独立記念日キャンプ その3
a0088116_765098.jpg


3日目の朝、Qくんとぐっさんは早く起きてファイヤー作りに取り組んでいた。
昨夜2人でテントの中で相談して、「先に起きて火をおこし、リーガンをびっくりさせよう」という計画だったらしい。



しかし、計画は思い通りには進まなかった。昨夜の雨で濡れていた木や枝で、火を焚くのは困難。

そんな事とは知らないリーガン。
乾いた木の枝を取ってきて、朝食に使う火をさっさと作ってしまった。


Qくんぐっさん、残念。でもナイス トライ!



a0088116_735333.jpg


ところで泊まった所は、かなりすごい所だった。

銅を運ぶために100年前に使われていた木造線路。これが途中で崩れ落ちてるし。



a0088116_743861.jpg


この下は、落ちた線路がずっと先まで続いてた。



a0088116_752381.jpg



このまま残っているとは。
こんな光景、なかなか見られないよ。





その日の朝はいいお天気だったせいか、昨日みたいなドロドロした怖い雰囲気はなく、快適だった。
車を停めて線路の写真を撮りにくる人多数。

キャンプ地で人を見るのが嫌いなリーガンなので、用意してさっさと次の目的地へ移る。




またガタガタ道をずっと走った先の目的地は、歴史的鉱山の町ケニコット。



途中から一般の車は通行止めなので、シャトルバス($10)に揺られていく。

a0088116_755012.jpg


ここから、銅精練所を見るツアーに入った。

1人$25するし英語の説明だし、もったいないかなと思ったけど、払って正解。銅精練所の中まで見られるツアーだった。


ちなみに修復工事のため、後2日で1年間はツアー中止らしい。



ガイドのお兄さん話が長い!
ケニコットや隣町のマッカーシーの歴史を語りながら歩く。


このガイドのお兄さん、ツアーなくなった後1年間何するのかな。

a0088116_773235.jpg


ここが精練所。
ここに上から入るために、まずは結構急な山道を歩かされた。



そしてガイドが建物の鍵を開け、ヘルメット被って中に入る。

a0088116_761672.jpg


おお~!
なかなか興奮する!!

a0088116_774195.jpg


景色も素晴らしい。


a0088116_775964.jpg


中の様子は、暗くておどろおどろしい。

こんな所に半分騙されて連れてこられて、過酷な労働をしなければいけなかった人達がいたんだ。


なかなか興味深い場所だった。



今年の独立記念日キャンプ、計画からだいぶん変更があったけど、楽しく過ごせた。

ぐっさん夫婦、キャンプ初心者と聞いていたけど、準備も早いし笑顔でテキパキと仕事を見付けて働くし、なかなかアウトドアレベルが高し。それに、やっぱり日本人!色んなところに気が利く~。

Qくんもムサシもアラシも頑張って働いて遊んで、みんながキャンプでイキイキしていてた。

気の合う仲間と素晴らしい自然の中に行くアラスカキャンプ、最高。
[PR]
by shs_merumo | 2012-08-07 07:05 | アウトドアの楽しみ方


<< ベイビーシャワー 独立記念日キャンプ その2 >>