野外ライブ
a0088116_937324.jpg

この夏アラスカで、2つの野外コンサートに行った。(ちなみに日本ではカメラ禁止の所が多いが、アラスカの野外ライブではカメラの事は言われない。)




一つ目のバンドは、コレクティブソウル。


コレクティブソウルって、日本ではあまり知られてないみたいだけど、90年代にアメリカで大ヒットしたバンド。


リーガンが好きなのでよく聞いていた。
4年前のステイトフェアでアラスカに来た時に家族で参戦。
あまりに素晴らしい演奏で、ますますファンになったのだった。






そのコレクティブソウルが、またアラスカにやって来るという。
しかも翌日!!


町に貼ってあったポスターを見て気付いたリーガンが、焦ってネットでチケットを買った。

よかった~。
これ逃してたら、大後悔するとこだった。


a0088116_937261.jpg

張り切る私達は、早めに会場入りし、なんとこんな一番前をゲットしたのだった。




アメリカの野外コンサート、お酒を飲みながら見る人とそうでない人に分けられる。

ここの飲酒席は後ろの方に設置されていた。一滴でもアルコールが入ると、そこから出られない。

飲まなくても大丈夫な私達は、簡単に前の方にいけたのだ。

a0088116_93764.jpg


一時間ほど待っていると、前座のバンドが演奏を始めた。


アンカレッジのバンド。
バンドコンテストで一番人気のバンドが、オープンニングアクト権利を勝ち得たらしい。


イケメンのお兄ちゃん達。

a0088116_937813.jpg



あ、この人なんか、日本でもいそうなバンドマン。
格好は、もろアラスカっぽいが。

a0088116_9371137.jpg


予想を裏切るいい演奏で、充分場を温めてくれた。盛り上がったー。
なかなかやるじゃん。





そしてコレクティブソウル、いよいよ登場!

a0088116_9371341.jpg


かっこいい!
オーラがすごい。

音にうっとり。
こんな前から見ています。


しかし、こっちガン見しているヒゲのおっちゃんが怖い。
a0088116_9371683.jpg


このヒゲのおっちゃん、アラスカ人警備員。
それと隣のお姉ちゃんは、アラスカ版セクシーカメラマン。


a0088116_10101494.jpg

きゃー。
エドさま、かっこいー。



さすがプロ。
盛り上げ方を知っている。
会場が一体に。
みんなノリノリ。とても充実した素晴らしいコンサートだった。
あー、騒ぎすぎて喉が痛い。完璧なライブ。




ただ一つだけ、残念な事もあった。
それはすぐ後ろにいた人達が、その場でマリファナ吸ってた事。



「なんかマリファナ臭い。」
とリーガンが言うので、振り向くと背の高いおじさんがしゃがんで葉っぱ詰めてた。


このおっちゃん、ライブが始まる前に、
「前にいると後ろから押されて危ないから、子供達気を付けて。」
と言ってた人だ。




危ないのはあんただって。


はっ。ここって、アルコールはダメだけどマリファナOK?


この人だけでなく、隣の若い集団も隠れて吸っていたので臭い臭い。



アルコールやマリファナなくてもハイになれる演奏なのに。
ほんっと残念。




2つ目のコンサートは、ジャーンこの人。

a0088116_15474661.jpg




ボブサップではありません。

この人、フローライダー。
映画にも使われたRight RoundやLowを歌ってるラッパー。



今年のステイトフェアに来てました。




本当は、子供達のリクエストでペンタトニックスというアカペラグループを見に行く予定だった私達。


ペンタ…何?
誰それ?
アカペラ?
ラグフェア的な??


ぐらいにしか思ってなかったのに、これが大人気のグループらしく、買おうとしたらチケットは完売してた。
売り切れる事もあるんだ。びっくり。




ムサシはすごく行きたかったらしく、チケットが取れなかったショックでステイトフェアに行かず。




リーガンとアラシと3人でステイトフェアに行った日が、ちょうどフローライダーのコンサートの日。

ミーハーな私は、フローライダー行きたくてソワソワしてた。



するとリーガンが、アラシと騎士のショー(有料)の方が見たいから、1人でいいなら行ってきていいよと言うので、まさかの1人で参戦!




いいのか?
私が1人で!?
ラップだぞ。



結構ギリギリに行ったので、後ろの方。
a0088116_1447248.jpg


前に行けるチケットは$75。
一段高い後ろの方は$40。


私は$40の方で。
前の方は、そんなに人が入っていなかった。



開演時間ちょうどに、サングラスかけた黒人の人がステージに出てきた。

途端ざわめきが起こり、写真撮りまくる人達。


「待ってくれ。俺はフローライダーではないぞ。」
の言葉に笑ってしまった。
その人は、アラスカのラジオのDJだった。




私だけではないのね。
顔も知らず、このコンサートに来てる人って。




観客はどんどん前の方に行き、ちょっとステージが見辛い位置になってしまった。

それにしても隣のお姉ちゃん、始まる前から踊りまくって、ガンガン私に当たってくるのでちょっと嫌な感じ。

…と思っていたのに、フローライダーが出た瞬間から、周りを気にせず踊ってる私がいた。

a0088116_1547506.jpg


楽しい!
フローライダー本当にすごい!
誰でも楽しくなる。踊りたくなる!!



しかし、「アイ❤アラスカ」って書いてるTシャツ着てる。
これはダサ過ぎじゃないか。
それともわざとか?




1曲ぐらいしか知らないと思ってたのに、歌う曲どれも知ってる。ラジオでよくかかるノリのいい曲。ズンバにも使われてる。

観客をステージにあげて、ノリまくり。本当に楽しいコンサート。



でも前に背の高いおじさんが立ち、見えなくなったのでその場を離れ、もっと後ろの方に行った。

後ろの方が坂になっているので、見えやすい。




しばらく見てると、なんか係りの人がよって来て、緑の紙をくれた。
「アップグレード」
とか言っている。



訳も分からず指さす方に歩いていくと、前の席に入れた!

a0088116_15475282.jpg

近い!
よく見える!!



なるほどー。
始まった時は前の方あまり人がいなかったのに、後からどんどん前に人が入ってくるなと思っていたら、こうやって人を送っていたのね。

とにかくお兄さん、ありがとう。




前の方の盛り上がり方、ハンパない。興奮するわー。

a0088116_15475560.jpg


何時の間にか、半裸だし。


次の曲で、フローライダーがステージ場から消えたと思ったら、観客席にやって来た。

a0088116_15475937.jpg


肩車されて、人の中へ。
みんな大興奮。
触れるほど近い!!

a0088116_1548175.jpg


本当に楽しかった。
プロのエンターテイナーだ。これ程盛り上がるコンサートはない。



フローライダー、好きになったわ。
いいのか?
ロックが好きじゃなかったのか?

a0088116_1548320.jpg


野外コンサート、充実してた。
どちらも行けて良かった。
[PR]
by shs_merumo | 2014-09-08 16:41 | イベント行事


<< 近況とカップケーキ ブルーベリー豊作 >>