カテゴリ:日本里帰り( 19 )
障子の張り替え
a0088116_1314557.jpg

里帰り中に、友達の引越しを手伝いに行った。
職場の人が20人も手伝いに来てて、友達の上司がその場を仕切っていた。私に課せられた仕事は障子の張り替え。



久しぶりに見ると、障子ってすごい。
紙で出来たドアなんて!
アメリカにはそんなクールな物はないよ。

それも、次に入ってくる人のために綺麗に張り替えてから引っ越すとは、なんか日本のいい文化だな。




かわいいお兄ちゃんに手順を教えてもらい(ラッキー♪)、3人組で次々と新しい障子にしていった。






これ、面白いわ。
私にとったら、大きなペーパークラフト。

仕事が終わるのが寂しくなるぐらい、楽しい引っ越し作業だった。



a0088116_1315375.jpg





家に帰ってウチでもやってみる事にした。
母が言うには、昔は障子を立て掛けて張っていたらしい。すごく大変な作業で、1週間はかかるという。






習ったやり方は、障子戸を寝かせてノリを付け、巻いてある紙をコロコロ転がして張っていく方法。


このやり方だと簡単だし、仕上がりも早い。
結局、2日かけて1階の障子全部、20戸張り替えた。


母がすごく喜んで家に来た人みんなに自慢するので、もっと早くにやってあげれば良かったと思った。



a0088116_1314875.jpg

日本にもペーパークラフトの材料を持っていって、タグ作成。
欲しいと言ってくれる人がいたので配った。




私からタグが送られてきた人、こんな感じで贈り物とかに使って下さい。
a0088116_13141449.jpg


母が作ったドーナツをラッピング。



アラスカに帰ってきて最初に作ったカードは白熊さん。

a0088116_13141757.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2015-02-21 11:25 | 日本里帰り
ジンジャーブレッドクッキー
a0088116_10362110.jpg

クリスマスパーティーの翌日、レイチェルから電話があった。


「アメリカからジンジャーブレッドクッキーのキットが送ってきたから、一緒に作りませんか?」



それは楽しそう!
特に、母おしんにとって初めてのジンジャーブレッドクッキー作り。
ありがとう。シェアしてくれて。






4人は、クリスマスプレゼントをたくさん抱えてやってきた。


おしん大感激!
こんな最高のクリスマスはないと言っていた。

ちなみに上の写真は、来てすぐに花札を並べるアメリカ人チーム。相当ハマってます。



そしてレイチェルが持ってきたこちら。

ジャーン!
ニンジャーブレッドクッキーキット。
(忍者とジンジャーをかけているらしい…。)

a0088116_10362122.jpg


これ知ってる!
アラスカでも売ってたヤツだ。私も買おうかどうか、迷ってた。



先ずはパッケージを開けて、中に入っていた粉に蜂蜜と水を入れ、よく混ぜドウを作る。

a0088116_10362217.jpg


これが悪戦苦闘。


水分を入れ過ぎたのか、ベタベタとくっつき、なかなか上手くいかない。
ニンジャのクッキーカッターで切れないよ。

a0088116_10362350.jpg


小麦粉を大量に投入し、どうにかいった。
これは、粉の味ばかりで生姜の味は消えたよね、と言いながら。



オーブンに入れると、それでも生姜のいい香りがしてくる。



焼き上がり!
冷めるの待って、次はデコレーション。
a0088116_10362591.jpg


箱に入ってたアイシングとキャンディで飾る。

これも面白い作業で、大笑いしながら。


去年もニンジャークッキーを作ったというレイチェルが、一番うまい!



可愛い忍者ジンジャーブレッドクッキーの出来り!
a0088116_10362465.jpg


a0088116_10422179.jpg




自分で作ったクッキーは、自分で食べる。

イギリス人ジョーが作ったジンジャーブレッドクッキーのカップル。
彼女は、金髪に青い目。

a0088116_10362566.jpg



何度見ても笑える、このレイチェルが撮った写真。


シュレックに出てくるジンギーが!
アーロンに食べられる瞬間。

a0088116_10362675.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2014-12-25 21:48 | 日本里帰り
ALT達とクリスマス会
a0088116_1751872.jpg

隠岐に帰ると、いつもALT達と仲良くしている。

ALT とはAssistant Language Teacher 外国語指導助手の事で、かつてリーガンもALTとして隠岐に住んでいた。


今年のALTは、ニュージーランド人とイギリス人とアメリカ人。
そしてアメリカ人レイチェルの旦那さんも一緒に来ている。


みんな24歳。若いっ。
アメリカ人のアーロンの弟なんて、15歳だそう。



ムサシと同い年…。
私って、彼らのお母さんの年齢か?

軽くショック。


a0088116_1751924.jpg


先ずは一緒にパン作り。
美味しいバターロールとコーンパンが焼けた。



a0088116_1751955.jpg

そしてクリスマスプレゼント争奪戦のババ抜き開始。
おおいに盛り上がり、母おしんも大爆笑。


a0088116_17511025.jpg


一番に勝ったレイチェル。
プレゼントを開けると、温かいマフラー。気に入ったらしい。よかった!



プレゼントを選んでラッピングしたのは私。
2位のイギリス人ジョーはオセロが当たり、アーロンには花札が。




花札って今あらためて見てみると、絵が綺麗でかっこいい!

花札、いいわー。私も欲しい。
日本ぽい物が好きで、合気道がきっかけで付き合い出したアメリカ人カップルは、すごく花札に食いついていた。

アニメでこいこいやってるのを見た事あるとかで、これは絶対覚えて遊ぶと喜んでいた。
a0088116_17511088.jpg

一枚一枚、花札の柄を見つめるアーロン。
花札似合い過ぎ。









一番最後のニュージーランド人のアレックスは、フローズンの膝掛けだった。
a0088116_17511165.jpg


この人とても可愛い人なので、密かに、この膝掛け似合ってる〜っと、私は満足。





その後は真剣にオセロしてみんなで鍋して、楽しいクリスマス会になった。
[PR]
by shs_merumo | 2014-12-25 16:33 | 日本里帰り
クリスマスリース
a0088116_13125838.jpg

今年も、小町ちゃんに教えてもらったクリスマスリースを作った。


昨年の写真を見ながら、アラスカで2つ作成。

a0088116_13125812.jpg


やっぱり自分で作ると、満足度は高い。なかなか上手くいったぞ。



そして材料を買い込み、今度は日本で。



実は現在、一人で日本へ里帰り中。
アラスカでは、ボーイスカウトで売ってるグリーンのリースにデコレーションしただけだったが、日本では最初から全部手作り。

a0088116_13125914.jpg



先ずはおばあちゃんちの山に行って、杉とまつぼっくりと南天を取ってくる。


そして、母おしんに藤で輪っかを作ってもらい、そこに杉をワイヤーで付けていく。
この作業がなかなか大変だった!






グリーンのリースの上に、アラスカから買ってきた材料を使い、デコレーションしていく。
今年も小町ちゃんのデザインを再現。

色々ネットでリースのデザインを見ているが、昨年小町ちゃんが作ってくれたこのデザインが一番好き。
流石、元お花屋さん店長。小町ちゃんすごいわ〜。




母がお世話になってる人達にプレゼントしたかったので、日本では4つ作った。
クリスマスに間に合うように、帰ってすぐに、黙々と実家でリース作り。
まるで工場で働いてるかのよう。

a0088116_13125971.jpg


いっぱい買ってきたつもりだったのに、作っていると材料がなくなる。
ネットで注文出来るので便利だけど、日本で買うと高い。マイケルズでもって買っとけばよかった!

a0088116_1313067.jpg


友達も来て、一緒に作った。
隠岐でいつもお世話になってる美容師の友達。やっぱりセンスがいいし、仕事が早い。


a0088116_1313124.jpg


一番あげたかった人にもあげられた。

それは隠岐で素敵なブログを作ってられる方。
母よりも年上の大先輩なのに、いつも美味しそうなお菓子を焼いて、素敵に暮らされてる。リーガンが隠岐に住んでいる時にお世話になった方の奥様。



アラスカでブログをいつも見ていて、今度隠岐に帰ったらお会いしたいなと思っていた。
喜んでもらえて、本当によかった。

a0088116_1313168.jpg


スノーマンが大好きな母のコレクション。


クリスマスを隠岐の島で迎え、関西の弟の家でお正月を迎える予定。
他にもラッキーな事に、上の弟夫婦が和歌山行きや温泉旅行など計画してくれてる。



久しぶりの日本の年末、楽しんでます。
[PR]
by shs_merumo | 2014-12-23 12:22 | 日本里帰り
2ヶ月間の里帰り終了
a0088116_6154631.jpg

アラスカに帰ってきて2週間が経とうとしてるが、未だ時差ぼけが抜けず、毎日ぼーっと夢の中のように過ごしている。


里帰り2ヶ月間。長いようで短い2ヶ月間。
最後の方は時間が足りなくなって、駆け足で過ぎていった日々。





隠岐の島を出る時には、アラシが体験入学でお世話になった学校の先生達がお見送りに来てくれた。

船に乗った後に気付くメッセージ。
a0088116_6155093.jpg

感激。

毎回同じ小学校にお世話になって、お友達に再会するのを楽しみにしているアラシ。1学年の生徒が10人にも足らない小さな学校で、毎回貴重な経験をさせてもらっている。
とても感謝。





松江では、お友達のKaz4さんファミリーにお世話になった。
この会った時は赤ちゃんだった醤油くん、マヨネーズちゃん。
a0088116_6155376.jpg

大きくなって、ますます可愛くなっててびっくり。
親戚のおばちゃんか。



まぁ、親戚と言ってもいいぐらい、お世話になってるが。
素敵なお家に泊めてもらい、車で色んな所に連れて行ってもらって、最後には早朝に隣の県の空港まで送ってもらった。


本当にどうもありがとう。楽しかった!




Kaz4さんの家で発見。
地元の新聞に載ったムサシ。
取材は受けたが、いつ載るか知らなかった。
a0088116_6175387.jpg





松江に滞在中ちょうどお祭りがあり、ムサシは松江の人達と即興でバンドを組み、ステージに立った。



「ムサシバンド」
ムサシの演りたい曲だけを自由にやらせてもらった。
(写真はベースの石田さんにお借りしたもの)

a0088116_6155724.jpg

曲目は
B'zの"IT'S SHOWTIME" "ウルトラソウル"
Gun'N' Roses "Sweet Child o' Mine"
Red Hot Chili Peppers "Snow"
Beatles "Let It Be"



この日のために初めてダイエットを決意したムサシ。
毎日ジムに通い、大好きなアイスクリームも我慢した。その決意の固さにびっくり。

もちろんギターも毎日猛練習。
無事にステージをこなしてよかった。

バンドの皆さんに感謝です。
どうもありがとうございました。

a0088116_616083.jpg


a0088116_616375.jpg


日本最後の夜が花火大会という、なんともラッキーな事に。
6000発花火の迫力。

a0088116_616647.jpg

(石田さんに設定してもらって初めて花火の写真を撮る)



出発の日。
米子空港から羽田に飛び、そして何故か韓国。アラスカに帰るのに、韓国に初入国。

しかも羽田から金浦に飛び、そこから次の空港の仁川まではバス移動。スーツケース全部抱えてバス移動。


安いチケットで、こんな事に。
チケット取ってくれた義弟ドーソンに指摘すると、
「良かったね!韓国も空港だけじゃなく、街の様子を見られるよ!」

なるほどこういう楽天的な考え方が、幼子3人連れて世界を飛び回れるわけね。


心配した韓国も、空港にいた親切なおじさんのお陰で難なく通過。
仁川空港すごい!
時間が足りない!!




次の乗り換えサンフランシスコでは、長い友人sachiさんが待っていてくれた。
彼女とは何年ぶりでも、また家族のように話しが出来る。

5人の男の子達が、頭引っ付けて笑いあう。超可愛いんですけど。
a0088116_812320.jpg



色んな場所で友人と再会出来て、また楽しい時間が過ごせて、私はなんて幸せなんだ。何度も思った感謝の里帰り。
[PR]
by shs_merumo | 2013-08-19 04:55 | 日本里帰り
八角部屋 隠岐合宿
a0088116_757465.jpg

里帰り中に、お相撲さん達を見る機会があった。ちょうど、八角部屋の隠岐合宿があったのだ。


隠岐の海が出てからというもの、毎年八角部屋が隠岐で合宿をしているらしい。
島民あげての大歓迎。
毎日、大量のご飯作りに忙しい地域の人達。



高校の土俵で朝稽古している様子を見学する事が出来ると聞いて、行ってみた。

a0088116_757542.jpg



a0088116_757517.jpg



a0088116_757610.jpg



すすすごい迫力!
20人を超えるお相撲さん達の稽古を近くで見て、圧倒された。

ほんの2、3日前まで名古屋場所に出ていた隠岐の海をTVで見ていたのに、ホンモノが側で練習している。



ムサシと2人感動して見ていたら、お世話をしている親戚のおじさんに会って、夜に交流会があるからおいでと呼んでもらった。


a0088116_757713.jpg



交流会は野外BBQ。

いきなり力士達に囲まれた席に通され、戸惑う私達。


右も左もお相撲さん。
そしてテーブルの上には、山盛りの焼肉。





お相撲さんに話したいけど、いったい何て話しかければいいんだ?
隠岐の海しか知らないし。相撲の事、全然分からないし。


しょうがないから、肉を黙々と食べる私。
すると横のお相撲さんたちが、みんなパンを食べていた。


「あー、それ、うちのお母さんが作ったパン!お母さんが喜ぶから写真を撮って下さい。」

と、母の差し入れパンでようやく話しかけられた。

a0088116_757871.jpg



隠岐の海は島の同級生とお話し中。
話してみると、中学生の時にリーガンが隠岐で先生していたようだ。




a0088116_757964.jpg


稽古中はど迫力だったけど、話してみると、隠岐のいいあんちゃん。




この後私達は帰ったが、友人によると盆踊り大会になって、力士達が大騒ぎで盆踊りを踊ったらしい。
残念、見逃した。

側でお相撲さん達にふれあう、貴重な体験だった。
[PR]
by shs_merumo | 2013-07-31 09:37 | 日本里帰り
隠岐ライフ
a0088116_081331.jpg


隠岐での写真も少しアップ。
田舎で楽しんでます。毎日蒸し暑い!




a0088116_08139.jpg

ジャガイモ掘りしたり、




a0088116_0183421.jpg

梅取りしたり。




a0088116_081510.jpg

隠岐のBBQはイカ付き。




a0088116_081663.jpg

美容師の友達に、かっこよくしてもらったり。




a0088116_081675.jpg

ビーチクリーンアップのボランティアに参加。
この浜掃除、16年前にリーガンが同じビーチで1人で始めた物。
今では隠岐の人がたくさん集まって、大きなイベントになっている。感動。




a0088116_081733.jpg


こんな人も掃除に参加。ちょっと怖い。



a0088116_081884.jpg


すごい夕日を見た。
[PR]
by shs_merumo | 2013-07-21 23:59 | 日本里帰り
大阪.鈴鹿.松江旅行
a0088116_9542969.jpg

全然更新してませんが、日本滞在かなり楽しんでいる。
昨日までは、関西やら鈴鹿やら松江などなどに出かけていた。


結婚した上の弟のお祝いがメイン。尼崎に家を買った下の弟の家に、ゆっくり滞在させてもらった。すごく快適。
日本、便利。


a0088116_9543051.jpg

「行きたいレストランは、回る寿司!」
とのリクエストで、くら寿司へ。
2年前にアラシが連れて行ってもらって、大興奮。
まだ行った事のないムサシやリーガンに何度も自慢していた。
「新幹線がスシを運んでくる!皿を集めれば、ゲームが出来る!」



思った以上の大リアクションで、ムサシもアラシもスシ屋で大興奮!

「ゲームセンターみたいで楽しい!!」
周りの皆さん、すみません。田舎もんなんです…。


a0088116_9543172.jpg


日本のケーキは素晴らしい。
パイナップルくり抜いて豪華ケーキになっている。そしてすごく美味しい!


a0088116_9543185.jpg


鈴鹿サーキットで、講習受けてカート体験。


a0088116_9543212.jpg

すごく楽しんでたけど、終わった後は2人ともぐったり。早過ぎて、車酔いになったらしい。


しかし一緒に乗った上の弟は、降りた後も一人元気。
と言うのも、サーキットと思えないゆっくり安全運転で、ただドライブを楽しんだだけ。



a0088116_9543370.jpg


松江では、バンドの人達が「おかえりセッション」をしてくれた。
50人も入れるスタジオで熱い歓迎を受けた。大感謝。


今まで一人でしか弾いた事がなかったB'zの曲も、みんなでやって大満足。
AC/DC Guns'N'Roses Red Hot Chili Peppers など。
かっこよかったー。楽しかった!



松江では、8月4日の水郷祭でもステージに立たせてもらえることになりました。近郊の方、ぜひ見に来て下さい!(詳細は後ほど。)


a0088116_9543472.jpg

夜は花火。
アメリカのほとんどの地域では、乾燥しているので花火禁止。

花火したいという子供達の希望も叶った。
松江のみなさん、本当にありがとう!
a0088116_9543497.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2013-07-11 09:15 | 日本里帰り
鬼太郎さんお久しぶり!
a0088116_649787.jpg

帰ってきました、遥々隠岐まで。


ドーソンが取ってくれた超激安チケットは、アラスカー米子 $900 。(聞かれても、どうやって買ったか分かりません。)
そのせいか、かなりハードスケジュールだった。
夜中の12時半にアンカレッジを出て、シアトル空港で6時間待ち。そこから成田へ飛んで羽田にバス移動。
そして米子。長い長い一日。



因みに帰りの道のりは
羽田ー金浦 (バス移動)仁川ーサンフランシスコーアンカレッジ
初韓国なのに荷物持ってバス移動って、ちょっと心配。


a0088116_649861.jpg

シアトルで、ムサシ念願のスペースニードル見学。


a0088116_649941.jpg

境港のホテルは、レトロな雰囲気で面白かった。
[PR]
by shs_merumo | 2013-06-10 06:37 | 日本里帰り
里帰り中
a0088116_1226327.jpg


現在、私1人で日本へ一時帰国中。

アラスカの家には代わりに、大阪から18歳の兄ちゃんがホームステイに来ている。子供達の世話や掃除、ご飯まで作ってくれていて心配ない。
Kazくんどうもありがとー!
裏庭に出没する熊には、くれぐれも気を付けて。




a0088116_1226395.jpg


田舎でのんびり。
子供もいないので、のーんびり。


この前は、母と弟と一緒にうどん屋さんに昼のコース料理を食べに行った。



そこは山を超えたど田舎にある、知る人ぞ知るの店。
この店にわざわざ食べに行くか、もしくは親戚がここに住んでいる人しか行かないような所。

あ、でもそう言えば、14年前にリーガンがここの海岸によく通っていたんだった。趣味で海岸掃除をしに来てたんだけど。まぁそういう所。



a0088116_11472030.jpg


店のご主人は、大阪でシェフをしていて数年前に田舎に戻って来たそうだ。


うどん屋さんの目の前は海。
店と言っても、田舎の民家をそのまま使っている。
しかしその入り口には、美味しんぼ原作者の雁屋哲さんの色紙が飾ってあった。



こ、これは....。
期待出来る!



a0088116_1226497.jpg


自作の梅のジュースから始まって、梅の入った茶碗蒸しの後に出てきたのは、こんな豪華なお造り。
花まで飾ってある!
興奮して写真を撮る。これは驚くわ。


その後も続々とご馳走は続く。
もうお腹いっぱいになりかけた時に、来た!
また来た、豪華な魚。


a0088116_1226490.jpg

どーん!

この船に入っている魚が、しゃぶしゃぶ用だとは。
これはすごい。そして美味い!



3000円コースでこの豪華さ。
こりゃあ山岡さんだって、相当驚いただろう。



煮魚、カルパッチョ、釜揚げうどん、デザートにシフォンケーキまで付いての9品。
大満足の美味しさだった。


低価格でこれだけのご馳走が出るそのわけは、自作。

料理に使われている魚、ご主人が船を出して自分で釣っているそう。お花もスタッフの人の自前。梅や椎茸、野菜もそう。

だからお店は週末のみ。準備に時間がかかる。
すごいや、ここ。隠岐で行ったレストランで一番驚いた。




里帰り満喫中。
今週末にアラスカに帰ります。
[PR]
by shs_merumo | 2011-08-20 08:11 | 日本里帰り