ホーマー旅行その3 ハードな合宿最終日
a0088116_8285620.jpg


朝6時半に隣で寝ていた松岡修子さんに起こされる。


カラオケナイト後の睡眠時間3時間。さっき寝たばかり。
修子さんは既にスポーツウェアに着替え、林檎をかじっている。




「おはよう。ジョギング行くよ。」


朝から驚く程元気な人だ。寝てないのに。







なんという体育会系。
高校時代の部活を思い出す。
それか、就職した年の夏。


私は文系の短大を卒業した後、スポーツクラブに就職した。(理由は楽しそうだったから。)
その当時、エアロビクスインストラクターを目指していた私は、誰もいない早朝のスタジオで同僚にトレーニングしてもらっていた。

社会人になったのに、こんな青春みたいな事をしてるとは…とその時笑っていたのだが、まさか40過ぎても同じような事をしてるとは。




修子ブートキャンプ、まずは山のジョギングから始まった。
B&Bは山の途中にあり、そこから上に走って登る。


寝てない朝のマウンテンジョグはキツイぜ。
一緒に来てる2人は超体育会系。
もうずっと先に走って行ってしまった。体力の差が半端ない。

a0088116_8281962.jpg


ジョギングが終わると、近くの空き地でインサニティが始まった。
インサニティとは3分間ハードな動きを行い30秒休憩を繰り返す、有酸素運動にプライオメトリクスを組み合わせた最も過酷なトレーニング。

修子さんが職務質問されながら考えていたトレーニングとは、これだったのだ。



音楽をガンガンかけながらのインサニティ。本当にキツイ。もう許して。

なんと、ジョギングとインサニティで3時間も時間を費やしてる。
本当に半端ない。



a0088116_8282413.jpg


やっとトレーニングが終わり、着替えて観光に行く事に。
B&Bのオーナー、ナンシーさんにお礼を言いに行く。




ナンシーさん、なんと修子さんの事を「リトルガール」と呼んでいた。





リトルガール!

思わず吹き出す。
そりゃあ修子さん、見た目も行動もすごく若いが、実は40代それも後半の方。(これを言うと怒られるが。)

ナンシーさん、いったい修子さんを何歳のお子ちゃまだと思ったのか。




ホーマー観光、まずはお勧めのワイナリー、Bear Creek Wineryに行った。


a0088116_8282896.jpg

ワイナリーの庭でマイナスイオンを浴びる人達。
ここのところ毎年ここに来てるが、毎年庭が変わっている。どんどん綺麗になっている。素晴らしい。



11時からワインの作り方など見せるツアーがあるというので(無料)それに参加してみた。

a0088116_8283170.jpg


案内された工場の方に行ってみると、お客は私達3人だけ。

お姉さんがワインを作る行程を説明してくれる。

a0088116_8283347.jpg


この冷凍庫に、ワインの原料アラスカのブルーベリーやラズベリー、ルバーブが入ってるらしい。


a0088116_8283553.jpg


ルバーブいっぱい!
さっき修子さんとハルくんがマイナスイオンを浴びていた、ルバーブの畑から来たやつだ。



a0088116_8283844.jpg


お姉さん、丁寧に説明してくれた。
ベアクリークワイナリー、どんどん成長していってるが、アラスカ以外で売ってはいないらしい。
アラスカならではのワイン。甘くてとても美味しい。


a0088116_828593.jpg


ワイナリーの方へ帰ってテースティング。

5ドルで7、8種類のワインが試し飲み出来る。
どれも美味しい!

テースティングしたい人は、必ずID(免許証かパスポート)を持って行って。じゃないと飲めません。

a0088116_8284457.jpg


ワイナリーの後は、Two Sisters Bakery
でランチ。

安定の美味しさ。
ターキーとオーブンで焼いたトマトとペストのサンドイッチとスープのセット。美味し過ぎて唸る。

a0088116_8284767.jpg


ホーマースピットの方へ。
今日は晴れてて、素晴らしい景色。
やっぱり空が青いと気持ちいい。

この港から、たくさん魚釣りのツアーも出ている。

a0088116_8285128.jpg


釣ってきたハリバットを捌く人。
写真を撮った時には気付かなかったけど、後ろにさり気なく写ってる人がいる!



a0088116_8285432.jpg


海沿いのお店でお土産買うのも楽しい。
ここでハルくん、最大の失言をする事になる。


「修子さんの子供の頃って、1円以下のお金、50銭とかあったんですか?」





「…… 。」



おい、平成生まれ。
どんだけおばあちゃんだと思ってんねん。


さっきまでナンシーさんにお子ちゃま扱いされていい気分だったのに、ぶち壊し。





もうここから歩いて帰りなさい!




ハルくん、焦る焦る。


大人2人でからかう。
大爆笑。





色んな意味で忘れられないスペシャルな旅だった。
a0088116_829221.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2015-06-29 05:27 | アラスカぷち旅行情報


<< キーナイ川で鮭釣り ホーマー旅行その2 初日から飛ばす人 >>