最高のアラスカ旅行 4日目後半
a0088116_721723.jpg

ラフトが終わった後、あの親切なスイスのカップルに頼んでキャンピングカーを見せてもらった。


RVを初めて見るみきてさんは大喜び。

「お店の中で、一番小さいサイズを借りた。」
とフィリックスは言っていたが、中はバスルームもキッチンも揃っていて、4人が快適に寝泊まり出来る広さだった。



こんな小さいサイズのRVは、私も見た事がない。コンパクトで可愛いー。

いいな~RV。いつか欲しいなぁ。






そこからホーマーという町まで南へと下る。
2時間半ぐらいの道のりだ。


途中のソルドトナにあるドーナツ屋さん「the Moose is Loose」(44278 Sterling Hwy)にも寄る予定だったが、閉まってた。
ここは美味しいベーカリー。
他にも可愛いお土産がたくさん売っている。ムースの商品が豊富。

朝5時から開くので、閉まるのは早い。間に合わなくて残念。








そこからは、自然以外は何もない山路をどんどん走る。
この前ここを深夜に走った時は、急に巨大なムースが飛び出してきて危なかった。
気を付けなければ。






っていうかみきてさん、まだアラスカでムースは目撃してないな。


「そこら辺にいるかもしれないから、外の景色をよく見といて!」






いかにも出てきそうな森の中の道を走る。

結局ムースを見る事なく、ホーマーに到着。
a0088116_722060.jpg

やったー!
運転長かった。レッドブルでのり切った。





上の写真のピンクのお花は、ファイヤーウィード。

ファイヤーウィードが上まで花をつけると夏の終わり…。


そんな風に言われている野生の花。寂しい事を感じさせる季節の花が、あちこちに咲いている。
緑に映えてとっても綺麗。







ホーマーに到着したのは7時過ぎだった。
取り敢えず、今夜の宿へと向かう。





今日泊まるのは、「Hoedel's」というB&B。


今が観光シーズン真っ只中のホーマー。
ホテルはどこも料金高めだ。だいたい一泊$200から。



節約したいので、たくさん調べまくった。
でも安いだけではダメ。いい旅行にするためには、快適で温かい雰囲気の所じゃないと…。(その上安けりゃ尚更いい。)






そんな中で、とっても良心的なお値段で評判もいいキャビンを発見!

トリップアドバイザーの順位はそんなに高くないのに、評価をつけた人みなが満点。
ホストが素晴らしいと書いてある。





早速オーナーにメールしてみたところ、本当に親切な人だった。


これは秘密の宿的な、素晴らしいB&Bを見付けてしまったかも。

もう泊まる前からワクワク感が高まっていた。



a0088116_722537.jpg


B&Bは、ホーマーの高台にあった。
ガーデンも素敵な可愛いお家。


この家の方も借りられるが、今日私達が泊まるのは、こちらのキャビンの方。

a0088116_722998.jpg


おー!こっちもいい雰囲気。
これは当たりの宿か?








ウロウロしていたら、オーナーのナンシーさんが来た。

予想通り、とっても温かい感じの人だった。
既にメールのやり取りを何度もしているので、こちらの事情はよく知っている。




「貴女のお友達は日本から初めてやって来たのね。

それじゃあ、サービスします。
キャビンのお値段で、こっちの家の方に泊まっていいわよ。」

a0088116_723265.jpg


a0088116_723547.jpg



「えーーー!?今ナンシーさんなんて言った?」




びっくりし過ぎた。

なんとなんと、この素敵な2ベッドルームのお家一軒まるごと貸し切り。お値段はキャビン代の$118。




ほ、本当に?




このB&B超可愛い!!
ナンシーさん、インテリア上手!
a0088116_723888.jpg



a0088116_724197.jpg




あー、テンションがあがる~!




「わざわざ日本から来てるんだからね。こっちに泊まる方が、いい思い出が出来るでしょう。」

そう言うナンシーさんに何度もお礼を言う。

そして夕食に行きたいので、どこかお勧めのレストランはないかと聞いてみた。




「何が食べたいの?」

と聞かれ、やっぱりシーフードかな。アラスカっぽいもので。


と言うと、
「じゃあ、ハリバットとサーモンを差し上げるわ。貴女アンカレッジまでなら持って帰れるでしょう?」


と、これまたびっくりするような事を言ってくれた。



なんでー!?
今会ったばっかりなのに、何故そんなに親切なんだ?





ナンシーさんは、
「私達、アラスカンだから。アラスカの人はみんな温かい心でシェアするのよ。」


と言っていた。




ナンシーさん、もう私泣きそうです。


ナンシーさんに何度も何度もお礼を言ってから、ホーマーの町に繰り出した。

a0088116_724412.jpg


ホーマースピットまで車でGO!

可愛いお店がたくさん並んでる。
また明日も来れるからと、小さなアクセサリーと今夜のワインだけ買った。



ナンシーさんがお勧めしてくれたカフェはもう閉まってたので、夜はイタリアンレストランのFat Olivesへ。
ここもお洒落~。そして美味しい!





ご飯後に宿まで帰ろうと山を登ってると、路肩に車を停めてカメラを構える男性発見!

これは、動物がいるサイン。






すぐ後ろに駐車し、見るとムースの親子が。

a0088116_724819.jpg


お母さんムースとベイビームース。
みきてさん、ついにムース目撃もクリア。



a0088116_725216.jpg


と思ったら、お父さんムースもいた。
みきてさん、なんてラッキー。

ムースの家族が揃ってるところなんて、住んでてもなかなか見られないよ。




しばらく車を降りて観察していたが、そのうちにベイビーの方が道を渡ってこっち側にやって来た。

a0088116_725525.jpg



これはヤバイかも。

あのトナカイ牧場の兄ちゃんも言ってたじゃない。
お母さんとベイビーの間に入るなと。


私達、完全に挟まれてます。
車の中に逃げろ。





焦っていたら、ムースの両親もなんだかアグレッシブになってきた。
a0088116_73095.jpg





お母さん、こんなジャンプしてるし。

a0088116_73415.jpg


その時の様子が、この前の記事。
「興奮するムース」



おっさんのような声をあげてビビってる私。


いや、本当に怖かった。

あんなの、私の知ってるムースちゃんじゃないっ(涙)!




いつもはゆっくりおっとりと歩いているムース。

a0088116_73826.jpg


こっち見てるよー!危ないよー!!


熊に襲われるより、ムースに襲われて亡くなる人の方が多いんです。

みきてさん、近いよー!気を付けて!!


a0088116_731110.jpg

そんな大興奮のムース観察も終わり、あの素敵なB&Bへ。


また夜もいい雰囲気。
窓からライトアップされたホーマースピットがよく見える。


お湯が貯められるお風呂には、いい香りのバスソルトも揃っている。
ゆっくりとお風呂に浸かり、一日の疲れがとれた。


今日は本当に濃厚な一日だった。
明日はいよいよ最終日。









アラスカ観光のお手伝いをします。
同じようなコースなら、案内出来ます。宿泊も可能。
ただし、雪が降るまで。


メールで相談して下さい。



旅行のご相談メールはこちらから


AKiroiro@gmail.com
[PR]
by shs_merumo | 2014-08-12 07:02 | アラスカぷち旅行情報


<< 最高のアラスカ旅行 最終日 最高のアラスカ旅行 4日目前半 >>