危険な町へ侵入
a0088116_5294223.jpg


朝7時15分発のパナマ鉄道に乗るため、6時半にタクシーに乗り込んだ。


ホテル前に停まっていたタクシーなのに、またもオフィシャルのタクシーではなく、普通の車。
運転手は全然英語が通じず、ホテルの人がスペイン語で駅への道を説明してた。






これに乗っても大丈夫か?

始終無表情で無口な運転手だったが、心配入らず無事に駅に着いた。
運転はかなり強引だったが、それは昨日の運転手も一緒。
どうやらこの国では、強気でいかないと運転なんて出来ないみたい。クラクションの音もうるさい。





パナマは中南米の中では比較的安全な国。
しかしこれから鉄道で行く町、コロンだけは問題ありだ。


中米一の危ない町、コロン。
先週も、日本人観光客が町中で強盗にあい、抵抗したらナイフで胸を刺されたと聞いている。


そんな場所には出来るだけ行きたくない。
しかしどうしても、ここに行かなくてはいけない理由がある。




このコロンから少し南に下った場所に、リーガンが住んでいた町があるのだ。

旧フォートグーリック、現在はエスピナーという町に、昔米軍居住地があった。
約35年前、リーガンの父がパナマの米軍基地の中でアートの先生をしてたため、家族はこの町に住んでいたのだ。




フットボールの試合などでよく乗っていたパナマ鉄道に乗るという事も、この旅の絶対しなければリストに入っている。

パナマ鉄道はパナマシティとコロンを結ぶ鉄道で、朝にパナマシティからコロンに行く便と、夕方コロンからパナマシティに行く便しかない。
鉄道は月曜から金曜の週5日しかやっておらず、今日は金曜日。



これから西の方へ移動するので、パナマ鉄道に乗るのは、今日の朝の便に乗るしかないのだ。




リーガンが思い出の場所を家族に見せるのが旅の目的であるために、エスピナーで何泊かしたい。


そこで予定は、朝鉄道でコロンまで行き、そこでレンタカーを借りてエスピナーに走りホテルに宿泊し、リーガンの思い出の場所を散策という事にした。


鉄道はコロンに着くが、レンタカーの場所はグーグルマップで見る限り南に外れた場所にあるし、そこまでタクシーで行きそのままホテルに行けば、危険なダウンタウンに入らないですむ。

パナマ旅行でとにかく私が心配する事は、このコロン周辺をいかに安全に切り抜けるか。それ以外は心配する事はなかった。

a0088116_530490.jpg



鉄道からはパナマ運河が見えた。
そこからジャングルの中に入る。アラスカとは全く違う景色に感動。


a0088116_5301071.jpg


こんな景色の中を走り、ついにドキドキのコロンに到着。


鉄道は、駅というかなんでもない空き地みたいな所に到着。
そこにはたくさんの車が停まっていて、タクシーの呼び込みをしていた。






う、うわー。
なかなかの危険な雰囲気。
とにかくここで安全なタクシーに乗り込み、安全なレンタカー屋まで行くというミッションを成功させなければ。






「黄色いタクシーに乗りたいんだよね?」
というリーガンに頷く。
普通の車もたくさん停っていて、タクシーと叫んでいる。




黄色いタクシーが停まってる方に歩くと、
「レンタカーHertzを知ってるか?」
と声をかけた。





「OK!まかしとけ。」
という男について車に乗り込むが、何このタクシー、ボロボロ。

ドア開けるとギーっと嫌な音がした。シートもボロボロ。ここに座るんか。



シートベルトもないし。っていうか、運転手だってベルトのとこ掴んでるだけで、シートベルトしてないし!


色んな事に戸惑う。

確かに車は黄色いが、これって自分で黄色に塗っただけじゃないの?

周りを見ると、どの黄色いタクシーもボロボロ。
車を黄色く塗れば、誰でもタクシードライバーになれるって事か?







動揺する私。
しかしそんな事お構いなく、車は派手なクラクションを鳴らしながら町中に突入した。
a0088116_5301755.jpg



町中は、思った通りの危険な感じ。
ゴミがあちらこちらに散らばり、建物も壊れて汚れている。



それより何より、このタクシーの運転が怖いって。
まるでアクション映画?というような乱暴な運転。
強気、強気でどんどん車を追い越して行く。




待て待て待て。
超怖いって!!

これがオフィシャルなタクシーか?
初めて求めていたオフィシャルタクシー(?)に乗り込んだのに、これがそうだなんて。




この車だけでなく、周りの車も超危険運転。強引に突っ込む、割り込む。

何なのこのエキサイティングなドライブは!こんなの要らん(涙)。




そんな車に乗って5分程で、目的地のレンタカー屋に到着した。
良かった、生きてた!



そして、レンタカーを借りようとしてまたここで問題が。


どんな計算かは分からないが、ネットで見ていた値段と違い、かなり高い。
レンタカー10日間で530ドル。これが一番安い料金。
アメリカよりも全然高いじゃないか!


「ちょっと考えてみる。」
と言い店を出た。
すぐそばに、違うレンタカーのチェーン店がある。
ここで値段を聞いてみた。

するとそこは更に高い!
640ドル!!



リーガンと相談したが、やっぱり最初の店で車を借りるしかない。
しょうがない。この旅に車は不可欠。






そして、日産マーチを無事ゲット。
ちなみにこのレンタカー屋さんの場所、店員さんに一応確認してみた。



するとなんと!
ここはネットで調べた、思った場所ではなかった!!




ここはダウンタウンのど真ん中。
私達、知らない間に超危険地帯にいます(汗)!!!!!





怖がってるのは私だけ。
見てみろ、観光客がいっぱい平気で歩いてるはないかとリーガンは言うが、それはこの近くの港にクルーズ船が停まるため。
そうゆー人達が狙われるんだよっ(涙目)。



そうと分かったら、この場を早く脱出しなければ。
マーチに乗り込み、ダウンタウンを突破する。

a0088116_530212.jpg


ぎゃー怖い!
みんな運転めちゃくちゃ。

って言うかこの町、信号ないんですけど?
とにかく強気で先に突っ込んだ方が、前に進めるシステム。
遠慮してたら先に進めない。
車があちこちから我先と進んでくる。



もう信じれんわ、この道は。
私が呟くと、リーガンはこれよりも怖い場所がある、と言った。
それはスリランカやベトナム。
あそこの車の運転は僕でも怖い、というリーガン。

そうか、これ以上の所があるのか…。





リーガンの運転で、何とかコロンの町を切り抜ける。
良かった!まだ生きてる!




そして南に進み、ホテルに向かう。
ホテルは、旧米軍施設を改造して作ったホテルマリア パナマ キャナル
レビューはそれ程良くないが、旧基地の中という事で選んだ。




ホテルに近づくにつれ、リーガンが歓喜の声をあげる。

「ここだ!まさにここは僕が育った町だ!」




ホテルは偶然にも、リーガンが住んでいた家から歩いていける程の距離だった。


先に、リーガンが住んでいたという家に行ってみた。
a0088116_5302616.jpg


そう、ここから湖に降りて遊んだんだ。
ここでスケートボードしたんだ。


リーガン大興奮。
しかし、昔とは変わってる事に多少ショックを受けていた。


ホテルはなかなかいいホテルだった!
a0088116_5303087.jpg


a0088116_5303525.jpg


a0088116_5303850.jpg



ホテル前にはガトゥン湖が広がる。
この湖が、リーガンがよく遊んだ思い出の湖らしい。

a0088116_5304364.jpg


チェックインを終えた後は車に乗り込み、リーガンのショウ&テルツアーに出掛けたのだった。

つづく
[PR]
by shs_merumo | 2014-03-20 05:33 | パナマ旅行


<< ジャングルで猿の軍団に遭遇 旅の途中ですが… >>