ポキュパイン
a0088116_1832255.jpg


友達のくまさんと家の前で話していたら、ポキュパイン(カナダヤマアラシ)がやってきた。

うちの周りは鶏を守るために針金の柵を張り巡らせているのに、どこからか迷い込んで来たらしい。
こんなに間近で見たのは初めてだったので、びっくりした。


ポキュパインは私達の存在に気付き、必死に柵の外に逃げようとするが、超える事が出来なくて困っている様子。
柵を登ろうとしたり穴を探しまわったり、オロオロとしている。

a0088116_1813262.jpg


どんくさくノロノロと動く姿は可愛いが、こちらとしても早く帰って欲しい。
鶏達がナーバスになって
「こっこ、こ、こ、こ、こ」
とストレスコールしてるし、それにもう夜の9時になる。


どうやって逃がしていいか分からないので、リーガンに助けを求めると、彼はどんどんポキュパインに近づいていった。

怒ってシューっと身体の針を逆立てるポキュパイン。
体中のとんがった針が立っている!


a0088116_18201443.jpg


怖い。
あの針が飛んで来たら、どんなに痛いだろう。

それなのにくまさんは、
「(ポキュパインと)一緒に写真を撮ってあげる。」
と、私を後ろ向きにポキュパインの近くに立たせカメラを構える。


針!
怖いって!!


他の友達は、
「針?飛ばないよー。鬼太郎じゃあるまいし。」
と笑ってたが、本当か?
何回も針がいっぱい刺さった犬の写真を見た事があるぞ。


案の定、写った私の顔はとても強ばっていた。



その後ポキュパインは行ったり来たり、そしてどうにか抜け穴を見付けて、1時間後に山に帰っていった。
a0088116_18252035.jpg

[PR]
by shs_merumo | 2010-08-19 18:28 | アラスカでびっくり


<< ブルーベリー摘み 変な鶏達 >>