キングサーモンフィッシング 2日目
a0088116_10242914.jpg

翌朝は6時出発だった。

広いキーナイリバーに朝焼けの淡い色。
胸にぐっとくる眺め。




8年前にチャーリーリバーに川下りに行った時、私は川が好きなんだと思った。その川の中でも一番好きなのが、この氷河色のキーナイリバー。

見てるだけで幸せな気分になる川だったけど、ここで鮭釣りをしたらもっと幸せという事を今年知ってしまった。

a0088116_1024332.jpg

そんな事を思っていたら、最初のポイントでいきなりYさんの次男くんにヒット!


キターーーーーー!







急いでリールを巻き、全員の竿を上げネットを立てて見守る。



激しい戦いだった。
鮭はあっち行ったりこっちに行ったり。
それに合わせて、次男くんは船の中を動き回る。
Yさんは舵を取り、鮭が船の下に入り込まないように操縦。


釣り歴10年11歳の次男くんは一人でキングも上げられるので、アンカレッジ組3人は邪魔にならないように船の中を移動して見守るだけ。
a0088116_10243987.jpg

スキルはあるが体重がない次男くん。
重いキングを上げるのに苦戦中!



やったー、釣れた!
長い戦いの末、キングは網の中へ。

デカい!!
大きくて赤いキングだった。


Yさんの目録によると、45パウンドから50パウンドぐらい。(20.4kg〜22.7kg)





うわー。すごかった。
このファイト見られてよかった!

a0088116_10244246.jpg

キングをキープ出来るのは、1人1日1匹。そして年間2匹だけ。



毎日ここで釣りをしているYさんと次男くんは、釣ってもほとんどリリースする。
リリースする魚を水から上げてはいけないので、網の中で釣り針を外し、リリース。

とっていいのは写真だけ。




それでも毎日、早朝から釣りをする。
大切なのは物ではなくて、この時間と経験。
…深いな。

a0088116_10251613.jpg

そうしてるうちに、今度はムサシの親友コーナーの竿にヒット。






おおおお!
テンション上がる!!




必死なコーナーに、Yさんのアドバイス。
「OK!リラックス!」


無理無理!それはちょっと難しい!リラックスなんか出来ない!!
私の手にも汗。






コーナー、リールを巻きながら竿を上げたり下げたり。
Yさんと次男くんが付きっ切りでサポート。鮭を追いかけみんな必死。




すごい。
興奮する。
これだからみんな釣りをするのか。



長いファイトの後、とうとうキングが釣れた!
a0088116_10244790.jpg

すごい!大きいキング!!
a0088116_10245080.jpg

みんな大興奮。
こんな大きな魚がこの川に。



うわー。
今日は朝から忙しい。
釣れそう!期待大!!

a0088116_10245262.jpg

一度竿を上げ、今度は違うポイントへ。
Yさんが魚探を見ながら、魚がいそうな場所を探す。





そして今度はムサシに当たりが。
a0088116_10245539.jpg

全員が急いでリールを巻く。



ムサシの竿に手応えがなくなり、一瞬ばれた?と思ったが、更に巻くと強いひき。


フィッシュオン!
魚はデカいぞ。





Yさんが優しくムサシを励まして、教えてくれる。
竿を上げてはリールを巻き、それを繰り返す。
次男くんが魚の位置を確認して、次の動作を指示してくれる。
なんて素晴らしい親子サポート!これなら釣れるはず。




鮭は数回水上をジャンプし、みんなの興奮を煽る。

そして長い格闘の末、とうとう釣れたーーー!
a0088116_10245797.jpg

でかっ!!


44パウンド(約20kg)のキングサーモン!釣れました!!

a0088116_1025098.jpg


a0088116_1025261.jpg


素晴らしいチームプレイだった。
大きな獲物獲得。
みんな自然と笑顔になる。





そして残るは私1人。
3人釣れ、出す竿も減った。


私のとYさんのと次男くん(リリース)の竿。


もうどの竿に当たりが来ても、私が上げていいからと言われ、緊張が走る。





ちょ、ちょっと待って。
わわわ、どうしよう。緊張するわ。
リールインって何だっけ??

掛かった時のため、その後の動作を頭の中でイメージトレーニング。






そしてきました。
私にも当たりが。


夢中でリールを巻いた。
腕が張る。
鮭との格闘。



Yさん親子のサポートのお陰で、釣れた私の初めてのキング!
a0088116_1025569.jpg

「小さい。」

ムサシに言われたど、それは比べるからだ!
この鮭だって2.5kgのなかなかいいサイズだよ。



それにしてもこのサイズ上げるのも大変だったのに、どうやってあんな大きな鮭を上げたんだ?
a0088116_1025821.jpg


岸に戻り、Yさんが綺麗に鮭を捌いてくれて、アンカレッジまで持って帰った。
キングサーモンは脂が乗って、これ以上にない美味しさだった。






すごくすごく楽しかった。
キングが釣れて幸せ。あんなすごい経験が出来て幸せ。






だけど正直に言えば、1日目の大きなキングのひきが忘れられない。

あのサイズのキングをいつか釣りたい!




きっとこれが、釣り人が川に帰ってくる理由なんだろう。鮭が川に帰るように釣り人も帰ってくる。
来年のキングも期待してます!Yさん!!
[PR]
by shs_merumo | 2015-08-01 04:31 | アウトドアの楽しみ方


<< アラスカの夏の風景 キングサーモンフィッシング 1日目 >>