カテゴリ:ガーデニング( 2 )
花壇作りの行程
a0088116_5372817.jpg

いよいよ外に植物を植えられる時期がやってきた。アンカレッジは気温が上がり、夜まで明るい日が続く。


この日のために種を植え、リビングルームで大量の植物を育ててきたのだ。
早く部屋を人間の物にするためにも、庭を作らねば。



花壇を作りたい場所は、この荒れ地。
a0088116_5373288.jpg


先ずは地面にカラースプレーで線をひき、上の芝生を掘って取り除いていく。

そして硬い土地を耕して掘っていく。


これが一番大変な作業。
せっせと掘っていく。





ある程度掘れたら、下に雑草除けのダンボールを敷き詰め、横にプラスチックのエッジを埋めていく。


その上に土を入れる。リーガンとアラシが手伝ってくれたため、土入れ作業はあっという間に終了。
a0088116_5373630.jpg



去年使ってた木のボーダーを入れたら、なんだか形になってきた。


a0088116_5374132.jpg

そして用意していたチューリップを土に埋める。

冬の間、リーガンが球根を植えてポットごと土に埋めてたのがアラスカの冬をサバイバルしたようだ。
そのまま植えてみた。







一つ、この庭を作る前日に残念な事が発覚した。


それは花の苗の事。





4月から種を育ててきたたけど、なかなか大きな花の苗にならない。野菜はどんどん大きくなるのにおかしいなと思っていたら、なんと何種類かの花は去年の11月に種を蒔かないといけなかったらしい。








知らなかったよ、そんなに時間がかかるとは。びっくり!



…そうか、野菜と一緒ではないんだな。
花も全部、種から賄えると思ってたのに、残念。




何種類か、お店で花の苗を買ってきた。私の苗は、小さい芽しか出てないのに、お店の苗は綺麗な花がついててちょっとジェラシー。


a0088116_5374555.jpg


花の苗を土に置いてみて、イメージを考える。

赤いカップに入ってるのが、私が育てた苗。

ナスタチュームと向日葵が大量にあるので、それは外に植えられる。



a0088116_5374939.jpg


土の上に、雑草除けのシートをかける。


a0088116_5375424.jpg



シートに穴を開けて、花を植える。

a0088116_5375986.jpg



a0088116_53838.jpg



ちなみに、これが私が黙々と作業している様子。
リーガンが窓から撮影したようだ。
a0088116_5381744.jpg



この時点で夜の10時ごろ。ようやく日が沈みかけている。





シートの上にマルチをかければ出来上がり。

a0088116_5381326.jpg


a0088116_5382176.jpg


やっと出来た!すごく嬉しい!!

次は野菜も植えないと。

[PR]
by shs_merumo | 2015-05-20 04:22 | ガーデニング
ガーデニング生活始めました
a0088116_29252.jpg

今まで、色んな友達に
「土地があるんだから、野菜とか植えればいいのに。」
と言われていた私。



その度に、
「私は茶色の親指だから、畑は出来ない。」
と言っていた。

園芸の達人の事をグリーンサムという。
それに対して、何でも枯らしてしまう私はブラウンサム…。




でもでも、去年友達が楽しく美しく野菜を育てる様子を見て、気が変わった。
今年は花も野菜も育ててみよう!




寒いアラスカで野菜なんか育つの?と思うかもしれないが、夏は白夜に近く夜の11時ごろまで太陽が出続けててるので、緑が1日でグングン育つ。
アンカレッジの隣の町、パーマーやワシラでは、巨大な野菜が育つと有名なのだ。


うちはアンカレッジでも山の方なので、気温は低め。

霜がおりなくなる5月後半に外に植えられるように、準備していかないといけない。
短期間勝負だ。





まずはその友達が勧めてくれた種をオンラインショップで購入。

Jonny's Selected Seeds


アラスカの気候に合いそうな野菜を選択。

見てると楽しくて、時間の経つのも忘れて種を選んだ。
友達が去年上手く育てられた野菜を教えてくれたので、それを参考に選んでいく。



キャベツ、白菜、ズッキーニ、大根。
私はビーツが好きなので、ビーツも作ろう。色んな種類のビーツがあるぞ。
カラフルな人参も好きだから選んで…と、色々ポチッとして。
花の種も、今度は違うショップで色んな種類を注文した。



気が付けば、あれれ。すごい量の種を注文してるぞ。






届いてみると、一袋に種がいっぱい入ってる。
しまった。大量の種が来てしまった。





「初心者はあれこれ、色んな種類の野菜の種を買い過ぎる傾向がある。それは間違いの元。」
という記事を後に発見した。


それって私じゃん!!




気を取り直して種蒔きをしたのが一ヶ月前の事。


少しづつ種を植えて、プラスチックのカバーをして日なたに置く。
a0088116_210710.jpg



その数がどんどん増えて…。
a0088116_2101721.jpg




大変な事に!
a0088116_2102186.jpg


家の中で一番日が当たるのはリビングルームなので、部屋がどんどん植物に占領されてしまった。


そして、育って根が伸びてきたのをプラスチックカップに植え替えた。
日本でよく見るプラスチックのポットが見付からなかったので、安いプラスチックのコップに穴を開け、植える。


そのカップを透明な衣装ケースに入れた。こうすると簡易グリーンハウスになってよく育つ。



そしてリビングルームはこんな事に…。
a0088116_2102539.jpg




家の中が畑!!!
なんだこれ。




晴れて暖かい日は、ケースごとテラスに出す。
a0088116_2103138.jpg



…それにしてもすごい量だ。
まだまだ写真に写ってない所にたくさんある。



その後、園芸達人の友人2人にこの状態を見てもらった。
そこでまたまた、驚く事実を知らされる。




ズッキーニとか、かなり間をあけて植えないといけないんだって。





なんと!?

じゃあこれ全部植えるのに、どんだけ広い畑が必要なの?

a0088116_2103455.jpg


ズッキーニは一家族、4、5株あれば充分の野菜が取れるそうだ。

私が植えたの、30以上はあるよ。
知らないって怖い。


a0088116_2103874.jpg


幸い土地は広いので、頑張って働こう。

野菜はリーガンにフレームを作ってもらって植える事にし、花を植える所から取り掛かる。


a0088116_2104443.jpg


この荒れた土地を掘っていく。
石がゴロゴロ出てきたが、深く穴を掘って耕す。
周りにプラスチックのボーダーを入れて、取り敢えずここまで。


a0088116_2105168.jpg


後は肥料や土を入れて、花を植えるだけ。

a0088116_2105931.jpg


ここも、夏には綺麗な花が咲いている事を期待して…。


初心者ガーデニング、続きます。
[PR]
by shs_merumo | 2015-05-09 00:57 | ガーデニング