ホーマー旅行その2 初日から飛ばす人
a0088116_17492082.jpg


ホーマー合宿初日。

待ち合わせ場所に車で行くと、既にMさん…松岡修子さんはそこにいた。肩にかけた大きなカバンからは、長い棒のような物が突き出してる。

いったいあれは何だ?



修子さんは1時間も早く着き、そこでこの旅行中にするトレーニングのメニューを考えていたそうだ。メモ帳には、プッシュアップやら腿上げやら、恐ろしい文字が並んでいる。





「そのカバンの中に入っている物は何よ?」



「これは私の身体の一部。」

そう言う修子さん。




カラオケのマイクだった。



こんな変な物を抱えて1時間もその場でウロウロしてたので、なんと修子さんは職質されていた。ホント、うけるわ。





ハルくんとはじめましての挨拶の後、三男を自宅で産んだ話を急にしだす修子さん。(修子さんはイケメン4人ボーイズのママ)
病院に間に合わず、救急隊が来る前に一人で産んだんだって。



いきなり激しい修子さんに圧倒されるハルくん。
まぁ、そうだろう。

この人は、色々伝説を残す。



そんな話をしながらも、車は美しい景色の中へ。
少々曇っていたが、山の緑が美しい。

a0088116_17491315.jpg


アラスカの絶景でヨガポーズ。
周りの観光客に笑われたが気にしない。
a0088116_17492265.jpg


そして私が一番好きな景色、クーパーランディング辺りのキーナイリバー。

a0088116_17492799.jpg


このターコイズブルーの川の色が、本当に綺麗。
何故ここだけこんな色?

氷河の水が溶けて流れているからと聞いた事もある。バスクリンを入れた色と言えば情趣もないが、本当に綺麗に色がついてる。


a0088116_17493138.jpg


ランチをしたかったがお店が開いておらず、ソルドトナまで行って美味しいベーカリーでドーナツとパンを食べた。
The moose is loose

a0088116_17493456.jpg



そしてそこから車で2時間。
ついにきましたホーマー。アラスカのシャングリラ。若しくはアラスカのキーウェストへ到着。


a0088116_17494054.jpg


はしゃぐ気持ちを抑え、先ずは今日の宿 B&BHoedel'sへ。

1年ぶりに会うオーナーのナンシーさん。やっぱり親切だった。

お家の中のデコレーションが可愛く、みんな気分が上がる。

a0088116_17494350.jpg

a0088116_17494676.jpg


よかった。ここがいいと思うのは、やっぱり私だけじゃなかった。

記念撮影の後は、おもむろにカラオケの準備をしだす2人。

a0088116_17494940.jpg


マイクを設置し、ディスコライトまで。

こんなアンティークで素敵なお家にキラキラのステージ作るとは。

恐ろしい。
今夜が恐ろしい。


設置が終わるとご飯を食べにホーマースピットへ。

a0088116_17495354.jpg


たくさん可愛いお店が並んでるので楽しい。

夕食は美味しいシーフードレストランで、ハリバットと海老を食べた。


Captain Patties Fish House



B&Bに帰ると、松岡修子さんが衣装に着替えてズンバの曲を流す。

部屋の中はディスコライトがくるくる回り、私とハルくんも修子さんに合わせて踊り出す。

裸足でズンバ。めっちゃ足痛い。



ホーマーまで来てアンティークの素敵なB&Bで、この家に不似合いなディスコライトを派手に回して踊りまくる。
何だこれ?





同じ曲を3回も続けて踊った後(その曲しか振り付け覚えてないらしい。)カラオケナイトに突入。


最初はタイタニウムとかの英語の歌から始まったのに、いつの間にか昭和の歌。
聖子ちゃんや明菜が流れる。


ハルくんはオレンジレンジやブルーハーツ。

懐かしい。
本当に22歳か?





ハルくんは、この40代女2人のハジけっぷりに目を丸くしていた。
お母さんと4つしか歳が違わないのに…。


歳の事言うと怒るよ!




何年も聞いてなかったのにピンクレディがかかったら、歌える。踊れる。振りを覚えてる。
すごいわ。自分の身体がUFOを覚えてるわ。

昭和の懐かしい曲オンパレード。
カラオケマシーンいいな。買おうかな。




夜中の3時まで、カラオケで盛り上がるホーマーの夜。
テンションマックス。超楽しい!

一番嬉しいのは、気の合う仲間と旅行出来た事。
忘れられない夜になった。

[PR]
by shs_merumo | 2015-06-24 08:50 | アラスカぷち旅行情報


<< ホーマー旅行その3 ハードな... ホーマー旅行その1 体育会系... >>