ヘインズへの道 その2
a0088116_2565652.jpg


翌朝、出発。
カナダの国境を難なく越えてどんどん走る。


カナダに入って、すぐ違いに気が付く事がある。
それはガタガタ道と、お店の前にあるマネキン人形。



カナダ人はマネキン好き?色んな姿のマネキンが外に飾られている。


薪を割るマネキン。キャンプするマネキン。座ってるマネキン。
あちらにもこちらにも、マネキンが。
それも今時のマネキンではなく、田舎の洋品店に飾られているような薄汚れた古い人形だ。




何故ここに置いてるの?
とても怖いよ。






上の写真はヘインズジャンクションの「FROSTY FREEZE」というレストランにて。
ここのハンバーガーとアイスクリームが美味しいので、毎回ここに立ち寄る。
この景色を眺めながらのランチ。さらに美味しい!





車は出発。
ヘインズに向けて走ると、白鳥の湖に出た。
a0088116_2565971.jpg


白鳥がたくさん集まってる。
そして2羽が頭を寄せ合って、絵に描いたようなハート型を作っていた。
すごい!
(走ってる車からで、その瞬間をうまく写真が撮れなかったが。)




さらにどんどん山道を登っていく。
上の方に行くと、湖もまだ凍っている。
見るだけで寒い。


a0088116_257272.jpg




って言うか、湖だけじゃない。


山の上はまだ冬だった。
雲の上で視界も悪い。


怖いよ、ここ。
早く夏に戻りたい…。

a0088116_257596.jpg



山を超え、ようやく冬が終わった。
そこからまた国境を越え、アラスカに入る。
その日の夕方にヘインズに到着。





じゃーん!ヘインズ。素晴らしい。

a0088116_257680.jpg



初めて来た町。
しかし、何か見覚えがあるぞ。
何か懐かしい。

a0088116_25782.jpg



分かった!
これは日本の実家、隠岐の島にそっくりな景色だ。


ここまで広大ではないが、隠岐を大きくした感じだ。
リーガンも子供達も同じ意見。





海岸で遊び、滝を見てボールドイーグルを見て、また車に乗る。


明日泊まるB&Bの前を通りかかったら、大きなブラウンベア発見!耳にタグを付けていた。

B&Bの名前は、ベアロッジという。ベアロッジの前に、ごく自然にいるグリズリーベア。
ホテルのペットとか?



その時の写真は撮れなかったが、翌日その近くで見たブラウンベア。

a0088116_257929.jpg


黒熊はそうでもないが、ブラウンベアは危ないと思っていた。
こんなにグリズリーが町の近くに出て、ヘインズの人は平気なの?子供は外で遊べるの⁇



もしかしたら、アンカレッジのムースと同じ感覚なのかもしれない。
アンカレッジにムースは頻繁に出没するが、気を付けて行動すれば攻撃される事は滅多にない。



しばらくダウンタウンの方で遊び夕食を食べて、寝床を探す。
その週末はたまたまブリューフェスタ(ビールのお祭り)をやっていて、町は酔っ払いの若者たちで溢れていた。

ホテルはどこも満室。
町中のキャンプ場には、テントが隣との隙間がないぐらい、テントだらけ。酔っ払いが音楽をかけ、外で騒いでいた。
しかも有料。
ちょっとここでキャンプする気にはなれない。
他を探そう。




観光案内所に置いてあったタウンペーパーを見て、一つ気になるキャンプ場を見付けた。
周りのキャンプ場が全て有料なのに、そこだけは無料のキャンプ場。



その名前は、モスキートレイクキャンプ場。




昨夜蚊の多い所でキャンプした者としては、行くのに勇気がいる名前だ。

モスキートレイク。
蚊がうじゃうじゃいるキャンプ場か?
だからタダなのか?
怖過ぎる。




しかし行ってみると、そこは素晴らしい所だった。
a0088116_2571167.jpg


蚊はいない。人もいない。
熊も、今のところは見えない。


たらの芽もどき(デビルズクラブ)がこんなにたくさん!
ヘインズの日本人は採って食べないの?
a0088116_2571310.jpg


夜にパークレンジャーが見回りに来た。
フレンドリーなパークレンジャー。
最初の言葉は、

「どうやってここを見付けたんだ?」



やっぱり、誰も来ないキャンプ場なのね。
名前が怖過ぎるからだよ!



その夜もぐっすり眠れた。
[PR]
by shs_merumo | 2012-05-31 03:16 | アウトドアの楽しみ方


<< ドーソンのボート ヘインズへの道 >>