パインウッドダービー
a0088116_16221142.jpg

週末はモールで行われた「パインウッドダービー」に行ってきた。


パインウッドダービーとは、木で作ったミニチュアの車でスピードを競うレースの事。
ムサシが参加しているカブスカウトの行事の一つだ。



1ヶ月程前に子供達には、それぞれパインウッドダービー用のキットが配られた。この箱の中に、車を作る材料が入っている。

と言っても中身は、長方形の木材とタイヤと金具だけ。これで速い車を作らなくてはいけないのだ。


リーガンは工具を持ち出し、ムサシと一緒に木を削って家の中を木屑だらけにしながら、毎日レースカー作りに励んだのだった。




そして当日。

「きっと、そんなに参加人数はいないだろう。」
高を括って行ってみたら、会場はたくさんの男の子達と家族で溢れていた。


参加する車は、80以上。
最初に計測され、規定の重さ以上の車はレースに出る事も出来ない。
何だかみんな、思ったよりも真剣だ。


レースに出る車は、箱の中に並べられた。
a0088116_1651241.jpg

色とりどりの、車達。
みんな、個性を出した手作りで、見るととても面白い。


しかしその中に、見るからに異質な車が一つ...。
a0088116_16525658.jpg

こ、これは...。


タヌキか?
それともキツネ??










a0088116_16595643.jpg

実はこれこそ、ムサシとリーガンの共同作品。
ウルフカーだ!!




a0088116_17203514.jpg

レースの方は、とても白熱。
子供の声もだけど、お父さん達の声援がすごいぞ。


車は、子供が作ったとは思えない物がずらり。
a0088116_17261815.jpg

a0088116_17404081.jpg

a0088116_17264193.jpg

a0088116_17271697.jpg

実際、隣にいたお父さんがカモフラージュのハマーは自分が作ったと言っていた。
専用のシートや部品が買えるキットもあるんだとか。

このハマーは、「もっともアラスカらしいで賞」に選ばれ、表彰された。

「そんな賞があるんなら、狼じゃなくてムースにするんだった。」
残念がるリーガン。






そういう問題か?



もしかしてこれは、子供のカーレースではないのかも。
そんな気がしてきた。


これは、少年の心を持った父親達の熱き戦いだ。




レースだが、ウルフカーは残念ながら予選でハマーに破れた。
ハマーは総合第3位に輝き、隣のお父さんはとても満足そうな顔を見せたのだった。





追記 
これをアップしてから4日後。昨日、大きな間違いに気付いてしまいました。
リーガンとムサシが作ったのは、実はフォックスカーだった。


狼じゃなくて狐だったヨ!


そうだった。私が頼まれてキツネの画像を検索し、プリントアウトまでしたのに。それなのに何故、ウルフと書いてしまったのか?
ウルフカーを褒めて下さったみなさん、ごめんなさい。キツネでした。
[PR]
by shs_merumo | 2007-11-06 17:54 | 日常のヒトコマ


<< 雪遊び Happy Birthday ... >>