リーガンの未来カー
最近リーガンが、イーベイで車を買った。

今までリーガンは、とってもボロな車に乗っていた。
どれだけボロかと言うと、この前帰国した友達が、



「こんな車、日本では見られないから写真を撮ってもいい?」

と言う程、ぼろぼろだ。



この車は8年前に、学生だったリーガンが安価で買った中古。
この車で、テキサスからモンタナやフロリダなど長距離を走り回った。その走行距離は8年間で12万キロ。



窓が上がらなくなろうとも、バンパーが壊れてしまおうとも、
「これで軽くなって、燃費がもっとよくなった。」
と笑って乗っていたリーガン。





私には、新車の日本車を買ってくれたのに。
リーガンが稼いでいるのだから、自分にももっといい車を買って欲しいと、常日頃思っていた。



そんなリーガンが、ついに車を買う気になったのだ。
もちろん、大賛成!


今の車の2倍以上も払って、リーガンが選んだ車はこちら。


a0088116_1733441.jpg

2人乗り電気自動車



a0088116_17164399.jpg

こんなに小さいよ。
ゴルフカートみたいだよ!









...なんで?

なんで、これ?




どうも、この電気オンリーで走るとか、音が静かで排気ガスなしとかのエコな部分に惹かれたらしい。

「これは将来の車だ。地球にいい事をしているんだ。」
目をキラキラさせて訴える、リーガン。
リーガンが嬉しいなら、それでいいよ。




通勤だけに使う車だから、時速70キロまでしか出せなくても2人しか乗れなくても、全然OKなんだろう。


だけど、もう1つ。電気自動車の短所って、


寒いと動かない。

なんだってね。









それ、ダメじゃん。


アラスカだよ。
ずっと寒いよ。
1年のうち半年は冬だよ。


a0088116_17554326.jpg


カリフォルニアから届いたこの車を、今日リーガンが友人と取りに行った。
きっと牽引が必要と思っていたのに、ちゃんと動いたらしい。

動いた事に、驚いた。


マイナス4℃じゃ、まだいけるのね。



この車をリーガンが、アラスカでちゃんと乗りこなす事が出来るのか、これからドキドキ。
[PR]
by shs_merumo | 2008-11-26 17:54 | アラスカでびっくり


<< 復活 暗闇の中に >>