、外の気温はマイナス20℃。
私は何枚も厚着をし、その上にスノーパンツとダウンジャケット、そして帽子と手袋とスノーブーツで戦闘態勢に入る。
何度も外に出て、中に入っても大きな窓から空を見上げ、オーロラを待っていた。



9時頃に2階から、
「オーロラが出てるわよ。」
と、オーナーの義理の娘さんが降りてきた。

急いで外に出ると、遠くの方にぼんやりと雲のような、薄いオーロラが出ていた。雲とは違って、激しく動いている。
オーロラとは緑色をしていると思っていたが、それは白い光だった。



「あれがオーロラ?雲でしょう。」
色のついたオーロラを想像していたムサシは、ちょっとがっかりしている。

私はそれよりも、ムサシと一緒に出てきた子供の姿に、目がテン。



半袖Tシャツ1枚だよ。
マイナス20℃なのに。




恐るべし、エスキモー。


それからも、白くぼんやりとしたオーロラは度々出た。
それを見ながら、私の心はもえてきた。



これは、来る。
今夜きっと、これ以上のすごいオーロラを見れるに違いない。






子供達とリーガンが、疲れたからと寝た後も、ひたすら空を眺めていた。

そして夜中の2時頃。
ついに来た!


グリーンの光のすごいオーロラ。
その上、流れ星まで。




ダイヤモンドよりも、ずっと嬉しい!
私は感動で涙を流しながら、急いでリーガンを起こした。


外に出てきたリーガンは、笑顔で
「ヨカッタネー!」
と私にハグをした。そして、
「じゃあ、僕はもう寝るから。」
と、さっさと中に入ってしまった。




ええっ。
そ、それだけかいっ!




10年の記念日はどうした?



1人寒空に取り残されてしまった私。
その後もオーロラは次から次へと出続けて、寒いけど中にも入れず、涙を流しながら1人で1時間以上も佇んでいたのだった。
[PR]
by shs_merumo | 2007-12-01 19:11 | アラスカでびっくり